エクスポート (0) 印刷
すべて展開

XmlQualifiedName クラス

XML 限定名を表します。

名前空間: System.Xml
アセンブリ: System.Xml (system.xml.dll 内)

[SerializableAttribute] 
public class XmlQualifiedName
/** @attribute SerializableAttribute() */ 
public class XmlQualifiedName
SerializableAttribute 
public class XmlQualifiedName
適用できません。

XML 修飾名は、namespace:localname の形式で表される、名前空間で修飾されたローカル名です。

プリフィックスは、XML を永続化するときまたは読み取るときにだけ必要なため、XmlQualifiedName オブジェクトでは無関係です。このクラスでは、プリフィックスが無関係であることを前提としています。ユーザーは、ローカル名に ":" が含まれないように確認する必要があります。

XmlQualifiedName クラスの使用例については、XmlSchemaAll のトピックを参照してください。

System.Object
  System.Xml.XmlQualifiedName

この型の public static (Visual Basicでは共有) メンバはすべて,スレッド セーフです。インスタンス メンバの場合は,スレッド セーフであるとは限りません。

Windows 98,Windows Server 2000 SP4,Windows CE,Windows Millennium Edition,Windows Mobile for Pocket PC,Windows Mobile for Smartphone,Windows Server 2003,Windows XP Media Center Edition,Windows XP Professional x64 Edition,Windows XP SP2,Windows XP Starter Edition

Microsoft .NET Framework 3.0 は Windows Vista,Microsoft Windows XP SP2,および Windows Server 2003 SP1 でサポートされています。

.NET Framework

サポート対象 : 3.0,2.0,1.1,1.0

.NET Compact Framework

サポート対象 : 2.0,1.0

XNA Framework

サポート対象 : 1.0

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft