エクスポート (0) 印刷
すべて展開
展開 最小化
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文

UIElement.Visibility プロパティ

ユーザー インターフェイス (UI) でのこの要素の可視性を取得または設定します。これは、依存関係プロパティです。

名前空間:  System.Windows
アセンブリ:  PresentationCore (PresentationCore.dll 内)
XAML の XMLNS : http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation, http://schemas.microsoft.com/netfx/2007/xaml/presentation

[LocalizabilityAttribute(LocalizationCategory.None, Readability = Readability.Unreadable)]
public Visibility Visibility { get; set; }
<object Visibility="Visibility" .../>

プロパティ値

型 : System.Windows.Visibility
列挙体の値。 既定値は Visible です。

識別子フィールド

VisibilityProperty

true に設定されたメタデータのプロパティ

None

このプロパティの値を設定すると、IsVisible の値に影響します。これによって、IsVisibleChanged イベントが発生する場合があります。 ただし、IsVisible に影響を与える要因は、親の可視性設定など、他にも考えられます。

Visibility Visible でない要素は、入力イベント (またはコマンド) に参加せず、レイアウトの測定パスにも配置パスにも影響しません。また、タブ順にも含まれず、ヒット テストでも報告されません。

Window は、Window またはその派生クラスによって継承されると、このプロパティの既定値を Collapsed に再定義します。 この結果、最初に作成された Window でレイアウトの測定パスが実行されず、RenderSize は (0,0) を返します。 詳細については、「Window」を参照してください。 Popup でも、既定値が Collapsed に再定義され、その結果 Popup およびその派生クラスで同様の動作となります。

ユーザー インターフェイスで同時に選択できない 2 つの名前付きボタンを参照するハンドラーを実装する例を次に示します。 ボタンに関連付けられた実際のプログラム ロジックを実行する前に、ボタン自体を Visibility.Hidden に設定し、もう一方のボタンを Visibility.Visible に設定します。


private void PlayMedia(object sender, MouseButtonEventArgs args)
{
    pauseBTN.Visibility = Visibility.Visible;
    playBTN.Visibility = Visibility.Collapsed;

    media.SpeedRatio = 1.0;
    media.Play();
}


.NET Framework

サポート対象 : 4.5.2、4.5.1、4.5、4、3.5、3.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象 : 4、3.5 SP1

Windows Phone アプリ用 .NET

サポート対象 : Windows Phone 8、Silverlight 8.1

Windows Phone 8.1, Windows Phone 8, Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, Windows Vista SP2, Windows Server 2008 (サーバー コア ロールはサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降でサーバー コア ロールをサポート。Itanium はサポート対象外)

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft