エクスポート (0) 印刷
すべて展開
展開 最小化
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文

UIElement.ReleaseMouseCapture メソッド

この要素がマウス キャプチャを保持していた場合、キャプチャを解放します。

名前空間:  System.Windows
アセンブリ:  PresentationCore (PresentationCore.dll 内)

public void ReleaseMouseCapture()

実装

IInputElement.ReleaseMouseCapture()

この要素がキャプチャを保持していない場合は、このメソッドを呼び出しても無効です。 このメソッドを呼び出す前に、IsMouseCaptured の値をチェックすることを検討してください。

次の例は、CaptureMouse で取り上げた例と似ています。マウス ボタンが離された状況を処理してマウス キャプチャを解放し、マウスの移動を再び有効にします。


private void MouseDownHandler(object sender, MouseButtonEventArgs e)
{
    if (!Enabled) return;
    e.Handled = true;


    if (Keyboard.IsKeyDown(Key.F1) == true)
    {
        Reset();
        return;
    }

    UIElement el = (UIElement)sender;
    _point = e.MouseDevice.GetPosition(el);
    // Initialize the center of rotation to the lookatpoint
    if (!_centered)
    {
        ProjectionCamera camera = (ProjectionCamera)_slaves[0].Camera;
        _center = camera.LookDirection;
        _centered = true;
    }

    _scaling = (e.MiddleButton == MouseButtonState.Pressed);

    if (Keyboard.IsKeyDown(Key.Space) == false)
        _rotating = true;
    else
        _rotating = false;

    el.CaptureMouse();
}

private void MouseUpHandler(object sender, MouseButtonEventArgs e)
{
    if (!_enabled) return;
    e.Handled = true;

    // Stuff the current initial + delta into initial so when we next move we
    // start at the right place.
    if (_rotating == true)
        _rotation = _rotationDelta * _rotation;
    else
    {
        _translate += _translateDelta;
        _translateDelta.X = 0;
        _translateDelta.Y = 0;
    }

    //_scale = _scaleDelta*_scale;
    UIElement el = (UIElement)sender;
    el.ReleaseMouseCapture();
}


.NET Framework

サポート対象 : 4.5.2、4.5.1、4.5、4、3.5、3.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象 : 4、3.5 SP1

Windows Phone アプリ用 .NET

サポート対象 : Windows Phone 8、Silverlight 8.1

Windows Phone 8.1, Windows Phone 8, Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, Windows Vista SP2, Windows Server 2008 (サーバー コア ロールはサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降でサーバー コア ロールをサポート。Itanium はサポート対象外)

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft