エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

UIElement.OpacityMask プロパティ

2013/12/12

このオブジェクトの領域の不透明度を変更する場合に使用するブラシを取得または設定します。

Namespace:  System.Windows
アセンブリ:  System.Windows (System.Windows.dll 内)
XAML の XMLNS: xmlns にマップされていません。

'宣言
Public Property OpacityMask As Brush
<uiElement>
  <uiElement.OpacityMask>
    singleBrush
  </uiElement.OpacityMask>
</uiElement>

XAML 値

singleBrush

Brush から派生するオブジェクトの 1 つだけのオブジェクト要素。これは通常、次のいずれかです。LinearGradientBrushRadialGradientBrush、または ImageBrush

プロパティ値

型: System.Windows.Media.Brush
このオブジェクトに適用される不透明度を表すブラシ。既定値は Nothing です。

依存関係プロパティの識別子フィールド:  OpacityMaskProperty

このプロパティは、指定された Brush のアルファ チャネル値のみを使用します。ブラシのコンテンツのその他のチャネル (赤、緑、または青) は無視されます。

不透明マスクに使用される最も一般的な BrushImageBrush で、これは、不規則な図形を使用する、ビネットなどのさまざまなマスク手法に応用できます。技術的には、任意の定義された Brush (LinearGradientBrush など) を使用できます。ビデオには一般にアルファ情報が含まれないため (また、Windows Phone で使用されるコーデックはビデオのアルファ情報を処理できないため)、この目的には VideoBrush はお勧めしません。アルファを ARGB 形式で指定するコンストラクション構文のいずれかで作成された SolidColorBrush は許可されますが、結果は、SolidColorBrush のアルファと同じ要素を使用した Opacity の場合と区別できません。

通常、これらのブラシの XAML 構文には、XAML にプロパティ要素構文を埋め込むための Brush 派生オブジェクト要素が必要です。この XAML 構文は上に示されています。SolidColorBrush およびその文字列変換動作に関連する属性構文の使用は技術的には可能です。ただし、前の解説で説明した理由から、OpacityMask に対して SolidColorBrush を使用するのは一般的ではありません。

次の XAML は、放射状グラデーションを使用して、イメージを徐々にフェード アウトさせ、楕円の端の部分で不透明度が 0 となるように、イメージの中央に楕円形のマスクを配置する例です。

<!--ContentPanel - place additional content here-->
<Grid x:Name="ContentPanel" Grid.Row="1"  >
   <Image Source="yourImageHere.jpg">
      <Image.OpacityMask>
         <RadialGradientBrush GradientOrigin="0.5,0.5" Center="0.5,0.5" RadiusX="0.5" RadiusY="0.5">
            <!-- These Gradient Stop colors are only changing the alpha values so the image fades out toward the edges. -->
           <GradientStop Color="#ffffffff" Offset="0.5" />
           <GradientStop Color="#00ffffff" Offset="0.8" />
        </RadialGradientBrush>
      </Image.OpacityMask>
   </Image>
</Grid>

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

表示:
© 2014 Microsoft