エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Extensions.SaveJpeg メソッド

2013/12/12

JPEG ファイルのターゲットの幅と高さを設定するパラメーターを使用して、WriteableBitmap オブジェクトを JPEG ストリームにエンコードします。

Namespace:  System.Windows.Media.Imaging
アセンブリ:  Microsoft.Phone (Microsoft.Phone.dll 内)

public static void SaveJpeg(
	this WriteableBitmap bitmap,
	Stream targetStream,
	int targetWidth,
	int targetHeight,
	int orientation,
	int quality
)

パラメーター

bitmap
型: System.Windows.Media.Imaging.WriteableBitmap
WriteableBitmap オブジェクト。
targetStream
型: System.IO.Stream
イメージ データ ストリーム。
targetWidth
型: System.Int32
ファイルのターゲットの幅。
targetHeight
型: System.Int32
ファイルのターゲットの高さ。
orientation
型: System.Int32
このパラメーターは現在このメソッドで使用されていません。プレースホルダーとして 0 の値を使用します。
quality
型: System.Int32
このパラメーターは 100 が最高の写真画質で、0 ~ 100 の範囲の JPEG 写真の画質を表します。JPEG 画像の画質がそのレベルより著しく低下するため、70 を下回る値にしないことをお勧めします。

使用上の注意

Visual Basic および C# では、このメソッドを、WriteableBitmap 型の任意のオブジェクトのインスタンス メソッドとして呼び出すことができます。インスタンス メソッド構文を使用してこのメソッドを呼び出す場合は、最初のパラメーターを省略します。

メモメモ:

targetStream の位置は、エンコードされたデータのサイズを確認するのには使用できません。ストリームの位置が明示的に設定されていない場合に、targetStream を使用すると、予測できない結果になる可能性があります。

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

表示:
© 2014 Microsoft