エクスポート (0) 印刷
すべて展開
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文

CommandBinding.Executed イベント

この CommandBinding に関連付けられたコマンドが実行されたときに発生します。

名前空間:  System.Windows.Input
アセンブリ:  PresentationCore (PresentationCore.dll 内)
XAML の XMLNS: http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation, http://schemas.microsoft.com/netfx/2007/xaml/presentation

public event ExecutedRoutedEventHandler Executed
<object Executed="ExecutedRoutedEventHandler" .../>

識別子フィールド

ExecutedEvent

ルーティング方法

バブル

Delegate

ExecutedRoutedEventHandler

RoutedCommand が実行されると、コマンドの対象で PreviewExecuted イベントを発生させます。 PreviewExecuted イベントが処理されない場合は、Executed イベントがコマンドの対象で発生します。 コマンドの対象に特定のコマンドの CommandBinding がある場合、その CommandBindingExecuted ハンドラーが呼び出されます。 コマンドの対象にその特定のコマンドの CommandBinding がない場合、Executed イベントは、要素ツリーをバブル アップして、コマンドに関連付けられた CommandBinding を持つ要素を検索します。 CommandBinding が見つからない場合、コマンドは処理されません。

ExecutedRoutedEventHandler および CanExecuteRoutedEventArgs ハンドラーを Open コマンドにマップする CommandBinding を作成する例を次に示します。


<Window.CommandBindings>
  <CommandBinding Command="ApplicationCommands.Open"
                  Executed="OpenCmdExecuted"
                  CanExecute="OpenCmdCanExecute"/>
</Window.CommandBindings>



			' Creating CommandBinding and attaching an Executed and CanExecute handler
			Dim OpenCmdBinding As New CommandBinding(ApplicationCommands.Open, AddressOf OpenCmdExecuted, AddressOf OpenCmdCanExecute)

			Me.CommandBindings.Add(OpenCmdBinding)



// Creating CommandBinding and attaching an Executed and CanExecute handler
CommandBinding OpenCmdBinding = new CommandBinding(
    ApplicationCommands.Open,
    OpenCmdExecuted,
    OpenCmdCanExecute);

this.CommandBindings.Add(OpenCmdBinding);


コマンド実行時に MessageBox を作成する ExecutedRoutedEventHandler を次に示します。


void OpenCmdExecuted(object target, ExecutedRoutedEventArgs e)
{
    String command, targetobj;
    command = ((RoutedCommand)e.Command).Name;
    targetobj = ((FrameworkElement)target).Name;
    MessageBox.Show("The " + command +  " command has been invoked on target object " + targetobj);
}


.NET Framework

サポート対象 : 4.5、4、3.5、3.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象 : 4、3.5 SP1

Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, Windows Vista SP2, Windows Server 2008 (サーバー コア ロールはサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降でサーバー コア ロールをサポート。Itanium はサポート対象外)

この .NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、次を参照してください。.NET Framework システム要件.

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft