エクスポート (0) 印刷
すべて展開

FrameworkElement.Margin プロパティ

更新 : 2007 年 11 月

要素の外側の余白を取得または設定します。これは、依存関係プロパティです。

名前空間 :  System.Windows
アセンブリ :  PresentationFramework (PresentationFramework.dll 内)
XAML の XMLNS : http://schemas.microsoft.com/winfx/xaml/presentation

public Thickness Margin { get; set; }
/** @property */
public Thickness get_Margin()
/** @property */
public  void set_Margin(Thickness value)

public function get Margin () : Thickness
public function set Margin (value : Thickness)
<object>
  <object.Margin>
    <Thickness Left="left" Top="top" Right="right" Bottom="bottom"/>
  </object.Margin>
</object>
<object Margin="left,top,right,bottom"/>
- or -
<object Margin="left,top"/>
- or -
<object Margin="thicknessReference"/>
left, right, top, bottom Thickness 構造体の 4 つのサイズ プロパティを指定する 0 ~ PositiveInfinity の数値。
                
                    この属性の使用方法では、省略された値も受け入れられます。省略された値は、指定した順に、対称的および論理的に適用されます。たとえば Margin="20" は、すべてのプロパティが 20 に設定された Thickness として解釈されます。Margin="20,50" は、Left と Right が 20、Top と Bottom が 50 に設定された Thickness として解釈されます。
                 Thickness の測定値の既定の単位は デバイスに依存しない単位 (1/96 インチ) です。他の単位を指定するには、測定値に単位型の文字列 (cm、in、または pt) を追加します。
                
                    XAML 属性として指定する数値では、小数点を指定する必要はありません (0 が受け入れられます。0.0 と指定する必要はありません)。Extensible Application Markup Language (XAML) の使用方法の詳細については、「Thickness」を参照してください。
                thicknessReference
                    既存の Thickness へのオブジェクト参照。{Binding}}、{StaticResource}、または {DynamicResource}} の参照を指定できます。Extensible Application Markup Language (XAML) の使用方法の詳細については、「Thickness」を参照してください。
                

プロパティ値

型 : System.Windows.Thickness

要素の余白の値を指定します。既定値は、すべてのプロパティが 0 (ゼロ) の Thickness です。

識別子フィールド

MarginProperty

true に設定されたメタデータのプロパティ

AffectsMeasure

この余白は、この要素と、レイアウトでユーザー インターフェイス (UI) が作成されるときに隣接する他の要素との間の領域です。共有要素はピア要素 (共通の親コントロールのコレクションに含まれる他の要素など) の場合もあれば、この要素の親の場合もあります。

Margin は、余白を非対称に設定できるように、数値ではなく Thickness 構造体として設定されます。Thickness 構造体自体が文字列の型変換をサポートしているため、XAML 属性構文でも非対称の Margin を指定できます。

ゼロ以外の余白は、要素レイアウトの ActualWidthActualHeight の外側の領域に適用されます。

余白はレイアウトの兄弟要素の間で加算されます。たとえば、隣接する 2 つの要素の隣接部の余白がどちらも 30 に設定されていた場合、その要素間の領域は 60 単位になります。

通常、余白が設定されている要素では、割り当てられた四角形の領域がその要素 (余白 + コンテンツ) に対して小さすぎる場合でも、指定されている Margin のサイズは制限されません。代わりに要素のコンテンツの領域が、レイアウトの計算時に制限されます。コンテンツの制限が 0 に達しない限り、余白が制限されることはありません。

この例では、分離コードでマージンに関する既存のプロパティ値を変更することで、Margin プロパティを設定する方法を説明します。Margin プロパティは FrameworkElement 基本要素のプロパティであるため、各種コントロールやその他の要素によって継承されます。サンプル全体については、「マージンの設定のサンプル」を参照してください。

この例は、Extensible Application Markup Language (XAML) で記述され、XAML が参照する分離コード ファイルを使用して作成されています。分離コードは、C# と Microsoft Visual Basic .NET の両方のバージョンで示されています。

<Button Click="OnClick" Margin="10" Name="btn1">
Click To See Change!!</Button>


void OnClick(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    // Get the current value of the property.
    Thickness marginThickness = btn1.Margin;
    // If the current leftlength value of margin is set to 10 then change it to a new value.
    // Otherwise change it back to 10.
    if(marginThickness.Left == 10)
    {
         btn1.Margin = new Thickness(60);
    } else {
         btn1.Margin = new Thickness(10);
    }
}


サンプル全体については、「マージンの設定のサンプル」を参照してください。

Windows Vista

.NET Framework および .NET Compact Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

.NET Framework

サポート対象 : 3.5、3.0

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft