エクスポート (0) 印刷
すべて展開

FrameworkElement.ActualHeight プロパティ

更新 : 2007 年 11 月

この要素の描画時の高さを取得します。これは、依存関係プロパティです。

名前空間 :  System.Windows
アセンブリ :  PresentationFramework (PresentationFramework.dll 内)

public double ActualHeight { get; }
/** @property */
public double get_ActualHeight()

public function get ActualHeight () : double

このプロパティは XAML では設定できません。

プロパティ値

型 : System.Double

要素の高さ (デバイスに依存しない単位 (1 単位は 1/96 インチ) の値)。既定値は 0 です。

識別子フィールド

ActualHeightProperty

true に設定されたメタデータのプロパティ

なし

このプロパティは、他の高さの入力やレイアウト システムを基に計算された値です。この値は、実際の描画パスに基づいて、レイアウト システム自体によって設定されるため、入力変更の基準となる Height などのプロパティの設定値よりも少し遅れることがあります。

ActualHeight は計算値であるため、レイアウト システムによるさまざまな操作の結果として、複数または追加の変更がレポートされる可能性があることに注意してください。子要素、親要素による制約などに必要な測度空間をレイアウト システムが計算している場合があります。

このプロパティを XAML から設定することはできませんが、スタイル内の値に基づいて Trigger を指定できます。

さまざまな高さのプロパティを表示する例を次に示します。

private void changeHeight(object sender, SelectionChangedEventArgs args)
{
    ListBoxItem li = ((sender as ListBox).SelectedItem as ListBoxItem);
    Double sz1 = Double.Parse(li.Content.ToString());
    rect1.Height = sz1;
    rect1.UpdateLayout();
    txt1.Text= "ActualHeight is set to " + rect1.ActualHeight;
    txt2.Text= "Height is set to " + rect1.Height;
    txt3.Text= "MinHeight is set to " + rect1.MinHeight;
    txt4.Text= "MaxHeight is set to " + rect1.MaxHeight;
}
private void changeMinHeight(object sender, SelectionChangedEventArgs args)
{
    ListBoxItem li = ((sender as ListBox).SelectedItem as ListBoxItem);
    Double sz1 = Double.Parse(li.Content.ToString());
    rect1.MinHeight = sz1;
    rect1.UpdateLayout();
    txt1.Text= "ActualHeight is set to " + rect1.ActualHeight;
    txt2.Text= "Height is set to " + rect1.Height;
    txt3.Text= "MinHeight is set to " + rect1.MinHeight;
    txt4.Text= "MaxHeight is set to " + rect1.MaxHeight;
}
private void changeMaxHeight(object sender, SelectionChangedEventArgs args)
{
    ListBoxItem li = ((sender as ListBox).SelectedItem as ListBoxItem);
    Double sz1 = Double.Parse(li.Content.ToString());
    rect1.MaxHeight = sz1;
    rect1.UpdateLayout();
    txt1.Text= "ActualHeight is set to " + rect1.ActualHeight;
    txt2.Text= "Height is set to " + rect1.Height;
    txt3.Text= "MinHeight is set to " + rect1.MinHeight;
    txt4.Text= "MaxHeight is set to " + rect1.MaxHeight;
}


Windows Vista

.NET Framework および .NET Compact Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

.NET Framework

サポート対象 : 3.5、3.0

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft