エクスポート (0) 印刷
すべて展開
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文

TypeValidationEventArgs クラス

TypeValidationCompleted イベントにデータを提供します。

System.Object
  System.EventArgs
    System.Windows.Forms.TypeValidationEventArgs

名前空間:  System.Windows.Forms
アセンブリ:  System.Windows.Forms (System.Windows.Forms.dll 内)

public class TypeValidationEventArgs : EventArgs

TypeValidationEventArgs 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック メソッドTypeValidationEventArgs TypeValidationEventArgs クラスの新しいインスタンスを初期化します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック プロパティCancelイベントをキャンセルするかどうかを示す値を取得または設定します。
パブリック プロパティIsValidInput書式設定された文字列が検証する型に正常に変換されたかどうかを示す値を取得します。
パブリック プロパティMessage変換プロセスについて説明したテキスト メッセージを取得します。
パブリック プロパティReturnValue書式設定された入力文字列を変換した結果生成されたオブジェクトを取得します。
パブリック プロパティValidatingType書式設定された入力文字列の検証に使用される型を取得します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック メソッドEquals(Object)指定のオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドFinalize オブジェクトがガベジ コレクションにより収集される前に、そのオブジェクトがリソースを解放し、その他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetHashCode既定のハッシュ関数として機能します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetType現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドMemberwiseClone現在の Object の簡易コピーを作成します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドToString 現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)
このページのトップへ

TypeValidationCompleted イベントは、MaskedTextBox コントロールがオプションの型の検証を実行するときに発生します。 型の検証は、MaskedTextBox.ValidatingType プロパティが null でない場合に、MaskedTextBox コントロールがフォーカスを失うなど、予期しないアクションが発生したときにのみ発生します。 型の検証は、書式設定された入力文字列を、ValidatingType プロパティで表される型に変換する機能です。 型の検証プロセスの詳細については、TypeValidationCompleted イベントのトピックを参照してください。

TypeValidationCompleted のイベント ハンドラーが実装されている場合、このハンドラーは TypeValidationEventArgs 型のパラメーターを受け取ります。 このパラメーターには、型の検証プロセスが正常に実行されたかどうかや、検証する型など、イベントに関する情報が格納されています。

この型の使用方法を次のコード例に示します。 この例では、TypeValidationCompleted イベントの発生時にイベント ハンドラーからレポートされます。 この報告によって、イベントがいつ発生したかを認識できるため、デバッグの際に役立ちます。 複数のイベントまたは頻繁に発生するイベントについて報告するには、ShowConsole.WriteLine に置き換えるか、複数行 TextBox にメッセージを追加することを検討してください。

このプログラム例を実行するには、MaskedTextBox1 という名前の MaskedTextBox 型のインスタンスを含むプロジェクトにコードを貼り付けます。 次に、イベント ハンドラーが TypeValidationCompleted イベントに関連付けられていることを確認します。


private void MaskedTextBox1_TypeValidationCompleted(Object sender, TypeValidationEventArgs e) {

System.Text.StringBuilder messageBoxCS = new System.Text.StringBuilder();
messageBoxCS.AppendFormat("{0} = {1}", "Cancel", e.Cancel );
messageBoxCS.AppendLine();
messageBoxCS.AppendFormat("{0} = {1}", "IsValidInput", e.IsValidInput );
messageBoxCS.AppendLine();
messageBoxCS.AppendFormat("{0} = {1}", "Message", e.Message );
messageBoxCS.AppendLine();
messageBoxCS.AppendFormat("{0} = {1}", "ReturnValue", e.ReturnValue );
messageBoxCS.AppendLine();
messageBoxCS.AppendFormat("{0} = {1}", "ValidatingType", e.ValidatingType );
messageBoxCS.AppendLine();
MessageBox.Show(messageBoxCS.ToString(), "TypeValidationCompleted Event" );
}


.NET Framework

サポート対象 : 4.5.2、4.5.1、4.5、4、3.5、3.0、2.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象 : 4、3.5 SP1

Windows Phone 8.1, Windows Phone 8, Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, Windows Vista SP2, Windows Server 2008 (サーバー コア ロールはサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降でサーバー コア ロールをサポート。Itanium はサポート対象外)

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft