エクスポート (0) 印刷
すべて展開
展開 最小化
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文

DrawItemState 列挙体

描画中の項目の状態を指定します。

この列挙体には、メンバー値のビットごとの組み合わせを可能にする FlagsAttribute 属性が含まれています。

名前空間:  System.Windows.Forms
アセンブリ:  System.Windows.Forms (System.Windows.Forms.dll 内)

[FlagsAttribute]
public enum DrawItemState

メンバー名説明
Checked項目がチェックされています。 この値を使用するのは、メニュー コントロールだけです。
ComboBoxEdit項目は、ComboBox の編集部分です。
Default項目は、既定の状態で表示されます。
Disabled項目は使用できません。
Focus項目にフォーカスがあります。
Grayed項目が淡色表示になっています。 この値を使用するのは、メニュー コントロールだけです。
HotLight項目はホット トラッキング中です。つまり、項目の上にマウス ポインターが配置されると、強調表示されます。
Inactive項目はアクティブではありません。
NoAccelerator項目がキーボード アクセラレータなしで表示されます。
NoFocusRect項目は、フォーカスがあることを示すビジュアル キューなしで表示されます。
None現在、項目には状態がありません。
Selected項目が選択されています。

この列挙体は、DrawItemEventArgs.State などのメンバーで使用されます。

Graphics プロパティを使用して ListBox の項目のカスタム描画を実行するコード例を次に示します。


   public class Form1 : System.Windows.Forms.Form
   {
      private System.Windows.Forms.ListBox listBox1;
      private System.ComponentModel.Container components = null;


      protected override void Dispose(bool disposing)
      {
         if( disposing )
         {
            if ( components != null ) 
               components.Dispose();

            if ( foreColorBrush != null )
               foreColorBrush.Dispose();
         }
         base.Dispose(disposing);
      }

		#region Windows Form Designer generated code
      /// <summary>
      /// Required method for Designer support - do not modify
      /// the contents of this method with the code editor.
      /// </summary>
      private void InitializeComponent()
      {
         this.listBox1 = new System.Windows.Forms.ListBox();
         this.SuspendLayout();
         // 
         // listBox1
         // 
         this.listBox1.DrawMode = System.Windows.Forms.DrawMode.OwnerDrawVariable;
         this.listBox1.Location = new System.Drawing.Point(16, 48);
         this.listBox1.Name = "listBox1";
         this.listBox1.SelectionMode = System.Windows.Forms.SelectionMode.MultiExtended;
         this.listBox1.Size = new System.Drawing.Size(256, 134);
         this.listBox1.TabIndex = 0;
         this.listBox1.MeasureItem += new System.Windows.Forms.MeasureItemEventHandler(this.listBox1_MeasureItem);
         this.listBox1.DrawItem += new System.Windows.Forms.DrawItemEventHandler(this.listBox1_DrawItem);
         // 
         // Form1
         // 
         this.ClientSize = new System.Drawing.Size(292, 273);
         this.Controls.AddRange(new System.Windows.Forms.Control[] {
                                                                      this.listBox1});
         this.Name = "Form1";
         this.Text = "Form1";
         this.ResumeLayout(false);

      }
		#endregion

      [STAThread]
      static void Main() 
      {
         Application.Run(new Form1());
      }

      private void listBox1_MeasureItem(object sender, System.Windows.Forms.MeasureItemEventArgs e)
      {
         Font font = ((ListBoxFontItem)listBox1.Items[e.Index]).Font;
         SizeF stringSize = e.Graphics.MeasureString(font.Name, font);

         // Set the height and width of the item
         e.ItemHeight = (int)stringSize.Height;
         e.ItemWidth = (int)stringSize.Width;
      }

      // For efficiency, cache the brush to use for drawing.
      private SolidBrush foreColorBrush;

      private void listBox1_DrawItem(object sender, System.Windows.Forms.DrawItemEventArgs e)
      {
         Brush brush;

         // Create the brush using the ForeColor specified by the DrawItemEventArgs
         if ( foreColorBrush == null )
            foreColorBrush = new SolidBrush(e.ForeColor);
         else if ( foreColorBrush.Color != e.ForeColor )
         {
            // The control's ForeColor has changed, so dispose of the cached brush and
            // create a new one.
            foreColorBrush.Dispose();
            foreColorBrush = new SolidBrush(e.ForeColor);
         }

         // Select the appropriate brush depending on if the item is selected.
         // Since State can be a combinateion (bit-flag) of enum values, you can't use
         // "==" to compare them.
         if ( (e.State & DrawItemState.Selected) == DrawItemState.Selected )
            brush = SystemBrushes.HighlightText;
         else
            brush = foreColorBrush;

         // Perform the painting.
         Font font = ((ListBoxFontItem)listBox1.Items[e.Index]).Font;
         e.DrawBackground();
         e.Graphics.DrawString(font.Name, font, brush, e.Bounds);
         e.DrawFocusRectangle();
      }

      /// <summary>
      ///  A wrapper class for use with storing Fonts in a ListBox.  Since ListBox uses the
      ///  ToString() of its items for the text it displays, this class is needed to return
      ///  the name of the font, rather than its ToString() value.
      /// </summary>
      public class ListBoxFontItem 
      {
         public Font Font;

         public ListBoxFontItem(Font f) 
         {
            Font = f;
         }

         public override string ToString() 
         {
            return Font.Name;
         }
      }
   }


.NET Framework

サポート対象 : 4.5.2、4.5.1、4.5、4、3.5、3.0、2.0、1.1、1.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象 : 4、3.5 SP1

Windows Phone 8.1, Windows Phone 8, Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, Windows Vista SP2, Windows Server 2008 (サーバー コア ロールはサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降でサーバー コア ロールをサポート。Itanium はサポート対象外)

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft