エクスポート (0) 印刷
すべて展開
展開 最小化
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文

DataGridViewRowPrePaintEventHandler デリゲート

DataGridView RowPrePaint イベントを処理するメソッドを表します。

名前空間:  System.Windows.Forms
アセンブリ:  System.Windows.Forms (System.Windows.Forms.dll 内)

public delegate void DataGridViewRowPrePaintEventHandler(
	Object sender,
	DataGridViewRowPrePaintEventArgs e
)

パラメーター

sender
型 : System.Object
イベントのソース。
e
型 : System.Windows.Forms.DataGridViewRowPrePaintEventArgs
イベント データを格納している DataGridViewRowPrePaintEventArgs

DataGridViewRowPrePaintEventHandler デリゲートを作成する場合は、イベントを処理するメソッドを識別してください。 イベントをイベント ハンドラーに関連付けるには、デリゲートのインスタンスをイベントに追加します。 デリゲートを削除しない限り、そのイベントが発生すると常にイベント ハンドラーが呼び出されます。 イベント ハンドラー デリゲートの詳細については、「イベントとデリゲート」を参照してください。

行が選択された場合にグラデーション行の背景を塗りつぶす DataGridViewRowPrePaintEventHandler デリゲートのコード例を次に示します。 このコード例は、「方法 : Windows フォームの DataGridView コントロールの行の外観をカスタマイズする」で紹介されている大きな例の一部です。


// Paints the custom selection background for selected rows.
void dataGridView1_RowPrePaint(object sender,
        DataGridViewRowPrePaintEventArgs e)
{
    // Do not automatically paint the focus rectangle.
    e.PaintParts &= ~DataGridViewPaintParts.Focus;

    // Determine whether the cell should be painted
    // with the custom selection background.
    if ((e.State & DataGridViewElementStates.Selected) ==
                DataGridViewElementStates.Selected)
    {
        // Calculate the bounds of the row.
        Rectangle rowBounds = new Rectangle(
            this.dataGridView1.RowHeadersWidth, e.RowBounds.Top,
            this.dataGridView1.Columns.GetColumnsWidth(
                DataGridViewElementStates.Visible) -
            this.dataGridView1.HorizontalScrollingOffset + 1,
            e.RowBounds.Height);

        // Paint the custom selection background.
        using (Brush backbrush =
            new System.Drawing.Drawing2D.LinearGradientBrush(rowBounds,
                this.dataGridView1.DefaultCellStyle.SelectionBackColor,
                e.InheritedRowStyle.ForeColor,
                System.Drawing.Drawing2D.LinearGradientMode.Horizontal))
        {
            e.Graphics.FillRectangle(backbrush, rowBounds);
        }
    }
}


.NET Framework

サポート対象 : 4.5.2、4.5.1、4.5、4、3.5、3.0、2.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象 : 4、3.5 SP1

Windows Phone 8.1, Windows Phone 8, Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, Windows Vista SP2, Windows Server 2008 (サーバー コア ロールはサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降でサーバー コア ロールをサポート。Itanium はサポート対象外)

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft