エクスポート (0) 印刷
すべて展開

DataGridTextBoxColumn クラス

文字列の編集に使用する、DataGridColumnStyle のセル内の TextBox コントロールをホストします。

名前空間: System.Windows.Forms
アセンブリ: System.Windows.Forms (system.windows.forms.dll 内)

public class DataGridTextBoxColumn : DataGridColumnStyle
public class DataGridTextBoxColumn extends DataGridColumnStyle
public class DataGridTextBoxColumn extends DataGridColumnStyle
適用できません。

DataGridTextBoxColumn クラスは、abstract クラスの DataGridColumnStyle から派生したものです。実行時に、DataGridTextBoxColumn は、ユーザーがテキスト編集のために使用できる DataGridTextBox コントロールをホストします。

このクラスには、Format および HideEditBox などの特殊なプロパティが追加されています。これらのプロパティを使用すると、ホスト対象の DataGridTextBox コントロールとその属性にアクセスし、値を表示するときに適用する書式を設定できます。

データ ソースが DataColumn オブジェクトを格納している DataTable である場合は、DataColumnDataType プロパティに、テキスト ボックス コントロールで論理的に編集できるデータ型を設定する必要があります。DataGridTextBoxColumn に自動的に関連付けられるデータ型は、ByteDateTimeDecimalDoubleInt16Int32Int64UInt16UInt32UInt64Single、および String です。

メモメモ :

DateTimeUInt16UInt32UInt64TimeSpan の各データ型は、Visual Basic では完全にはサポートされていません。また、演算子は使用できません。

DataGridTextBoxColumn を作成し、GridColumnStylesCollection に追加する例を次に示します。このコード例を実行するには、アセンブリの完全限定名を指定する必要があります。アセンブリの完全限定名を取得する方法については、「アセンブリ名」を参照してください。

private void AddColumn()
{
     DataTable myTable= new DataTable();
 
     // Add a new DataColumn to the DataTable.
     DataColumn myColumn = new DataColumn("myTextBoxColumn");
     myColumn.DataType = System.Type.GetType("System.String");
     myColumn.DefaultValue="default string";
     myTable.Columns.Add(myColumn);
     // Get the CurrencyManager for the DataTable.
     CurrencyManager cm = (CurrencyManager)this.BindingContext[myTable];
     // Use the CurrencyManager to get the PropertyDescriptor for the new column.
     PropertyDescriptor pd = cm.GetItemProperties()["myTextBoxColumn"];
     DataGridTextBoxColumn myColumnTextColumn;
     // Create the DataGridTextBoxColumn with the PropertyDescriptor.
     myColumnTextColumn = new DataGridTextBoxColumn(pd);
     // Add the new DataGridColumn to the GridColumnsCollection.
     dataGrid1.DataSource= myTable;
     dataGrid1.TableStyles.Add(new DataGridTableStyle());
     dataGrid1.TableStyles[0].GridColumnStyles.Add(myColumnTextColumn);
 }


private void AddColumn()
{
    DataTable myTable = new DataTable();
    // Add a new DataColumn to the DataTable.
    DataColumn myColumn = new DataColumn("myTextBoxColumn");
    myColumn.set_DataType(System.Type.GetType("System.String"));
    myColumn.set_DefaultValue("default string");
    myTable.get_Columns().Add(myColumn);
    // Get the CurrencyManager for the DataTable.
    CurrencyManager cm = (CurrencyManager)(this.get_BindingContext().
        get_Item(myTable));
    // Use the CurrencyManager to get the PropertyDescriptor 
    // for the new column.
    PropertyDescriptor pd = cm.GetItemProperties().
        get_Item("myTextBoxColumn");
    DataGridTextBoxColumn myColumnTextColumn;

    // Create the DataGridTextBoxColumn with the PropertyDescriptor.
    myColumnTextColumn = new DataGridTextBoxColumn(pd);

    // Add the new DataGridColumn to the GridColumnsCollection.
    dataGrid1.set_DataSource(myTable);
    dataGrid1.get_TableStyles().Add(new DataGridTableStyle());
    dataGrid1.get_TableStyles().get_Item(0).
        get_GridColumnStyles().Add(myColumnTextColumn);
} //AddColumn

System.Object
   System.MarshalByRefObject
     System.ComponentModel.Component
       System.Windows.Forms.DataGridColumnStyle
        System.Windows.Forms.DataGridTextBoxColumn

この型の public static (Visual Basicでは共有) メンバはすべて,スレッド セーフです。インスタンス メンバの場合は,スレッド セーフであるとは限りません。

Windows 98,Windows Server 2000 SP4,Windows CE,Windows Millennium Edition,Windows Mobile for Pocket PC,Windows Mobile for Smartphone,Windows Server 2003,Windows XP Media Center Edition,Windows XP Professional x64 Edition,Windows XP SP2,Windows XP Starter Edition

Microsoft .NET Framework 3.0 は Windows Vista,Microsoft Windows XP SP2,および Windows Server 2003 SP1 でサポートされています。

.NET Framework

サポート対象 : 3.0,2.0,1.1,1.0

.NET Compact Framework

サポート対象 : 2.0,1.0

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft