エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Duration 構造体

2013/12/12

Timeline がアクティブである期間を表します。

Namespace:  System.Windows
アセンブリ:  System.Windows (System.Windows.dll 内)
XAML の XMLNS: xmlns にマップされていません。

public struct Duration
<object property="[days.]hours:minutes:seconds[.fractionalSeconds]"/>
-or-
<object property="Automatic" .../>
-or-
<object property="Forever" .../>

XAML 値

days

日数を指定する 0 以上の整数値。

hours

時間数を指定する 0 ~ 23 の整数値。Duration を XAML 属性として指定する場合は、値が 0 であっても、hours 要素は必須です。

minutes

分数を指定する 0 ~ 59 の整数値。seconds 要素のみを設定する場合は、hours:minutes 要素を 0:0 に設定します。

seconds

秒数を指定する 0 ~ 59 の整数値。seconds 要素のみを設定する場合は、hours:minutes 要素を 0:0 に設定します。

fractionalSeconds

省略可能です。小数秒を指定する、小数点以下 1 ~ 7 桁から成る 10 進値。

自動

リテラル文字列 Automatic。「解説」の「Automatic と Forever」を参照してください。

Forever

リテラル文字列 Forever。「解説」の「Automatic と Forever」を参照してください。

  • 文法上、[] は省略可能な値を示し、リテラルではありません。: (コロン) と .(ピリオド) 文字はともにリテラルで、共通の時間間隔の h:m:s 文字列形式の区切り文字、またはオプションの days および fractionalSeconds 値です。

Duration 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック メソッドDuration指定した TimeSpan 値を使用して、Duration 構造体の新しいインスタンスを初期化します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック プロパティ静的メンバーAutomatic自動的に決定される Duration 値を取得します。
パブリック プロパティ静的メンバーForever無限の間隔を表す Duration 値を取得します。
パブリック プロパティHasTimeSpanこの DurationTimeSpan 値を表すかどうかを示す値を取得します。
パブリック プロパティTimeSpanこの Duration が表す TimeSpan 値を取得します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック メソッドAdd指定した Duration の値をこの Duration に加算します。
パブリック メソッド静的メンバーCompare一方の Duration 値をもう一方の値と比較します。
パブリック メソッドEquals(Duration)指定した Duration が、この Duration と等しいかどうかを判断します。
パブリック メソッドEquals(Object)指定したオブジェクトが Duration と等しいかどうかを判断します。 (ValueType.Equals(Object) をオーバーライドします。)
パブリック メソッド静的メンバーEquals(Duration, Duration)2 つの Duration 値が等しいかどうかを判断します。
プロテクト メソッドFinalizeObject がガベージ コレクションで再利用される前に、Object がリソースを解放して他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetHashCodeこのオブジェクトのハッシュ コードを取得します。 (ValueType.GetHashCode() をオーバーライドします。)
パブリック メソッドGetType現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドMemberwiseClone現在の Object の簡易コピーを作成します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド静的メンバーPlus1 つの Duration をこの Duration に加算します。
パブリック メソッドSubtractこの Duration から、指定した Duration を減算します。
パブリック メソッドToStringDurationString 表現に変換します。 (ValueType.ToString() をオーバーライドします。)
このページのトップへ

  名前説明
パブリック演算子静的メンバーAddition2 つの Duration 値を加算します。
パブリック演算子静的メンバーEquality2 つの Duration の大文字と小文字が等しいかどうかを判断します。
パブリック演算子静的メンバーGreaterThan一方の Duration が、もう一方より大きいかどうかを判断します。
パブリック演算子静的メンバーGreaterThanOrEqualDuration がもう一方の値以上であるかどうかを判断します。
パブリック演算子静的メンバーImplicit(TimeSpan to Duration)指定した TimeSpan から Duration を暗黙的に作成します。
パブリック演算子静的メンバーInequality2 つの Duration の大文字と小文字が等しくないかどうかを判断します。
パブリック演算子静的メンバーLessThanDuration が、もう一方のインスタンスの値より小さいかどうかを判断します。
パブリック演算子静的メンバーLessThanOrEqualDuration がもう一方の値以下であるかどうかを判断します。
パブリック演算子静的メンバーSubtraction一方の Duration の値をもう一方の値から減算します。
パブリック演算子静的メンバーUnaryPlus指定された Duration を返します。
このページのトップへ

期間を表す :. などのリテラル文字を使用せずに、整数のみで Duration を指定すると、その日数の Duration になります。この方法で意図した結果になることはほとんどありません。通常、アニメーションの継続時間は秒単位で指定します。そのため、Duration の文字列には、時間、分、および秒を区切るリテラル文字 : と共に、時間と分を表す先行 0 値を含める必要があります。たとえば、5 秒の Duration を指定する場合、Duration の文字列は "0:0:5" になります ("0:0:05" は等価です)。

Duration は、Storyboard またはアニメーションに設定できます。

Automatic と Forever

AutomaticForever は、Duration プロパティ値用の特別な意味を持つ値で、Windows Phone 向けマネージ API では、Automatic 静的プロパティと Forever 静的プロパティとで表されます。詳細については、「[3943b3fc-7b56-451f-831d-b52c161996f3]」を参照してください。

XAML またはコードで Automatic 値を適用すると、Storyboard はアニメーションとは異なる動作を示します。Storyboard では、Automatic 継続時間の動作は、最後に終了する子アニメーションの終了時間と同じです。そのため、いずれの子アニメーションの継続時間についてもクリッピングは発生しません。アニメーションの場合、Automatic 継続時間は期間が 1 秒 (0:0:1) です。非常に短いですが、この既定の継続時間で、テスト時にアニメーションが開始されることを確認できます。これにより、継続時間が 0 でアニメーションが実行されない場合に比べ、役に立つデバッグ情報を得ることができます。

アニメーションに対して DurationForever に設定する方法は推奨されないため、使用されることはほとんどありません。ForeverDuration を使用すると、From/To、キー フレームなどにどの値を指定しても、アニメーションは開始値からまったく進行しなくなります。アニメーションを連続的に繰り返す場合は、Duration="Forever" ではなく RepeatBehavior="Forever" を使用します。

Duration は XAML のオブジェクト要素構文をサポートしていません。そのため、XAML のリソース ディクショナリ項目として Duration を宣言できません。XAML では、常に、ここで示す属性構文で Duration 型プロパティを指定する必要があります。

JavaScript API についてのメモ

Windows Phone 向け JavaScript API で Duration を作成できるのは、Duration などのプロパティに文字列として指定された値を設定する場合に型変換構文を使用したときだけです。文字列は、通常、TimeSpan と同じ形式で指定します。Duration は、リテラル Automatic および Forever を受け取ることもできます。

マネージ API では、コンストラクターを使用して Duration を作成できます。

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

表示:
© 2014 Microsoft