エクスポート (0) 印刷
すべて展開
この記事は翻訳者によって翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。
訳文
原文

DependencyObject.GetValue メソッド

DependencyObject のこのインスタンスにある依存関係プロパティの現在の有効値を返します。

名前空間:  System.Windows
アセンブリ:  WindowsBase (WindowsBase.dll 内)

public Object GetValue(
	DependencyProperty dp
)

パラメーター

dp
型: System.Windows.DependencyProperty
値を取得する対象のプロパティの DependencyProperty 識別子。

戻り値

型: System.Object
現在の有効値を返します。

例外条件
InvalidOperationException

指定した dp またはその値が無効であるか、指定した dp が存在しません。

有効値とは、プロパティの値を要求する呼び出し元に対してプロパティ システムから返される値です。 有効値は、プロパティ システムがプロパティ システム値の優先順位に関係する可能性のあるすべての入力を評価した結果です。 これには強制とアニメーションが含まれます。 詳細については、「依存関係プロパティ値の優先順位」を参照してください。

このメソッドが UnsetValue を返すことはありません。 UnsetValue は、プロパティ システムがさまざまな役割で内部的に使用する sentinel 値で、強制コールバックを通じて公開されることもあります。

プロパティをどの型にすればよいかわからない場合は、要求された依存関係プロパティの識別子を照会して、戻り値をより厳密な PropertyType に変換できるかどうかを確認できます。

.NET Framework

サポート対象: 4、3.5、3.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象: 4、3.5 SP1

Windows 7, Windows Vista SP1 以降, Windows XP SP3, Windows Server 2008 (Server Core はサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降で Server Core をサポート), Windows Server 2003 SP2

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。 サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft