エクスポート (0) 印刷
すべて展開
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文

TextBlock クラス

少量のフロー コンテンツを表示するライトウェイト コントロールを提供します。

名前空間:  System.Windows.Controls
アセンブリ:  PresentationFramework (PresentationFramework.dll 内)
XAML の XMLNS : http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation, http://schemas.microsoft.com/netfx/2007/xaml/presentation

[LocalizabilityAttribute(LocalizationCategory.Text)]
[ContentPropertyAttribute("Inlines")]
public class TextBlock : FrameworkElement, IContentHost, 
	IAddChild, IServiceProvider
<TextBlock>
  Inlines
</TextBlock>

TextBlock 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック メソッドTextBlock() TextBlock クラスの新しいインスタンスを初期化します。
パブリック メソッドTextBlock(Inline) TextBlock クラスの新しいインスタンスを初期化し、指定した Inline 要素を初期の表示コンテンツとして追加します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック プロパティActualHeightこの要素の描画時の高さを取得します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティActualWidthこの要素の描画時の幅を取得します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティAllowDropこの要素をドラッグアンドドロップ操作の対象として使用できるかどうかを示す値を取得または設定します。これは、依存関係プロパティです。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティAreAnyTouchesCaptured少なくとも 1 つのタッチがこの要素にキャプチャされているかどうかを示す値を取得します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティAreAnyTouchesCapturedWithin少なくとも 1 つのタッチがこの要素またはそのビジュアル ツリー内のいずれかの子要素にキャプチャされているかどうかを示す値を取得します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティAreAnyTouchesDirectlyOver少なくとも 1 つのタッチがこの要素上で押されているかどうかを示す値を取得します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティAreAnyTouchesOver少なくとも 1 つのタッチがこの要素またはそのビジュアル ツリー内のいずれかの子要素上で押されているかどうかを示す値を取得します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティBackgroundコンテンツ エリアの背景の塗りつぶしに使用する Brush を取得または設定します。
パブリック プロパティBaselineOffsetベースラインから各テキスト行をオフセットする際の量を取得または設定します。
パブリック プロパティBindingGroup要素に使用される BindingGroup を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティBitmapEffect 互換性のために残されています。この要素に描画された内容に直接適用するビットマップ効果を取得または設定します。これは、依存関係プロパティです。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティBitmapEffectInput 互換性のために残されています。 この要素に描画された内容に直接適用するビットマップ効果用の入力ソースを取得または設定します。これは、依存関係プロパティです。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティBreakAfter現在の要素の後で内容を改行する方法を示す LineBreakCondition を取得します。
パブリック プロパティBreakBefore現在の要素の前で内容を改行する方法を示す LineBreakCondition を取得します。
パブリック プロパティCacheMode UIElement のキャッシュされた表現を取得または設定します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティCharacterSpacing
パブリック プロパティClip要素内容の輪郭の定義に使用するジオメトリを取得または設定します。これは、依存関係プロパティです。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティClipToBounds親要素のサイズに合わせるために、この要素の内容 (またはこの要素の子要素の内容) を切り取るかどうかを示す値を取得または設定します。これは、依存関係プロパティです。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティCommandBindingsこの要素に関連付けられている CommandBinding オブジェクトのコレクションを取得します。 CommandBinding は、この要素のコマンド処理を有効にし、コマンド、コマンドのイベント、およびこの要素によってアタッチされるハンドラーの間の関連を宣言します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティContentEnd TextBlock のコンテンツの末尾に対する TextPointer を取得します。
パブリック プロパティContentStart TextBlock のコンテンツの先頭に対する TextPointer を取得します。
パブリック プロパティContextMenu この要素内からユーザー インターフェイス (UI) によってコンテキスト メニューが要求された場合に常に表示されるコンテキスト メニュー要素を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティCursorこの要素上にマウス ポインターが置かれたときに表示されるカーソルを取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティDataContext 要素がデータ バインドに関与するときの、要素のデータ コンテキストを取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
プロテクト プロパティDefaultStyleKeyテーマ スタイルを使用または定義するときにこのコントロールのスタイルを参照するために使用するキーを取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティDependencyObjectTypeこのインスタンスの CLR 型をラップする DependencyObjectType を取得します。  (DependencyObject から継承されます。)
パブリック プロパティDesiredSizeレイアウト処理の測定パスの実行中にこの要素が計算したサイズを取得します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティDispatcherこの DispatcherObject が関連付けられている Dispatcher を取得します。 (DispatcherObject から継承されます。)
パブリック プロパティDispatcher (DependencyObject から継承されます。)
パブリック プロパティEffect UIElement に適用するビットマップ効果を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティFlowDirectionレイアウトを制御する親要素内でのテキストやその他のユーザー インターフェイス (UI) 要素のフロー方向を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティFocusable要素がフォーカスを得ることができるかどうかを示す値を取得または設定します。これは、依存関係プロパティです。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティFocusVisualStyleこの要素がキーボード フォーカスを受け取ったときに適用される外観、効果、またはその他のスタイル特性のカスタマイズを可能にするプロパティを取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティFontFamily TextBlock のトップレベルの優先フォント ファミリを取得または設定します。
パブリック プロパティFontSize TextBlock のトップレベルのフォント サイズを取得または設定します。
パブリック プロパティFontSource
パブリック プロパティFontStretch TextBlock のトップレベルのフォント伸縮特性を取得または設定します。
パブリック プロパティFontStyle TextBlock のトップレベルのフォント スタイルを取得または設定します。
パブリック プロパティFontWeight TextBlock のトップレベルのフォントの太さを取得または設定します。
パブリック プロパティForceCursorこの FrameworkElement でカーソルを Cursor プロパティの宣言に従って描画するようにユーザー インターフェイス (UI) を強制するかどうかを示す値を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティForeground TextBlock のテキスト コンテンツに適用する Brush を取得または設定します。
パブリック プロパティHasAnimatedPropertiesこの要素にアニメーション化されたプロパティがあるかどうかを示す値を取得します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト プロパティHasEffectiveKeyboardFocus UIElement にフォーカスがあるかどうかを示す値を取得します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティHeight 要素の高さの推奨値を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティHorizontalAlignmentこの要素が、Panel またはアイテム コントロールのような親要素内に構成されるときに適用される水平方向の配置特性を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
プロテクト プロパティHostedElementsCoreこの TextBlock によってホストされる要素を反復処理するために使用できる列挙子を取得します。
プロテクト プロパティInheritanceBehaviorプロパティ値の継承、リソース キーのルックアップ、および RelativeSource FindAncestor 検索のスコープの制限を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティInlines TextBlock のコンテンツを構成するトップレベルの Inline 要素を格納する InlineCollection を取得します。
パブリック プロパティInputBindings この要素に関連付けられている入力バインドのコレクションを取得します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティInputScopeこの FrameworkElement によって使用される入力のコンテキストを取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティIsArrangeValidこの要素のレイアウトにおける子要素の計算済みのサイズと位置が有効かどうかを示す値を取得します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティIsEnabledこの要素がユーザー インターフェイス (UI) で有効かどうかを示す値を取得または設定します。これは、依存関係プロパティです。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト プロパティIsEnabledCore派生クラス内で IsEnabled の戻り値になる値を取得します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティIsFocusedこの要素に論理フォーカスがあるかどうかを判断する値を取得します。これは、依存関係プロパティです。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティIsHitTestVisible描画されたコンテンツの一部からヒット テスト結果としてこの要素が返される可能性があるかどうかを宣言する値を取得または設定します。 これは、依存関係プロパティです。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティIsHyphenationEnabled単語の自動ハイフネーションが有効かどうかを示す値を取得または設定します。
パブリック プロパティIsInitializedこの要素が初期化されているかどうかを示す値を取得します。要素の初期化は、XAML プロセッサによる処理の間に行われる場合と、EndInit メソッドを明示的に呼び出すことによって行われる場合があります。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティIsInputMethodEnabled入力方式エディター (IME) などの入力方法システムが、この要素への入力の処理に対して有効かどうかを示す値を取得します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティIsKeyboardFocusedこの要素にキーボード フォーカスが設定されているかどうかを示す値を取得します。これは、依存関係プロパティです。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティIsKeyboardFocusWithinキーボード フォーカスが要素内またはビジュアル ツリーの子要素内に設定されているかどうかを示す値を取得します。これは、依存関係プロパティです。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティIsLoadedこの要素が表示のために読み込まれているかどうかを示す値を取得します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティIsManipulationEnabledこの UIElement で操作イベントが有効かどうかを示す値を取得または設定します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティIsMeasureValidレイアウト測定パスから返された現在のサイズが有効かどうかを示す値を取得します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティIsMouseCapturedマウスがこの要素にキャプチャされているかどうかを示す値を取得します。これは、依存関係プロパティです。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティIsMouseCaptureWithinこの要素、またはビジュアル ツリー内のその子要素がマウス キャプチャを保持するかどうかを示す値を取得します。 これは、依存関係プロパティです。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティIsMouseDirectlyOverマウス ポインターの位置が、要素の構成を考慮したヒット テストの結果に対応しているかどうかを示す値を取得します。これは、依存関係プロパティです。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティIsMouseOverマウス ポインターがこの要素 (ビジュアル ツリー内の子要素を含む) 上にあるかどうかを示す値を取得します。これは、依存関係プロパティです。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティIsSealedこのインスタンスが現在シールされている (読み取り専用である) かどうかを示す値を取得します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック プロパティIsStylusCapturedスタイラスがこの要素にキャプチャされているかどうかを示す値を取得します。これは、依存関係プロパティです。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティIsStylusCaptureWithinこの要素、または要素の境界内およびそのビジュアル ツリー内の要素がスタイラス キャプチャを保持するかどうかを示す値を取得します。 これは、依存関係プロパティです。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティIsStylusDirectlyOverスタイラスの位置が、要素の構成を考慮したヒット テストの結果に対応しているかどうかを示す値を取得します。これは、依存関係プロパティです。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティIsStylusOver スタイラス カーソルがこの要素 (子ビジュアル要素を含む) 上にあるかどうかを示す値を取得します。これは、依存関係プロパティです。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティIsVisibleこの要素がユーザー インターフェイス (UI) に表示されるかどうかを示す値を取得します。これは、依存関係プロパティです。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティLanguage要素に適用されるローカリゼーション/グローバリゼーション言語情報を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティLayoutTransform レイアウトの実行時にこの要素に適用するグラフィック変換を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティLineHeight各コンテンツ行の高さを取得または設定します。
パブリック プロパティLineStackingStrategy TextBlock 内の各テキスト行の行ボックスを決定する際に使用する機構を取得または設定します。
プロテクト プロパティLogicalChildren TextBlock の論理的な子を反復処理できる列挙子を取得します。 (FrameworkElement.LogicalChildren をオーバーライドします。)
パブリック プロパティMargin要素の外側の余白を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティMaxHeight要素の高さの最大値を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティMaxWidth要素の幅の最大値を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティMinHeight要素の高さの最小値を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティMinWidth 要素の幅の最小値を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティName要素の識別名を取得または設定します。 この名前は、XAML プロセッサによる処理時に構築されたマークアップ要素を、その後に分離コード (イベント ハンドラーのコードなど) から参照するために使用できます。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティOpacityユーザー インターフェイス (UI) での描画時に UIElement 全体に適用される不透明率を取得または設定します。これは、依存関係プロパティです。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティOpacityMaskこの要素の描画されるコンテンツのアルファ チャネル マスクに適用される Brush 実装として、不透明マスクを取得または設定します。これは、依存関係プロパティです。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティOverridesDefaultStyleこの要素に、テーマのスタイルのスタイル プロパティが含まれるかどうかを示す値を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティPaddingコンテンツ エリアの境界と TextBlock によって表示されるコンテンツ間のパディング スペースの太さを示す値を取得または設定します。
パブリック プロパティParentこの要素の論理上の親要素を取得します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティPersistId 互換性のために残されています。この要素を一意に識別する値を取得します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティProjection (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティRenderSizeこの要素の最終的な描画サイズを取得 (または設定) します (設定については、「解説」を参照してください)。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティRenderTransformこの要素のレンダリング位置に関連する変換情報を取得または設定します。これは、依存関係プロパティです。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティRenderTransformOrigin RenderTransform によって宣言された任意の描画変換の、要素の境界に対する中心点を取得または設定します。これは、依存関係プロパティです。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティResources ローカルで定義されたリソース ディクショナリを取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティSnapsToDevicePixelsこの要素のレンダリングで、レンダリング中にデバイス固有のピクセル設定を使用するかどうかを指定する値を取得または設定します。これは、依存関係プロパティです。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティStyle 表示時に、この要素が使用するスタイルを取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
プロテクト プロパティStylusPlugInsこの要素に関連付けられているすべてのスタイラス プラグイン (カスタマイズ) オブジェクトのコレクションを取得します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティTagこの要素に関するユーザー定義情報の格納に使用できる任意のオブジェクト値を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティTemplatedParentこの要素のテンプレート親への参照を取得します。 このプロパティは、要素がテンプレートによって作成されていない場合には関係ありません。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティText TextBlock のテキスト コンテンツを取得または設定します。
パブリック プロパティTextAlignmentテキスト コンテンツの水平方向の配置を示す値を取得または設定します。
パブリック プロパティTextDecorations TextBlock のテキストに適用する効果を格納する TextDecorationCollection を取得または設定します。
パブリック プロパティTextEffectsこの要素内のテキスト コンテンツに適用する効果を取得または設定します。
パブリック プロパティTextTrimmingコンテンツ エリアがいっぱいになったときに使用するテキストのトリミング動作を取得または設定します。
パブリック プロパティTextWrapping TextBlock のテキスト折り返し方法を取得または設定します。
パブリック プロパティToolTip ユーザー インターフェイス (UI) でこの要素に対して表示されるツールヒント オブジェクトを取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティTouchesCapturedこの要素にキャプチャされているすべてのタッチ デバイスを取得します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティTouchesCapturedWithinこの要素またはそのビジュアル ツリー内のいずれかの子要素にキャプチャされているすべてのタッチ デバイスを取得します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティTouchesDirectlyOverこの要素上にあるすべてのタッチ デバイスを取得します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティTouchesOverこの要素またはそのビジュアル ツリー内のいずれかの子要素上にあるすべてのタッチ デバイスを取得します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティTriggersこの要素で直接 (または子要素で) 設定されているトリガーのコレクションを取得します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティTypographyこの要素のコンテンツで現在有効な文字体裁のバリエーションを取得します。
パブリック プロパティUidこの要素の一意識別子 (ローカライズ用) を設定または取得します。 これは、依存関係プロパティです。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティUseLayoutRounding レイアウト時に、この要素のサイズと位置にレイアウトの丸めが適用されるかどうかを示す値を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティUseOptimizedManipulationRouting (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティVerticalAlignmentこの要素が、パネルまたはアイテム コントロールのような親要素内に構成されるときに適用される垂直方向の配置特性を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティVisibilityユーザー インターフェイス (UI) でのこの要素の可視性を取得または設定します。これは、依存関係プロパティです。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト プロパティVisualBitmapEffect 互換性のために残されています。 Visual BitmapEffect 値を取得または設定します。 (Visual から継承されます。)
プロテクト プロパティVisualBitmapEffectInput 互換性のために残されています。 Visual BitmapEffectInput 値を取得または設定します。 (Visual から継承されます。)
プロテクト プロパティVisualBitmapScalingMode Visual BitmapScalingMode を取得または設定します。 (Visual から継承されます。)
プロテクト プロパティVisualCacheMode Visual のキャッシュされた表現を取得または設定します。 (Visual から継承されます。)
プロテクト プロパティVisualChildrenCount TextBlock によってホストされる Visual 子の数を取得します。 (FrameworkElement.VisualChildrenCount をオーバーライドします。)
プロテクト プロパティVisualClearTypeHint Visual での ClearType のレンダリング方法を決定する ClearTypeHint を取得または設定します。 (Visual から継承されます。)
プロテクト プロパティVisualClip Geometry 値としての Visual のクリップ領域を取得または設定します。 (Visual から継承されます。)
プロテクト プロパティVisualEdgeMode Visual のエッジ モードを EdgeMode 値として取得または設定します。 (Visual から継承されます。)
プロテクト プロパティVisualEffect Visual に適用するビットマップ効果を取得または設定します。 (Visual から継承されます。)
プロテクト プロパティVisualOffsetビジュアル オブジェクトのオフセット値を取得または設定します。 (Visual から継承されます。)
プロテクト プロパティVisualOpacity Visual の不透明度を取得または設定します。 (Visual から継承されます。)
プロテクト プロパティVisualOpacityMask Visual の不透明マスクを表す Brush 値を取得または設定します。 (Visual から継承されます。)
プロテクト プロパティVisualParentビジュアル オブジェクトのビジュアル ツリーの親を取得します。 (Visual から継承されます。)
プロテクト プロパティVisualScrollableAreaClip Visual のクリップ対象のスクロール可能な領域を取得または設定します。 (Visual から継承されます。)
プロテクト プロパティVisualTextHintingMode Visual TextHintingMode を取得または設定します。 (Visual から継承されます。)
プロテクト プロパティVisualTextRenderingMode Visual TextRenderingMode を取得または設定します。 (Visual から継承されます。)
プロテクト プロパティVisualTransform Visual Transform 値を取得または設定します。 (Visual から継承されます。)
プロテクト プロパティVisualXSnappingGuidelinesx 座標 (垂直) ガイドライン コレクションを取得または設定します。 (Visual から継承されます。)
プロテクト プロパティVisualYSnappingGuidelinesy 座標 (水平) ガイドライン コレクションを取得または設定します。 (Visual から継承されます。)
パブリック プロパティWidth 要素の幅を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
このページのトップへ

  名前説明
パブリック メソッドAddHandler(RoutedEvent, Delegate)指定したルーティング イベントのルーティング イベント ハンドラーを、現在の要素のハンドラー コレクションに追加します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック メソッドAddHandler(RoutedEvent, Delegate, Boolean)指定したルーティング イベントのルーティング イベント ハンドラーを、現在の要素のハンドラー コレクションに追加します。 イベント ルート上の他の要素により既に処理済みとしてマークされているルーティング イベントに対し、指定したハンドラーが呼び出されるようにするには、handledEventsTootrue に指定します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドAddLogicalChild指定したオブジェクトをこの要素の論理ツリーに追加します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック メソッドAddToEventRoute現在の UIElement イベント ハンドラー コレクションのハンドラーを、指定した EventRoute に追加します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドAddVisualChild2 つのビジュアル間の親子リレーションシップを定義します。 (Visual から継承されます。)
パブリック メソッドApplyAnimationClock(DependencyProperty, AnimationClock)この要素の、指定した依存関係プロパティにアニメーションを適用します。 既存のアニメーションが停止され、新しいアニメーションで置き換えられます。 (UIElement から継承されます。)
パブリック メソッドApplyAnimationClock(DependencyProperty, AnimationClock, HandoffBehavior)この要素の、指定した依存関係プロパティにアニメーションを適用します。プロパティの既存のアニメーションが実行中である場合の動作も指定できます。 (UIElement から継承されます。)
パブリック メソッドApplyTemplate必要に応じて現在のテンプレートのビジュアル ツリーを構築し、この呼び出しによってビジュアル ツリーが再構築されたかどうかを示す値を返します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック メソッドArrange 子要素を配置し、 UIElementのサイズを決定します。 親要素はそれぞれの ArrangeCore 実装 (または WPF フレームワーク レベルの同等実装) からこのメソッドを呼び出し、レイアウトを再帰的に更新します。 このメソッドは、レイアウト更新の第 2 のパスを構成します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドArrangeCore ArrangeCore (UIElement で仮想メソッドとして定義されています) を実装し、その実装をシールします。 (FrameworkElement から継承されます。)
プロテクト メソッドArrangeOverride子要素を配置し、TextBlock のサイズを決定します。 (FrameworkElement.ArrangeOverride(Size) をオーバーライドします。)
パブリック メソッドBeginAnimation(DependencyProperty, AnimationTimeline)この要素のアニメーション化対象のプロパティを指定して、アニメーションを開始します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック メソッドBeginAnimation(DependencyProperty, AnimationTimeline, HandoffBehavior)この要素のアニメーション化対象のプロパティを指定して、特定のアニメーションを開始します。プロパティの既存のアニメーションが実行中である場合の動作も指定できます。 (UIElement から継承されます。)
パブリック メソッドBeginInitこの要素の初期化プロセスを開始します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック メソッドBeginStoryboard(Storyboard)指定したストーリーボードに含まれるアクションのシーケンスを開始します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック メソッドBeginStoryboard(Storyboard, HandoffBehavior)プロパティが既にアニメーション化されていた場合にどうするかを指定するオプションを使用して、指定したストーリーボードに含まれるアクションのシーケンスを開始します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック メソッドBeginStoryboard(Storyboard, HandoffBehavior, Boolean) 開始後のアニメーションの制御の状態を指定して、指定したストーリーボードに含まれるアクションのシーケンスを開始します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック メソッドBringIntoView() この要素を含む、すべてのスクロール可能な領域内のビューに、この要素を読み込もうとします。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック メソッドBringIntoView(Rect)この要素が含まれているスクロール可能な領域内で、この要素の指定したサイズの領域が表示されるように試みます。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック メソッドCaptureMouseこの要素にマウスをキャプチャするように強制することを試みます。 (UIElement から継承されます。)
パブリック メソッドCaptureStylus この要素にスタイラスをキャプチャするように強制することを試みます。 (UIElement から継承されます。)
パブリック メソッドCaptureTouchこの要素にタッチをキャプチャするように強制することを試みます。 (UIElement から継承されます。)
パブリック メソッドCheckAccess呼び出し元のスレッドがこの DispatcherObject にアクセスできるかどうかを確認します。 (DispatcherObject から継承されます。)
パブリック メソッドClearValue(DependencyProperty)プロパティのローカル値を消去します。 消去するプロパティは、DependencyProperty 識別子で指定します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドClearValue(DependencyPropertyKey)読み取り専用プロパティのローカル値を消去します。 消去するプロパティは、DependencyPropertyKey で指定します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドCoerceValue指定した依存関係プロパティの値を強制します。 これは、呼び出し元の DependencyObject の依存関係プロパティのプロパティ メタデータで指定されている CoerceValueCallback 関数を呼び出すことによって実現されます。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドEndInitこの要素の初期化プロセスが完了したことを示します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック メソッドEquals指定した DependencyObject が現在の DependencyObject と等しいかどうかを判断します。 (DependencyObject から継承されます。)
プロテクト メソッドFinalize オブジェクトがガベジ コレクションにより収集される前に、そのオブジェクトがリソースを解放し、その他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドFindCommonVisualAncestor2 つのビジュアル オブジェクトの共通の先祖を返します。 (Visual から継承されます。)
パブリック メソッドFindName指定した識別名を持つ要素を検索します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック メソッドFindResource指定したキーを持つリソースを検索します。要求したリソースが見つからない場合は例外がスローされます。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック メソッドFocusこの要素にフォーカスを設定することを試みます。 (UIElement から継承されます。)
パブリック メソッドGetAnimationBaseValueこの要素の、指定したプロパティの基本プロパティ値を返します。実行中または停止済みのアニメーションでアニメーション化された値は無視されます。 (UIElement から継承されます。)
パブリック メソッド静的メンバーGetBaselineOffset指定した依存関係オブジェクトの BaselineOffset 添付プロパティの値を返します。
パブリック メソッドGetBindingExpression指定したプロパティのバインディングを表す BindingExpression を返します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック メソッド静的メンバーGetFontFamily指定した依存関係オブジェクトの FontFamilyProperty 添付プロパティの値を返します。
パブリック メソッド静的メンバーGetFontSize指定した依存関係オブジェクトの FontSize 添付プロパティの値を返します。
パブリック メソッド静的メンバーGetFontStretch指定した依存関係オブジェクトの FontStretch 添付プロパティの値を返します。
パブリック メソッド静的メンバーGetFontStyle指定した依存関係オブジェクトの FontStyle 添付プロパティの値を返します。
パブリック メソッド静的メンバーGetFontWeight指定した依存関係オブジェクトの FontWeight 添付プロパティの値を返します。
パブリック メソッド静的メンバーGetForeground指定した依存関係オブジェクトの Foreground 添付プロパティの値を返します。
パブリック メソッドGetHashCodeこの DependencyObject のハッシュ コードを取得します。 (DependencyObject から継承されます。)
プロテクト メソッドGetLayoutClipクリッピング マスクのジオメトリを返します。 クリッピング マスクは、利用可能な表示領域より大きな要素をレイアウト システムが配置しようとすると適用されます。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック メソッド静的メンバーGetLineHeight指定した依存関係オブジェクトの LineHeight 添付プロパティの値を返します。
パブリック メソッド静的メンバーGetLineStackingStrategy指定した依存関係オブジェクトの LineStackingStrategy 添付プロパティの値を返します。
パブリック メソッドGetLocalValueEnumeratorどの依存関係プロパティがこの DependencyObject 上にローカルに設定された値を持つかを確認するための、専用の列挙子を作成します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドGetPositionFromPoint指定した Point に最も近い位置に対する TextPointer を返します。
プロテクト メソッドGetRectanglesCore指定した ContentElement に外接する四角形の読み取り専用のコレクションを返します。
プロテクト メソッドGetTemplateChildインスタンス化された ControlTemplate のビジュアル ツリー内にある名前付き要素を返します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック メソッド静的メンバーGetTextAlignment指定した依存関係オブジェクトの TextAlignment 添付プロパティの値を返します。
パブリック メソッドGetType現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドGetUIParentCoreビジュアル親が存在しない場合に、この要素に対する代替の論理上の親を返します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック メソッドGetValue DependencyObject のこのインスタンスにある依存関係プロパティの現在の有効値を返します。 (DependencyObject から継承されます。)
プロテクト メソッドGetVisualChild指定したインデックス位置にある Visual 子を返します。 (FrameworkElement.GetVisualChild(Int32) をオーバーライドします。)
プロテクト メソッドHitTestCore(GeometryHitTestParameters) Visual.HitTestCore を実装して、基本要素のヒット テスト動作を提供します (GeometryHitTestResult を返します)。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドHitTestCore(PointHitTestParameters)指定した PointHitTestParametersPointHitTestResult を返します。 (UIElement.HitTestCore(PointHitTestParameters) をオーバーライドします。)
パブリック メソッドInputHitTest 現在の要素の原点からの指定した相対座標にある、現在の要素内の入力要素を返します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドInputHitTestCore TextBlock 内の指定した Point にある IInputElement を返します。
パブリック メソッドInvalidateArrange要素の配置状態 (レイアウト) を無効にします。 無効にした後、要素のレイアウトが更新されます。更新は、UpdateLayout によって強制されない限り非同期に行われます。 (UIElement から継承されます。)
パブリック メソッドInvalidateMeasure要素の測定状態 (レイアウト) を無効にします。 (UIElement から継承されます。)
パブリック メソッドInvalidateProperty指定した依存関係プロパティの有効値を再評価します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドInvalidateVisual要素の描画を無効にして、新しい完全なレイアウト パスを強制します。 レイアウト サイクルが完了した後、OnRender が呼び出されます。 (UIElement から継承されます。)
パブリック メソッドIsAncestorOfビジュアル オブジェクトが、指定した子孫ビジュアル オブジェクトの先祖かどうかを判定します。 (Visual から継承されます。)
パブリック メソッドIsDescendantOfビジュアル オブジェクトが、指定した先祖ビジュアル オブジェクトの子孫かどうかを判定します。 (Visual から継承されます。)
パブリック メソッドMeasure UIElement DesiredSize を更新します。 親要素はそれぞれの MeasureCore 実装からこのメソッドを呼び出し、レイアウトを再帰的に更新します。 このメソッドの呼び出しにより、レイアウト更新の最初のパス ("測定" パス) が構成されます。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドMeasureCore FrameworkElement の測定パス レイアウト システムの基本動作を実装します。 (FrameworkElement から継承されます。)
プロテクト メソッドMeasureOverride TextBlock を再測定するために呼び出されます。 (FrameworkElement.MeasureOverride(Size) をオーバーライドします。)
プロテクト メソッドMemberwiseClone現在の Object の簡易コピーを作成します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドMoveFocus指定した移動方向の別の要素にこの要素からキーボード フォーカスを移動します。 (FrameworkElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnAccessKey この要素に対して有効なアクセス キーが呼び出されたときのクラス処理を提供します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック メソッドOnApplyTemplate派生クラスでオーバーライドされると、アプリケーション コードや内部プロセスで ApplyTemplate が呼び出されるたびに呼び出されます。 (FrameworkElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnChildDesiredSizeChanged子要素のサイズが変更されるときのレイアウト動作をサポートします。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnChildDesiredSizeChangedCore UIElement から派生している子要素の DesiredSize が変更されると呼び出されます。
プロテクト メソッドOnContextMenuClosing未処理の ContextMenuClosing ルーティング イベントがルートのこのクラスに到達するたびに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (FrameworkElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnContextMenuOpening未処理の ContextMenuOpening ルーティング イベントが、その経路上でこのクラスに到達するたびに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (FrameworkElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnCreateAutomationPeerこの TextBlockAutomationPeer オブジェクトを作成して返します。 (UIElement.OnCreateAutomationPeer() をオーバーライドします。)
プロテクト メソッドOnDragEnter未処理の DragDrop.DragEnter 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnDragLeave未処理の DragDrop.DragLeave 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnDragOver未処理の DragDrop.DragOver 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnDrop未処理の DragDrop.DragEnter 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnGiveFeedback未処理の DragDrop.GiveFeedback 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnGotFocus未処理の GotFocus イベントが、その経路上でこの要素に到達するたびに呼び出されます。 (FrameworkElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnGotKeyboardFocus未処理の Keyboard.GotKeyboardFocus 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnGotMouseCapture未処理の Mouse.GotMouseCapture 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnGotStylusCapture未処理の Stylus.GotStylusCapture 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnGotTouchCaptureタッチがこの要素にキャプチャされているときに発生する GotTouchCapture ルーティング イベントのクラス処理を提供します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnInitialized Initialized イベントを発生させます。 このメソッドは、IsInitializedtrue に内部で設定されるたびに呼び出されます。 (FrameworkElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnIsKeyboardFocusedChanged未処理の IsKeyboardFocusedChanged イベントがこの要素で発生すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnIsKeyboardFocusWithinChangedこの要素が IsKeyboardFocusWithinChanged イベントを発生させる直前に呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnIsMouseCapturedChanged未処理の IsMouseCapturedChanged イベントがこの要素で発生すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnIsMouseCaptureWithinChanged未処理の IsMouseCaptureWithinChanged イベントがこの要素で発生すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnIsMouseDirectlyOverChanged未処理の IsMouseDirectlyOverChanged イベントがこの要素で発生すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnIsStylusCapturedChanged未処理の IsStylusCapturedChanged イベントがこの要素で発生すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnIsStylusCaptureWithinChanged未処理の IsStylusCaptureWithinChanged イベントがこの要素で発生すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnIsStylusDirectlyOverChanged未処理の IsStylusDirectlyOverChanged イベントがこの要素で発生すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnKeyDown未処理の Keyboard.KeyDown 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnKeyUp未処理の Keyboard.KeyUp 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnLostFocus指定したイベント データを使用して、LostFocus ルーティング イベントを発生させます。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnLostKeyboardFocus未処理の Keyboard.LostKeyboardFocus 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnLostMouseCapture未処理の Mouse.LostMouseCapture 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnLostStylusCapture未処理の Stylus.LostStylusCapture 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnLostTouchCaptureこの要素がタッチのキャプチャを失ったときに発生する LostTouchCapture ルーティング イベントのクラス処理を提供します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnManipulationBoundaryFeedback ManipulationBoundaryFeedback イベントが発生すると呼び出されます。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnManipulationCompleted ManipulationCompleted イベントが発生すると呼び出されます。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnManipulationDelta ManipulationDelta イベントが発生すると呼び出されます。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnManipulationInertiaStarting ManipulationInertiaStarting イベントが発生すると呼び出されます。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnManipulationStarted ManipulationStarted イベントが発生すると呼び出されます。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnManipulationStarting操作プロセッサを初めて作成するときに発生する ManipulationStarting ルーティング イベントのクラス処理を提供します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnMouseDown未処理の Mouse.MouseDown 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnMouseEnter未処理の Mouse.MouseEnter 添付イベントがこの要素で発生すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnMouseLeave未処理の Mouse.MouseLeave 添付イベントがこの要素で発生すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnMouseLeftButtonDown未処理の MouseLeftButtonDown ルーティング イベントがこの要素で発生すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnMouseLeftButtonUp未処理の MouseLeftButtonUp ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnMouseMove未処理の Mouse.MouseMove 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnMouseRightButtonDown未処理の MouseRightButtonDown ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnMouseRightButtonUp未処理の MouseRightButtonUp ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnMouseUp未処理の Mouse.MouseUp ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnMouseWheel未処理の Mouse.MouseWheel 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnPreviewDragEnter未処理の DragDrop.PreviewDragEnter 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnPreviewDragLeave未処理の DragDrop.PreviewDragLeave 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnPreviewDragOver未処理の DragDrop.PreviewDragOver 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnPreviewDrop未処理の DragDrop.PreviewDrop 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnPreviewGiveFeedback未処理の DragDrop.PreviewGiveFeedback 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnPreviewGotKeyboardFocus未処理の Keyboard.PreviewGotKeyboardFocus 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnPreviewKeyDown未処理の Keyboard.PreviewKeyDown 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnPreviewKeyUp未処理の Keyboard.PreviewKeyUp 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnPreviewLostKeyboardFocus未処理の Keyboard.PreviewKeyDown 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnPreviewMouseDown未処理の Mouse.PreviewMouseDown 添付ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnPreviewMouseLeftButtonDown未処理の PreviewMouseLeftButtonDown ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnPreviewMouseLeftButtonUp未処理の PreviewMouseLeftButtonUp ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnPreviewMouseMove未処理の Mouse.PreviewMouseMove 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnPreviewMouseRightButtonDown未処理の PreviewMouseRightButtonDown ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnPreviewMouseRightButtonUp未処理の PreviewMouseRightButtonUp ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnPreviewMouseUp未処理の Mouse.PreviewMouseUp 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnPreviewMouseWheel未処理の Mouse.PreviewMouseWheel 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnPreviewQueryContinueDrag未処理の DragDrop.PreviewQueryContinueDrag 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnPreviewStylusButtonDown未処理の Stylus.PreviewStylusButtonDown 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnPreviewStylusButtonUp未処理の Stylus.PreviewStylusButtonUp 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnPreviewStylusDown未処理の Stylus.PreviewStylusDown 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnPreviewStylusInAirMove未処理の Stylus.PreviewStylusInAirMove 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnPreviewStylusInRange未処理の Stylus.PreviewStylusInRange 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnPreviewStylusMove未処理の Stylus.PreviewStylusMove 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnPreviewStylusOutOfRange未処理の Stylus.PreviewStylusOutOfRange 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnPreviewStylusSystemGesture未処理の Stylus.PreviewStylusSystemGesture 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnPreviewStylusUp未処理の Stylus.PreviewStylusUp 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnPreviewTextInput未処理の TextCompositionManager.PreviewTextInput 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnPreviewTouchDownこの要素がタッチで押されたときに発生する PreviewTouchDown ルーティング イベントのクラス処理を提供します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnPreviewTouchMoveタッチがこの要素の内部にある間にタッチが移動すると発生する PreviewTouchMove ルーティング イベントのクラス処理を提供します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnPreviewTouchUpこの要素の内部のタッチが解放されたときに発生する PreviewTouchUp ルーティング イベントのクラス処理を提供します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnPropertyChanged1 つ以上のホストされている依存関係プロパティの値が変更されると呼び出されます。 (FrameworkElement.OnPropertyChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs) をオーバーライドします。)
プロテクト メソッドOnQueryContinueDrag未処理の DragDrop.QueryContinueDrag 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnQueryCursor未処理の Mouse.QueryCursor 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnRender TextBlock のコンテンツをレンダリングします。 (UIElement.OnRender(DrawingContext) をオーバーライドします。)
プロテクト メソッドOnRenderSizeChanged指定した情報を最終的なイベント データの一部として使用して SizeChanged イベントを発生させます。 (FrameworkElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnStyleChangedこの要素で使用されているスタイルが変更された場合に呼び出されます。スタイルが変更されるとレイアウトが無効になります。 (FrameworkElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnStylusButtonDown未処理の Stylus.StylusButtonDown 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnStylusButtonUp未処理の Stylus.StylusButtonUp 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnStylusDown未処理の Stylus.StylusDown 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnStylusEnter未処理の Stylus.StylusEnter 添付イベントがこの要素で発生すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnStylusInAirMove未処理の Stylus.StylusInAirMove 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnStylusInRange未処理の Stylus.StylusInRange 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnStylusLeave未処理の Stylus.StylusLeave 添付イベントがこの要素で発生すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnStylusMove未処理の Stylus.StylusMove 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnStylusOutOfRange未処理の Stylus.StylusOutOfRange 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnStylusSystemGesture未処理の Stylus.StylusSystemGesture 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnStylusUp未処理の Stylus.StylusUp 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnTextInput未処理の TextCompositionManager.TextInput 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnToolTipClosing未処理の ToolTipClosing ルーティング イベントが、その経路上でこのクラスに到達するたびに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (FrameworkElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnToolTipOpening ToolTipOpening ルーティング イベントが、その経路上でこのクラスに到達するたびに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。 (FrameworkElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnTouchDownこの要素の内部がタッチで押されたときに発生する TouchDown ルーティング イベントのクラス処理を提供します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnTouchEnterこの要素の境界の外部から内部にタッチが移動したときに発生する TouchEnter ルーティング イベントのクラス処理を提供します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnTouchLeaveタッチがこの UIElement の境界の内部から外部に移動したときに発生する TouchLeave ルーティング イベントのクラス処理を提供します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnTouchMoveタッチがこの要素の内部にある間にタッチが移動すると発生する TouchMove ルーティング イベントのクラス処理を提供します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnTouchUpこの要素の内部のタッチが解放されたときに発生する TouchUp ルーティング イベントのクラス処理を提供します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnVisualChildrenChangedビジュアル オブジェクトの VisualCollection が変更されると、呼び出されます。 (Visual から継承されます。)
プロテクト メソッドOnVisualParentChangedビジュアル ツリーでこの要素の親が変更されると呼び出されます。 OnVisualParentChanged をオーバーライドします。 (FrameworkElement から継承されます。)
プロテクト メソッドParentLayoutInvalidated FrameworkElement の特殊なサブクラスでインクリメンタル レイアウトの実装をサポートします。 ParentLayoutInvalidated は、レイアウト時に親の測定パスや配置パスに影響を与えるものとしてメタデータでマークされているプロパティが、子要素で無効にされた場合に呼び出されます。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック メソッドPointFromScreen画面座標における Point を、Visual の現在の座標系を表す Point に変換します。 (Visual から継承されます。)
パブリック メソッドPointToScreen Visual の現在の座標系を表す Point を、画面座標における Point に変換します。 (Visual から継承されます。)
パブリック メソッドPredictFocusこの要素を基準に、指定したフォーカスの移動方向で次にフォーカスを受け取る要素を特定します。ただし、実際のフォーカスの移動は行われません。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック メソッドRaiseEvent特定のルーティング イベントを発生させます。 発生する RoutedEvent は、指定した RoutedEventArgs インスタンス内で (そのイベント データの RoutedEvent プロパティとして) 識別されます。 (UIElement から継承されます。)
パブリック メソッドReadLocalValue依存関係プロパティのローカル値が存在する場合に、そのローカル値を返します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドRegisterName NameScope の登録メソッドへのアクセスを簡略化するアクセサーを提供します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック メソッドReleaseAllTouchCapturesキャプチャされているすべてのタッチ デバイスをこの要素から解放します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック メソッドReleaseMouseCapture この要素がマウス キャプチャを保持していた場合、キャプチャを解放します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック メソッドReleaseStylusCapture この要素がスタイラス デバイス キャプチャを保持していた場合、キャプチャを解放します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック メソッドReleaseTouchCapture指定されたタッチ デバイスをこの要素から解放することを試みます。 (UIElement から継承されます。)
パブリック メソッドRemoveHandler 指定したルーティング イベント ハンドラーをこの要素から削除します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドRemoveLogicalChild指定したオブジェクトをこの要素の論理ツリーから削除します。 FrameworkElement は、この削除との同期を維持するために、影響を受ける論理ツリー親ポインターを更新します。 (FrameworkElement から継承されます。)
プロテクト メソッドRemoveVisualChild2 つのビジュアル間の親子リレーションシップを削除します。 (Visual から継承されます。)
パブリック メソッド静的メンバーSetBaselineOffset指定した依存関係オブジェクトの BaselineOffset 添付プロパティの値を設定します。
パブリック メソッドSetBinding(DependencyProperty, String)指定したソース プロパティ名をデータ ソースへのパスの修飾として使用して、この要素にバインディングを添付します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック メソッドSetBinding(DependencyProperty, BindingBase)指定したバインディング オブジェクトに基づいてこの要素にバインディングを添付します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック メソッドSetBinding(DependencyProperty, Binding) (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック メソッドSetCurrentValue依存関係プロパティ値のソースを変更せずにその値を設定します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッド静的メンバーSetFontFamily指定した依存関係オブジェクトの FontFamily 添付プロパティの値を設定します。
パブリック メソッド静的メンバーSetFontSize指定した依存関係オブジェクトの FontSize 添付プロパティの値を設定します。
パブリック メソッド静的メンバーSetFontStretch指定した依存関係オブジェクトの FontStretch 添付プロパティの値を設定します。
パブリック メソッド静的メンバーSetFontStyle指定した依存関係オブジェクトの FontStyle 添付プロパティの値を設定します。
パブリック メソッド静的メンバーSetFontWeight指定した依存関係オブジェクトの FontWeight 添付プロパティの値を設定します。
パブリック メソッド静的メンバーSetForeground指定した依存関係オブジェクトの Foreground 添付プロパティの値を設定します。
パブリック メソッド静的メンバーSetLineHeight指定した依存関係オブジェクトの LineHeight 添付プロパティの値を設定します。
パブリック メソッド静的メンバーSetLineStackingStrategy指定した依存関係オブジェクトの LineStackingStrategy 添付プロパティの値を設定します。
パブリック メソッドSetResourceReference指定した名前のリソースを検索し、指定したプロパティにそのリソースへのリソース参照を設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック メソッド静的メンバーSetTextAlignment指定した依存関係オブジェクトの TextAlignment 添付プロパティの値を設定します。
パブリック メソッドSetValue(DependencyProperty, Object)依存関係プロパティ識別子を指定して、該当する依存関係プロパティのローカル値を設定します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドSetValue(DependencyPropertyKey, Object)読み取り専用の依存関係プロパティの DependencyPropertyKey 識別子を指定して、該当する依存関係プロパティのローカル値を設定します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドShouldSerializeBaselineOffset TextBlock オブジェクトのシリアル化中に BaselineOffset プロパティの有効値をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。
パブリック メソッドShouldSerializeCommandBindingsシリアル化プロセスが、このクラスのインスタンスに関する CommandBindings プロパティの内容をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック メソッドShouldSerializeInlines TextBlock オブジェクトのシリアル化中に Inlines プロパティの有効値をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。
パブリック メソッドShouldSerializeInputBindingsシリアル化プロセスが、このクラスのインスタンスに関する InputBindings プロパティの内容をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドShouldSerializePropertyシリアル化プロセスが、指定された依存関係プロパティの値をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドShouldSerializeResourcesシリアル化プロセスが、Resources プロパティの内容をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック メソッドShouldSerializeStyleシリアル化プロセスが、Style プロパティの内容をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック メソッドShouldSerializeText TextBlock オブジェクトのシリアル化中に Text プロパティの有効値をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。
パブリック メソッドShouldSerializeTriggersシリアル化プロセスが、Triggers プロパティの内容をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック メソッドToString 現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドTransformToAncestor(Visual) Visual からビジュアル オブジェクトの指定した Visual の先祖に座標を変換するために使用できる変換を返します。 (Visual から継承されます。)
パブリック メソッドTransformToAncestor(Visual3D) Visual からビジュアル オブジェクトの指定した Visual3D の先祖に座標を変換するために使用できる変換を返します。 (Visual から継承されます。)
パブリック メソッドTransformToDescendant Visual から指定したビジュアル オブジェクトの子孫に座標を変換するために使用できる変換を返します。 (Visual から継承されます。)
パブリック メソッドTransformToVisual(UIElement) (UIElement から継承されます。)
パブリック メソッドTransformToVisual(Visual) Visual から指定したビジュアル オブジェクトに座標を変換するために使用できる変換を返します。 (Visual から継承されます。)
パブリック メソッドTranslatePointこの要素に相対的なポイントを、指定した要素に対する相対座標に変換します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック メソッドTryFindResource指定したキーを持つリソースを検索し、見つかった場合はそのリソースを返します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック メソッドUnregisterName NameScope の登録解除メソッドへのアクセスを簡略化します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック メソッドUpdateDefaultStyle現在の FrameworkElement に既定のスタイルを再度適用します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック メソッドUpdateLayoutこの要素のすべての子ビジュアル要素のレイアウトが正常に更新されるようにします。 (UIElement から継承されます。)
パブリック メソッドVerifyAccess呼び出し元のスレッドがこの DispatcherObject にアクセスできるように強制します。 (DispatcherObject から継承されます。)
このページのトップへ

  名前説明
パブリック イベントBindingValidationError (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック イベントContextMenuClosing要素のコンテキスト メニューが閉じる直前に発生します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック イベントContextMenuOpening要素のコンテキスト メニューが開くときに発生します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック イベントDataContextChangedこの要素のデータ コンテキストが変更されたときに発生します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック イベントDoubleTap (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントDragEnterこの要素をドラッグ先とする、基になるドラッグ イベントが入力システムによって報告されたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントDragLeaveこの要素をドラッグ元とする、基になるドラッグ イベントが入力システムによって報告されたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントDragOverこの要素をドロップ先の候補とする、基になるドラッグ イベントが入力システムによって報告されたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントDropこの要素をドロップ先とする、基になるドロップ イベントが入力システムによって報告されたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントFocusableChanged Focusable プロパティの値が変化したときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントGiveFeedback入力システムがこの要素を対象とするドラッグ アンド ドロップ イベントを報告したときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントGotFocusこの要素が論理フォーカスを取得したときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントGotKeyboardFocusこの要素にキーボード フォーカスが移動したときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントGotMouseCaptureこの要素がマウスをキャプチャしたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントGotStylusCaptureこの要素がスタイラスをキャプチャしたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントGotTouchCaptureタッチがこの要素にキャプチャされると発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントHold (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントInitializedこの FrameworkElement が初期化されるときに発生します。 このイベントと同時に、IsInitialized プロパティの値が false (未定義) から true に変更されます。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック イベントIsEnabledChangedこの要素の IsEnabled プロパティの値が変更されたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントIsHitTestVisibleChangedこの要素の IsHitTestVisible 依存関係プロパティの値が変更されたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントIsKeyboardFocusedChangedこの要素の IsKeyboardFocused プロパティの値が変更されたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントIsKeyboardFocusWithinChangedこの要素の IsKeyboardFocusWithinChanged プロパティの値が変更されたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントIsMouseCapturedChangedこの要素の IsMouseCaptured プロパティの値が変更されたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントIsMouseCaptureWithinChangedこの要素の IsMouseCaptureWithinProperty の値が変更されたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントIsMouseDirectlyOverChangedこの要素の IsMouseDirectlyOver プロパティの値が変更されたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントIsStylusCapturedChangedこの要素の IsStylusCaptured プロパティの値が変更されたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントIsStylusCaptureWithinChangedこの要素の IsStylusCaptureWithin プロパティの値が変更されたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントIsStylusDirectlyOverChangedこの要素の IsStylusDirectlyOver プロパティの値が変更されたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントIsVisibleChangedこの要素の IsVisible プロパティの値が変更されたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントKeyDownこの要素にフォーカスがあるときにキーが押されると発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントKeyUpこの要素にフォーカスがあるときにキーが離されると発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントLayoutUpdated現在の Dispatcher に関連付けられた各種ビジュアル要素のレイアウトが変更されたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントLoaded要素の配置、描画、および操作の準備が完了したときに発生します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック イベントLostFocusこの要素が論理フォーカスを失ったときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントLostKeyboardFocusこの要素がキーボード フォーカスを失うと発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントLostMouseCaptureこの要素がマウス キャプチャを失ったときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントLostStylusCaptureこの要素がスタイラス キャプチャを失ったときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントLostTouchCaptureこの要素がタッチのキャプチャを失うと発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントManipulationBoundaryFeedback操作中に境界に到達したときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントManipulationCompleted UIElement オブジェクトの操作および慣性による処理が完了すると発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントManipulationDelta操作中に入力デバイスが位置を変更したときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントManipulationInertiaStarting入力デバイスが操作中に UIElement オブジェクトとの接続を失い、慣性による処理が開始されると発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントManipulationStarted入力デバイスで UIElement オブジェクトの操作を開始すると発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントManipulationStarting操作プロセッサを初めて作成するときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントMouseDownこの要素の上にポインターがある状態でマウス ボタンが押されたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントMouseEnterマウス ポインターがこの要素の境界内に入ったときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントMouseLeaveマウス ポインターがこの要素の境界内から出たときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントMouseLeftButtonDownこの要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの左ボタンが押されたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントMouseLeftButtonUpこの要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの左ボタンが離されたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントMouseMoveこの要素の上でマウス ポインターが動かされたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントMouseRightButtonDownこの要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの右ボタンが押されたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントMouseRightButtonUpこの要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの右ボタンが離されたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントMouseUpこの要素の上でいずれかのマウス ボタンが離されたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントMouseWheelこの要素の上にマウス ポインターがある状態でユーザーがマウス ホイールを使用したときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントPreviewDragEnterこの要素をドラッグ先とする、基になるドラッグ イベントが入力システムによって報告されたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントPreviewDragLeaveこの要素をドラッグ元とする、基になるドラッグ イベントが入力システムによって報告されたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントPreviewDragOverこの要素をドロップ先の候補とする、基になるドラッグ イベントが入力システムによって報告されたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントPreviewDropこの要素をドロップ先とする、基になるドロップ イベントが入力システムによって報告されたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントPreviewGiveFeedbackドラッグ アンド ドロップ操作が開始されたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントPreviewGotKeyboardFocusこの要素にキーボード フォーカスが移動したときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントPreviewKeyDownこの要素にフォーカスがあるときにキーが押されると発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントPreviewKeyUpこの要素にフォーカスがあるときにキーが離されると発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントPreviewLostKeyboardFocusこの要素からキーボード フォーカスが離れたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントPreviewMouseDownこの要素の上にポインターがある状態でマウス ボタンが押されたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントPreviewMouseLeftButtonDownこの要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの左ボタンが押されたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントPreviewMouseLeftButtonUpこの要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの左ボタンが離されたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントPreviewMouseMoveこの要素上でマウス ポインターが動かされたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントPreviewMouseRightButtonDownこの要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの右ボタンが押されたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントPreviewMouseRightButtonUpこの要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの右ボタンが離されたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントPreviewMouseUpこの要素の上にマウス ポインターがある状態でいずれかのマウス ボタンが離されたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントPreviewMouseWheelこの要素の上にマウス ポインターがある状態でユーザーがマウス ホイールを使用したときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントPreviewQueryContinueDragドラッグ アンド ドロップ操作の実行中にキーボードまたはマウス ボタンの状態が変化したときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントPreviewStylusButtonDownこの要素の上にポインターがある状態でスタイラス ボタンが押されたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントPreviewStylusButtonUpこの要素の上にポインターがある状態でスタイラス ボタンが離されたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントPreviewStylusDownスタイラスがこの要素上にあるときにデジタイザーに触れると発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントPreviewStylusInAirMoveスタイラスがデジタイザーに実際に触れることなく要素上を移動すると発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントPreviewStylusInRangeスタイラスがこの要素上にあるときにデジタイザーに近づいたことが検出されると発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントPreviewStylusMoveスタイラスが要素上にあるときに移動すると発生します。 このイベントを発生させるには、デジタイザーによって検出されている間にスタイラスを移動する必要があります。それ以外の場合は、代わりに PreviewStylusInAirMove が発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントPreviewStylusOutOfRangeスタイラスがデジタイザーから遠すぎて検出されないときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントPreviewStylusSystemGestureユーザーがいずれかのスタイラス ジェスチャを実行したときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントPreviewStylusUpスタイラスがこの要素上にあるときに、ユーザーがスタイラスをデジタイザーから離すと発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントPreviewTextInputこの要素がデバイスに依存しない方法でテキストを取得したときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントPreviewTouchDown指がこの要素上にあるときに指が画面に触れると発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントPreviewTouchMove指がこの要素上にあるときに指が画面上を移動すると発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントPreviewTouchUp指がこの要素上にあるときに指が画面から離れると発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントQueryContinueDragドラッグ アンド ドロップ操作の実行中にキーボードまたはマウス ボタンの状態が変化したときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントQueryCursorカーソルの表示が要求されると発生します。 このイベントは、マウス ポインターが新しい場所に移動するたび、つまり、新しい位置に基づいてカーソル オブジェクトの変更が必要となる可能性がある場合に、要素上で発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントRequestBringIntoViewこの要素で BringIntoView が呼び出されると発生します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック イベントSizeChangedこの要素の ActualHeight プロパティまたは ActualWidth プロパティの値が変更されると発生します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック イベントSourceUpdatedこの要素の既存のプロパティ バインディングのソース値が変更されると発生します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック イベントStylusButtonDownこの要素の上にポインターがある状態でスタイラス ボタンが押されたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントStylusButtonUpこの要素の上にポインターがある状態でスタイラス ボタンが離されたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントStylusDownスタイラスがこの要素上にあるときにデジタイザーに触れると発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントStylusEnterスタイラスがこの要素の境界内に入ったときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントStylusInAirMoveスタイラスがデジタイザーに実際に触れることなく要素上を移動すると発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントStylusInRangeスタイラスがこの要素上にあるときにデジタイザーに近づいたことが検出されると発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントStylusLeaveスタイラスが要素の境界内から出たときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントStylusMoveスタイラスがこの要素上を移動すると発生します。 このイベントを発生させるには、デジタイザー上でスタイラスを移動する必要があります。 それ以外の場合は、代わりに StylusInAirMove が発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントStylusOutOfRangeスタイラスがこの要素上にあるものの、デジタイザーから遠すぎて検出されないときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントStylusSystemGestureユーザーがいずれかのスタイラス ジェスチャを実行したときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントStylusUpスタイラスがこの要素上にあるときに、ユーザーがスタイラスをデジタイザーから離すと発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントTap (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントTargetUpdatedこの要素のプロパティ バインディングのターゲット値が変更されると発生します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック イベントTextInputこの要素がデバイスに依存しない方法でテキストを取得したときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントTextInputStart (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントTextInputUpdate (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントToolTipClosing要素のツールヒントが閉じる直前に発生します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック イベントToolTipOpening要素のツールヒントが開かれたときに発生します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック イベントTouchDown指がこの要素上にあるときに指が画面に触れると発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントTouchEnterタッチがこの要素の境界の外部から内部に移動すると発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントTouchLeaveタッチがこの要素の境界の内部から外部に移動すると発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントTouchMove指がこの要素上にあるときに指が画面上を移動すると発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントTouchUp指がこの要素上にあるときに指が画面から離れると発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントUnloaded読み込まれた要素の要素ツリーから要素が削除されたときに発生します。 (FrameworkElement から継承されます。)
このページのトップへ

  名前説明
パブリック フィールド静的メンバーBackgroundProperty Background  依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーBaselineOffsetProperty BaselineOffset  依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーCharacterSpacingProperty
パブリック フィールド静的メンバーFontFamilyProperty FontFamily  依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーFontSizeProperty FontSize  依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーFontStretchProperty FontStretch  依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーFontStyleProperty FontStyle  依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーFontWeightProperty FontWeight  依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーForegroundProperty Foreground  依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーIsHyphenationEnabledProperty IsHyphenationEnabled  依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーLineHeightProperty LineHeight  依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーLineStackingStrategyProperty LineStackingStrategy  依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーPaddingProperty Padding  依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーTextAlignmentProperty TextAlignment  依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーTextDecorationsProperty TextDecorations  依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーTextEffectsProperty TextEffects  依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーTextProperty Text  依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーTextTrimmingProperty TextTrimming  依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーTextWrappingProperty TextWrapping  依存関係プロパティを識別します。
このページのトップへ

  名前説明
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッドIAddChild.AddChildこのメンバーは、Windows Presentation Foundation (WPF) インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッドIAddChild.AddTextこのメンバーは、Windows Presentation Foundation (WPF) インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッドIContentHost.GetRectanglesこのメソッドは、Windows Presentation Foundation (WPF) インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。代わりに、タイプ セーフな GetRectanglesCore メソッドを使用してください。
明示的なインターフェイス実装プライベート プロパティIContentHost.HostedElementsこの型またはメンバーは Windows Presentation Foundation (WPF) インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。代わりに、タイプ セーフな HostedElementsCore プロパティを使用してください。
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッドIContentHost.InputHitTestこのメソッドは、Windows Presentation Foundation (WPF) インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。代わりに、タイプ セーフな InputHitTestCore メソッドを使用してください。
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッドIContentHost.OnChildDesiredSizeChangedこのメソッドは、Windows Presentation Foundation (WPF) インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。代わりに、タイプ セーフな OnChildDesiredSizeChangedCore メソッドを使用してください。
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッドIQueryAmbient.IsAmbientPropertyAvailableこのメンバーの説明については、IsAmbientPropertyAvailable メソッドに関するトピックを参照してください。 (FrameworkElement から継承されます。)
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッドIServiceProvider.GetServiceこのメソッドは、Windows Presentation Foundation (WPF) インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。
このページのトップへ

TextBlock では、その Text プロパティに文字列を含めるか、Inlines プロパティに BoldHyperlinkInlineUIContainer などの Inline フロー コンテンツ要素を含めることができます。

TextBlock は 軽量となるように設計されており、フロー コンテンツの小さい部分の統合に ユーザー インターフェイス (UI)に特に適しています。になります。TextBlock は一方向の表示のために最適化され、表示するコンテンツの数行まで、優れたパフォーマンスを実現します。

TextBlock は、数行以上のコンテンツを表示する必要があるシナリオには適していません。このようなシナリオでは、FlowDocument を適切な表示コントロールと組み合わせて使用すると、TextBlock より優れたパフォーマンスが得られます。TextBlockの後に、FlowDocumentScrollViewer はフロー コンテンツを表示するための次の軽量のコントロールだけであり、最小限の UIをスクロールのコンテンツ領域になります。FlowDocumentPageViewer はフロー コンテンツの「ページ」時間の表示モードを中心に最適化されます。FlowDocumentReader はフロー コンテンツを表示する機能を最も豊富にサポートしていますが、その分ヘビーウェイトになっています。

TextBlock 内でテキストを水平方向に配置するには、TextAlignment プロパティを使用します。 ページのレイアウト内で TextBlock を配置するには、HorizontalAlignment プロパティおよび VerticalAlignment プロパティを使用します。

TextBlock 要素を使用する方法を次の例に示します。


<TextBlock Name="textBlock1" TextWrapping="Wrap">
  <Bold>TextBlock</Bold> is designed to be <Italic>lightweight</Italic>,
  and is geared specifically at integrating <Italic>small</Italic> portions
  of flow content into a UI.
</TextBlock>
<Button Width="100" Margin="10">Click Me</Button>
<TextBlock  Name="textBlock2" 
  TextWrapping="Wrap" Background="AntiqueWhite" TextAlignment="Center"
>
  By default, a TextBlock provides no UI beyond simply displaying its contents.
</TextBlock>
<Button Width="100" Margin="10">Click Me</Button>


この例の表示結果を次の図に示します。

スクリーンショット: TextBlock とボタン

プログラムによって同様の結果を得る方法を次の例に示します。


TextBlock textBlock1 = new TextBlock();
TextBlock textBlock2 = new TextBlock();

textBlock1.TextWrapping = textBlock2.TextWrapping = TextWrapping.Wrap;
textBlock2.Background = Brushes.AntiqueWhite;
textBlock2.TextAlignment = TextAlignment.Center;

textBlock1.Inlines.Add(new Bold(new Run("TextBlock")));
textBlock1.Inlines.Add(new Run(" is designed to be "));
textBlock1.Inlines.Add(new Italic(new Run("lightweight")));
textBlock1.Inlines.Add(new Run(", and is geared specifically at integrating "));
textBlock1.Inlines.Add(new Italic(new Run("small")));
textBlock1.Inlines.Add(new Run(" portions of flow content into a UI."));

textBlock2.Text =
    "By default, a TextBlock provides no UI beyond simply displaying its contents.";


.NET Framework

サポート対象 : 4.5.2、4.5.1、4.5、4、3.5、3.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象 : 4、3.5 SP1

Windows Phone アプリ用 .NET

サポート対象 : Windows Phone 8、Silverlight 8.1

Windows Phone 8.1, Windows Phone 8, Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, Windows Vista SP2, Windows Server 2008 (サーバー コア ロールはサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降でサーバー コア ロールをサポート。Itanium はサポート対象外)

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft