エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Selector.SelectedValuePath プロパティ

2013/12/12

SelectedItem プロパティの SelectedValue プロパティを取得するために使用されるプロパティ パスを取得または設定します。

Namespace:  System.Windows.Controls.Primitives
アセンブリ:  System.Windows (System.Windows.dll 内)
XAML の XMLNS: xmlns にマップされていません。

public string SelectedValuePath { get; set; }
<selector SelectedValuePath="propertyPath"/>

XAML 値

propertyPath

オブジェクト プロパティへの単純なドット構文パスとして評価される文字列です。

プロパティ値

型: System.String
SelectedItem プロパティの SelectedValue プロパティを取得するのに使用されるプロパティ パス。既定値は、Empty です。

依存関係プロパティの識別子フィールド:  SelectedValuePathProperty

SelectedValuePath を使用して、SelectedValue プロパティによって返される値を指定します。たとえば、型 Employee のオブジェクトのコレクションにバインドされた Selector から派生したコントロールがあり、Employee の 2 つのプロパティの名前が EmployeeName および EmployeeNumber であるとします。SelectedValuePath を "EmployeeNumber" に設定することにより、SelectedValueEmployeeNumber の値を返すようにすることができます。

ComboBox コントロールで、SelectedValuePath プロパティと SelectedValue プロパティを使用する例を次に示します。DisplayMemberPath が、表示されたドキュメントの名前に設定され、SelectedValuePathID プロパティに設定されます。この例では、選択した項目の ID が画面に表示されるだけですが、実際のアプリケーションでは、それを使用して、選択したオブジェクトを取得できます。


public partial class MainPage : PhoneApplicationPage
{

    public System.Collections.ObjectModel.ObservableCollection<Document> MyDocs =
        new System.Collections.ObjectModel.ObservableCollection<Document>();
    public MainPage()
    {
        InitializeComponent();

        // Add items to the collection.
        MyDocs.Add(new Document("How to: Use SelectedValuePath"));
        MyDocs.Add(new Document("DataGrid Overview"));
        MyDocs.Add(new Document("Windows Phone Designer Overview"));
        comboBox1.DataContext = MyDocs;
        textBlock2.DataContext = comboBox1;
    }
}

// Simple business object.
public class Document
{
    public Document() { }
    public Document(string docName)
    {
        ID = Guid.NewGuid();
        Name = docName;
    }
    public string Name { get; set; }
    public Guid ID { get; set; }

}



    <phone:PhoneApplicationPage x:Class="SelectedValuePath.MainPage"
    xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
    xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
xmlns:phone="clr-namespace:Microsoft.Phone.Controls;assembly=Microsoft.Phone"
xmlns:shell="clr-namespace:Microsoft.Phone.Shell;assembly=Microsoft.Phone"
    xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008"
    xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006"
    mc:Ignorable="d"
    d:DesignHeight="300" d:DesignWidth="400">
    <StackPanel x:Name="LayoutRoot" Background="Transparent" Height="312" Width="400">
        <ComboBox Height="23" ItemsSource="{Binding}" DisplayMemberPath="Name" 
                  SelectedValuePath="ID" 
                  HorizontalAlignment="Left" Margin="5" Name="comboBox1" 
                   Width="238" />
        <TextBlock Height="18" HorizontalAlignment="Left" Margin="5" 
                   Name="textBlock1" Text="Selected Value (GUID):"  Width="238" />
        <TextBlock Height="32" HorizontalAlignment="Left"  Name="textBlock2" 
                   Width="238" Text="{Binding SelectedValue}"/>
    </StackPanel>
</phone:PhoneApplicationPage>


Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1

表示:
© 2014 Microsoft