エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

MediaElement クラス

2013/12/12

オーディオ、ビデオまたは両方を含むオブジェクトを表します。

System.Object
  System.Windows.DependencyObject
    System.Windows.UIElement
      System.Windows.FrameworkElement
        System.Windows.Controls.MediaElement

Namespace:  System.Windows.Controls
アセンブリ:  System.Windows (System.Windows.dll 内)
XAML の XMLNS: xmlns にマップされていません。

public sealed class MediaElement : FrameworkElement

MediaElement 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック メソッドMediaElementMediaElement クラスの新しいインスタンスを生成します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック プロパティActualHeightFrameworkElement の描画時の高さを取得します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティActualWidthFrameworkElement の描画時の幅を取得します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティAllowDropこの UIElement をドラッグ アンド ドロップ操作の対象として使用できるかどうかを判断する値を取得または設定します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティAudioStreamCount現在のメディア ファイルで使用可能なオーディオ ストリームの数を取得します。
パブリック プロパティAudioStreamIndexビデオ コンポーネントと共に再生するオーディオ ストリームのインデックスを取得または設定します。オーディオ ストリームのコレクションは実行時に構成され、メディア ファイル内で使用可能なオーディオ ストリームすべてを表します。
パブリック プロパティAutoPlaySource プロパティが設定された場合に、メディアが自動的に再生を開始するかどうかを示す値を取得または設定します。
パブリック プロパティBalance左右のステレオ スピーカーのボリュームの比率を取得または設定します。
パブリック プロパティBufferingProgress現在のバッファリングの進行状況を表す値を取得します。
パブリック プロパティBufferingTimeバッファー処理する時間数を取得または設定します。このプロパティの値は、Windows Phone OS 7.1 と Windows Phone OS 8.0 では無視されます。
パブリック プロパティCacheModeレンダリングされたコンテンツを可能な場合にキャッシュするように指示する値を取得または設定します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティCanPausePause メソッドが呼び出されたときにメディアを一時停止できるかどうかを示す値を取得します。
パブリック プロパティCanSeekPosition プロパティの値を設定してメディアを再配置できるかどうかを示す値を取得します。
パブリック プロパティClipUIElement のコンテンツのアウトラインの定義に使用する Geometry を取得または設定します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティCurrentStateMediaElement の状態を取得します。
パブリック プロパティCursorインフラストラクチャ。 ポインターが FrameworkElement の上にあるときに表示されるカーソル イメージを取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティDataContextFrameworkElement がデータ バインディングに関与するときにそのデータ コンテキストを取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティDesiredSizeレイアウト処理の測定パスの実行中にこの UIElement が計算したサイズを取得します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティDispatcherこのオブジェクトに関連付けられている Dispatcher を取得します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック プロパティDownloadProgressリモート サーバーにあるコンテンツのダウンロードが完了した量を示すパーセント値を取得します。
パブリック プロパティDownloadProgressOffsetダウンロードの進行状況のオフセットを取得します。
パブリック プロパティDroppedFramesPerSecondメディアによりドロップされた 1 秒あたりのフレーム数を取得します。
パブリック プロパティFlowDirectionレイアウトを制御する親要素内でのテキストやその他のユーザー インターフェイス要素のフロー方向を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティHeightFrameworkElement の高さの推奨値を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティHorizontalAlignmentFrameworkElement がレイアウトの親 (パネル コントロールや項目コントロールなど) の一部となる場合に適用される水平方向の配置の特性を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティIsHitTestVisibleこの UIElement に含まれる領域が、ヒット テストに対して true 値を返すことができるかどうかを示す値を取得または設定します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティIsMutedオーディオがミュートされているかどうかを示す値を取得または設定します。
パブリック プロパティLanguageFrameworkElement に適用されるローカリゼーション/グローバリゼーション言語情報を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティLicenseAcquirerMediaElement に関連付けられた LicenseAcquirer を取得または設定します。LicenseAcquirer は、DRM で暗号化されたコンテンツのライセンスの取得を処理します。
パブリック プロパティMarginFrameworkElement の外側の余白を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティMarkers現在読み込まれているメディア ファイルと関連付けられたタイムライン マーカーのコレクションを取得します。
パブリック プロパティMaxHeightFrameworkElement の高さの上限を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティMaxWidthFrameworkElement の幅の上限を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティMinHeightFrameworkElement の高さの下限を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティMinWidthFrameworkElement の幅の下限を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティNameオブジェクトの識別名を取得または設定します。XAML プロセッサが XAML マークアップからオブジェクト ツリーを作成すると、ランタイム コードでは、XAML で宣言されたオブジェクトをこの名前で参照できます。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティNaturalDuration現在開いているメディア ファイルの継続時間を取得します。
パブリック プロパティNaturalVideoHeightメディアに関連付けられているビデオの高さを取得します。
パブリック プロパティNaturalVideoWidthメディアに関連付けられているビデオの幅を取得します。
パブリック プロパティOpacityオブジェクトの不透明度を取得または設定します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティOpacityMaskこのオブジェクトの領域の不透明度を変更する場合に使用するブラシを取得または設定します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティParentオブジェクト ツリーにおけるこの FrameworkElement の親オブジェクトを取得します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティPositionメディアの再生の経過時間を示す現在の位置を取得または設定します。
パブリック プロパティProjectionUIElement のレンダリング時に適用されるパースペクティブ射影 (3-D 効果) を取得または設定します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティRenderedFramesPerSecondメディアによってレンダリングされる 1 秒あたりのフレーム数を取得します。
パブリック プロパティRenderSizeUIElement の最終的な描画サイズを取得します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティRenderTransformUIElement の描画位置に影響する変換情報を取得または設定します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティRenderTransformOriginRenderTransform によって宣言された任意の描画変換の、UIElement の境界に対する原点を取得または設定します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティResourcesローカルで定義されたリソース ディクショナリを取得します。XAML では、XAML の暗黙的なコレクション構文を使用して、frameworkElement.Resources プロパティ要素の子オブジェクト要素としてリソース項目を設定できます。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティSourceMediaElement のメディア ソースを取得または設定します。
パブリック プロパティStretchMediaElement が表示先の四角形を埋める方法を表す Stretch 値を取得または設定します。
パブリック プロパティStyleレンダリング中にこのオブジェクトに適用される Style インスタンスを取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティTagこのオブジェクトに関するカスタム情報を格納するために使用できる任意のオブジェクト値を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティTriggersFrameworkElement に対して定義されたアニメーションのトリガーのコレクションを取得します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティUseLayoutRoundingオブジェクトとそのビジュアル サブツリーの描画で、描画をピクセル単位に揃える丸め処理を使用するかどうかを決定する値を取得または設定します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティUseOptimizedManipulationRoutingシステムが入力イベントを処理するか、FrameworkElement が入力イベントを処理するかを示す値を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティVerticalAlignmentFrameworkElement が親オブジェクト (パネル コントロールや項目コントロールなど) の一部となる場合に適用される垂直方向の配置の特性を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティVisibilityUIElement の可視性を取得または設定します。表示されない UIElement は描画されず、レイアウトに対して必要サイズも伝達されません。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティVolumeメディアのボリュームを取得または設定します。
パブリック プロパティWidthFrameworkElement の幅を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
このページのトップへ

  名前説明
パブリック メソッドAddHandler指定したルーティング イベントのルーティング イベント ハンドラーを、現在の要素のハンドラー コレクションに追加します。イベント ルート上の他の要素により既に処理済みとしてマークされているルーティング イベントに対し、指定したハンドラーが呼び出されるようにするには、handledEventsTootrue に指定します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック メソッドArrange子オブジェクトを配置し、UIElement のサイズを決定します。子要素に対してカスタム レイアウトを実装する親オブジェクトは、それらのレイアウトのオーバーライド実装からこのメソッドを呼び出し、レイアウトを再帰的に更新する必要があります。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドArrangeOverrideWindows Phone レイアウトの配置パスの動作を提供します。クラスはこのメソッドをオーバーライドして、独自の配置パス動作を定義できます。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック メソッドCaptureMouseUIElement にタッチ キャプチャを設定します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック メソッドCheckAccess呼び出しスレッドが、このオブジェクトにアクセスできるかどうかを判断します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドClearValue依存関係プロパティのローカル値をクリアします。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドEquals(Object)指定した Object が、現在の Object と等しいかどうかを判断します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドFinalizeObject がガベージ コレクションで再利用される前に、Object がリソースを解放して他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドFindName指定した識別名を持つオブジェクトを取得します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック メソッドGetAnimationBaseValueアニメーションがアクティブでない場合に適用される、Windows Phone 依存関係プロパティに対し設定されている基本値を返します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドGetBindingExpressionバインディングが確立された依存関係プロパティの BindingExpression を取得します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック メソッドGetHashCode特定の型のハッシュ関数として機能します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetType現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetValueDependencyObject から依存関係プロパティの現在の有効値を返します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドInvalidateArrangeUIElement の配置状態 (レイアウト) を無効にします。無効にした後、UIElement のレイアウトが更新されます。更新は非同期で行われます。 (UIElement から継承されます。)
パブリック メソッドInvalidateMeasureUIElement の測定状態 (レイアウト) を無効にします。 (UIElement から継承されます。)
パブリック メソッドMeasureUIElementDesiredSize を更新します。通常、レイアウトの子のカスタム レイアウトを実装するオブジェクトは、独自の MeasureOverride 実装からこのメソッドを呼び出し、レイアウトを再帰的に更新します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドMeasureOverrideWindows Phone レイアウトの測定パスの動作を提供します。クラスはこのメソッドをオーバーライドして、独自の測定パス動作を定義できます。 (FrameworkElement から継承されます。)
プロテクト メソッドMemberwiseClone現在の Object の簡易コピーを作成します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドOnApplyTemplate派生クラスでオーバーライドされると、アプリケーション コードや内部プロセス (再構築レイアウト パスなど) で ApplyTemplate が呼び出されるたびに呼び出されます。簡単に言えば、メソッドは、アプリケーションに UI 要素が表示される直前に呼び出されることになります。詳細については、「解説」を参照してください。 (FrameworkElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnCreateAutomationPeer派生クラスで実装された場合、Windows Phone オートメーション インフラストラクチャの、クラス固有の AutomationPeer 実装を返します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック メソッドPauseメディアを現在の位置で一時停止します。
パブリック メソッドPlayメディアを現在の位置から再生します。
パブリック メソッドReadLocalValueローカル値が設定されている場合、依存関係プロパティのローカル値を返します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドReleaseMouseCaptureUIElement からタッチ キャプチャを削除します。この呼び出しの後には、通常、タッチ キャプチャを保持しているオブジェクトがなくなります。 (UIElement から継承されます。)
パブリック メソッドRemoveHandler指定したルーティング イベント ハンドラーをこの UIElement から削除します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック メソッドRequestLogログを生成する要求を送信します。ログは、LogReady イベントを通して発生します。
パブリック メソッドSetBinding指定されたバインディング オブジェクトを使用して FrameworkElement にバインディングをアタッチし、後で使用できるように BindingExpressionBase を返します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック メソッドSetSource(MediaStreamSource)MediaElement のソースを MediaStreamSource のサブクラスに設定します。
パブリック メソッドSetSource(Stream)指定されたストリームを使用して Source プロパティを設定します。
パブリック メソッドSetValueDependencyObject で依存関係プロパティのローカル値を設定します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドStopメディアを停止し、最初から再生されるようにリセットします。
パブリック メソッドToString現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドTransformToVisualUIElement から指定したオブジェクトに座標を変換するために使用できる変換オブジェクトを返します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック メソッドUpdateLayoutUIElement の子オブジェクトのすべての位置がレイアウトに対して適切に更新されるようにします。 (UIElement から継承されます。)
このページのトップへ

  名前説明
パブリック イベントBindingValidationErrorバインディング ソースによってデータ検証エラーが報告されたときに発生します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック イベントBufferingProgressChangedBufferingProgress プロパティが変更された場合に発生します。
パブリック イベントCurrentStateChangedCurrentState プロパティの値が変更された場合に発生します。
パブリック イベントDoubleTapDoubleTap ジェスチャがこの UIElement 上にある間にコミットされたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントDownloadProgressChangedDownloadProgress プロパティが変更された場合に発生します。
パブリック イベントGotFocusUIElement がフォーカスを受け取ったときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントHoldHold ジェスチャがこの UIElement 上にある間にコミットされたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントKeyDownUIElement にフォーカスがあるときにキーボード キーが押されると発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントKeyUpUIElement にフォーカスがあるときにキーボード キーが離されると発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントLayoutUpdatedWindows Phone のビジュアル ツリーのレイアウトが変化したときに発生します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック イベントLoadedFrameworkElement が構築されてオブジェクト ツリーに追加されたときに発生します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック イベントLogReadyログが準備完了のときに発生します。
パブリック イベントLostFocusUIElement がフォーカスを失ったときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントLostMouseCaptureUIElement でタッチのキャプチャを失ったときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントManipulationCompletedUIElement の操作および慣性による処理が完了すると発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントManipulationDelta操作中に入力デバイスが位置を変更したときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントManipulationStarted入力デバイスで UIElement の操作を開始すると発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントMarkerReachedメディアの再生中にタイムライン マーカーが検出されたときに発生します。
パブリック イベントMediaEndedMediaElement でオーディオまたはビデオが再生されなくなると発生します。
パブリック イベントMediaFailedメディアの Source に関連するエラーがある場合に発生します。
パブリック イベントMediaOpenedメディア ストリームが検証され、開かれ、ファイル ヘッダーが読み取られたときに発生します。
パブリック イベントMouseEnterUIElement の境界領域内で画面のタップが発生したときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントMouseLeaveUIElement の境界領域外でタッチ イベントが発生したときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントMouseLeftButtonDownUIElement がタップされたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントMouseLeftButtonUpUIElement から指を離したときに (つまり、UIElement タッチ キャプチャを保持している間) 発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントMouseMove画面上で指の座標位置が UIElement をタッチしているときに (つまり、UIElement がタッチ キャプチャを保持している間) 発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントMouseWheelインフラストラクチャ。 マウス ポインターが UIElement 上にあるとき、または UIElement にフォーカスがあるときに、ユーザーがマウス ホイールを回転させると発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントSizeChangedFrameworkElementActualHeight プロパティまたは ActualWidth プロパティの値が変更されると発生します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック イベントTapTap ジェスチャがこの UIElement 上にある間にコミットされたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントTextInputデバイスに依存しない方法で UI 要素がテキストを取得すると発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントTextInputStartデバイスに依存しない方法で UI 要素が最初にテキストを取得すると発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントTextInputUpdate入力方式エディター (IME) を使用してテキストが引き続き作成されるときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントUnloadedこのオブジェクトがメイン オブジェクト ツリーに接続されていない状態になると発生します。 (FrameworkElement から継承されます。)
このページのトップへ

  名前説明
パブリック フィールド静的メンバーAudioStreamCountPropertyAudioStreamCount 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーAudioStreamIndexPropertyAudioStreamIndex 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーAutoPlayPropertyAutoPlay 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーBalancePropertyBalance 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーBufferingProgressPropertyBufferingProgress 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーBufferingTimePropertyBufferingTime 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーCanPausePropertyCanPause 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーCanSeekPropertyCanSeek 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーCurrentStatePropertyCurrentState 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーDownloadProgressOffsetPropertyDownloadProgressOffset 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーDownloadProgressPropertyDownloadProgress 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーDroppedFramesPerSecondPropertyDroppedFramesPerSecond 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーIsMutedPropertyIsMuted 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーNaturalDurationPropertyNaturalDuration 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーNaturalVideoHeightPropertyNaturalVideoHeight 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーNaturalVideoWidthPropertyNaturalVideoWidth 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーPositionPropertyPosition 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーRenderedFramesPerSecondPropertyRenderedFramesPerSecond 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーSourcePropertySource 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーStretchPropertyStretch 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーVolumePropertyVolume 依存関係プロパティを識別します。
このページのトップへ

MediaElement は、さまざまな種類のオーディオ メディアやビデオ メディアを再生できます。

MediaElement は、ビデオをサーフェイス上に表示できるか、または (表示されるビデオがない場合) オーディオを再生できる四角形領域です。UIElement の場合、MediaElement はタッチ入力イベントをサポートしています。ビデオ表示サーフェイスの高さと幅は、Height プロパティおよび Width プロパティを使用して指定できます。ただし、最適なパフォーマンスを得るためには、MediaElement の幅と高さは明示的に設定しないでください。代わりに、これらの値を設定しないままにします。ソースを指定すると、メディアの通常サイズで表示され、レイアウトによってサイズが再計算されます。メディア表示のサイズを変更する必要がある場合は、メディア エンコーディング ツールを使用してメディアを目的のサイズにエンコードし直すことが最良の方法です。

既定では、MediaElement オブジェクトが読み込まれた直後に、Source プロパティで定義されているメディアが即座に再生されます。メディアが自動的に開始されないようにするには、AutoPlay プロパティを false に設定します。

MediaElement には、再生が開始するまで、0 の ActualWidth および ActualHeight があります。これは、ビデオの開始をトリガーするための MouseLeftButtonDown イベントを待機している場合の結果です。簡易ソリューションとしては、RectangleMediaElement の背後に置き、マウス イベントを Rectangle にフックすることです。次に MediaElement 上のIsHitTestVisible プロパティを false に設定します。

メモメモ:

パフォーマンスを改善するには、頻繁な位置の更新 (プログレス バーなど) を反映するために Position プロパティへデータをバインディングしないようにします。代わりに DispatcherTimer プロパティを使用して、Position プロパティにクエリしてください。

注意注意:

間違った拡張子のメディア ファイルは、再生しません。拡張子はエンコードされたソースと一致する必要があります。

注意注意:

一部のメディア コーデックは、デバイスではサポートされますが、ここではサポートされません。サポートされるコーデックの一覧については、「Windows Phone でサポートされるメディア コーデック」を参照してください。

機能

この API をアプリ内で使用する場合は、アプリ マニフェストで次の機能を指定する必要があります。この機能を指定しないと、アプリが正しく機能しないか、予期せずに終了することがあります。

ID_CAP_MEDIALIB_PLAYBACK

Windows Phone 8

ID_CAP_MEDIALIB

Windows Phone OS 7.1

詳細については、「Windows Phone のアプリ機能とハードウェア要件」を参照してください。

ページにメディアを追加する方法を次の例に示します。この XAML の例では、コードで定義する必要のある CurrentStateChanged イベントのイベント ハンドラー (この例では示されていません) を参照します。

<MediaElement 
    x:Name="media" 
    Source="xbox.wmv" 
    CurrentStateChanged="media_state_changed" 
    Width="300" Height="300"/>

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

表示:
© 2014 Microsoft