エクスポート (0) 印刷
すべて展開
この記事は翻訳者によって翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。
訳文
原文

ItemsControl.ItemTemplate プロパティ

各項目を表示するために使用する DataTemplate を取得または設定します。

名前空間:  System.Windows.Controls
アセンブリ :  System.Windows (System.Windows.dll 内)

public DataTemplate ItemTemplate { get; set; }
<itemsControl>
  <itemsControl.ItemTemplate>
    singleDataTemplate
  </itemsControl.ItemTemplate>
</itemsControl>
<itemsControl ItemTemplate="resourceReferenceToDataTemplate"/>

XAML の値

singleDataTemplate

単一の DataTemplate オブジェクト要素。 通常、その DataTemplate はデータ表現の外観を定義する複数の子要素を持ちます。

resourceReferenceToDataTemplate

リソース コレクションからの既存の DataTemplate へのリソース参照。 リソース参照では、目的の DataTemplate をキーで指定する必要があります。

プロパティ値

型 : System.Windows.DataTemplate
データ オブジェクトの視覚化を指定するテンプレート。 既定値は null です。

Dependency property identifier field: ItemTemplateProperty

ItemTemplate プロパティを使用して、データの視覚表現を指定します。 ItemTemplate は、ItemsSource をデータにバインドするときに特に有効です。 データ オブジェクトの外観を定義するには、DataTemplate を使用します。 DataTemplate の内容が、データ オブジェクトのビジュアル構造になります。 ItemTemplate を設定しなかった場合、ItemsControl には、コレクション内のオブジェクトの文字列表現が表示されます。

次の例では、DataTemplate を使用して、ItemsControl を継承する ListBox の項目を表示します。 この例では、ListBox は、Customer オブジェクトのコレクションにバインドされています。 DataTemplate には、FirstNameLastNameAddress の各プロパティにバインドされる TextBlock コントロールが含まれています。 データ バインディングの詳細については、「データ バインディング」を参照してください。


<Grid>
    <Grid.Resources>
        <src:Customers x:Key="customers"/>
    </Grid.Resources>

    <ListBox ItemsSource="{StaticResource customers}" Width="350" Margin="0,5,0,10">
        <ListBox.ItemTemplate>
            <DataTemplate>
                <StackPanel Orientation="Horizontal">
                    <TextBlock Padding="5,0,5,0"
          Text="{Binding FirstName}" />
                    <TextBlock Text="{Binding LastName}" />
                    <TextBlock Text=", " />
                    <TextBlock Text="{Binding Address}" />
                </StackPanel>
            </DataTemplate>
        </ListBox.ItemTemplate>
    </ListBox>
</Grid>


Customer クラスと ListBox がバインドされるコレクションを次の例に示します。


public class Customer
{
    public String FirstName { get; set; }
    public String LastName { get; set; }
    public String Address { get; set; }

    public Customer(String firstName, String lastName, String address)
    {
        this.FirstName = firstName;
        this.LastName = lastName;
        this.Address = address;
    }

}

public class Customers : ObservableCollection<Customer>
{
    public Customers()
    {
        Add(new Customer("Michael", "Anderberg",
                "12 North Third Street, Apartment 45"));
        Add(new Customer("Chris", "Ashton",
                "34 West Fifth Street, Apartment 67"));
        Add(new Customer("Cassie", "Hicks",
                "56 East Seventh Street, Apartment 89"));
        Add(new Customer("Guido", "Pica",
                "78 South Ninth Street, Apartment 10"));
    }

}


Silverlight

サポート対象 : 5、4、3

Silverlight for Windows Phone

サポート対象 : Windows Phone OS 7.1、Windows Phone OS 7.0

Silverlight でサポートされるオペレーティング システムの詳細については、「サポートされているオペレーティング システムとブラウザー」を参照してください。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft