エクスポート (0) 印刷
すべて展開
この記事は翻訳者によって翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。
訳文
原文

Control.Padding プロパティ

コントロール内のスペースを取得または設定します。

名前空間:  System.Windows.Controls
アセンブリ:  PresentationFramework (PresentationFramework.dll 内)
XAML の XMLNS: http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation, http://schemas.microsoft.com/netfx/2007/xaml/presentation

[BindableAttribute(true)]
public Thickness Padding { get; set; }
<object>
  <object.Padding>
    <Thickness .../>
  </object.Padding>
</object>
<object Padding="Thickness" .../>

プロパティ値

型: System.Windows.Thickness
Control のコンテンツとその Margin または Border との間のスペースの量。 既定値は、4 辺すべてにつき 0 です。

識別子フィールド

PaddingProperty

true に設定されたメタデータのプロパティ

AffectsParentMeasure

左、上、右、下の順で指定します。 詳細については、「Thickness」および「配置、余白、パディングの概要」を参照してください。

このプロパティが影響するのは、Padding プロパティがテンプレートでパラメーターとして使用されているコントロールだけです。 その他のコントロールには影響はありません。

コントロールの Padding プロパティを設定する方法を次の例に示します。


<Button Name="btn11" Padding = "5" 
        Click="ChangePadding" TabIndex="1">
  Padding
</Button>



Private Sub ChangePadding(ByVal Sender As Object, ByVal e As RoutedEventArgs)

    If (btn11.Padding.Left = 5.0) Then
        btn11.Padding = New Thickness(2.0)
        btn11.Content = "Control Padding changes from 5 to 2."
    Else
        btn11.Padding = New Thickness(5.0)
        btn11.Content = "Padding"
    End If

End Sub



void ChangePadding(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    if (btn11.Padding.Left == 5.0)
    {
        btn11.Padding = new Thickness(2.0);
        btn11.Content = "Control Padding changes from 5 to 2.";

    }
    else
    {
        btn11.Padding = new Thickness(5.0);
        btn11.Content = "Padding";
    }
}


.NET Framework

サポート対象: 4、3.5、3.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象: 4、3.5 SP1

Windows 7, Windows Vista SP1 以降, Windows XP SP3, Windows Server 2008 (Server Core はサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降で Server Core をサポート), Windows Server 2003 SP2

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。 サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft