エクスポート (0) 印刷
すべて展開
展開 最小化

System.Windows.Controls 名前空間

更新 : 2007 年 11 月

コントロールと呼ばれる要素を作成するためのクラスを提供します。コントロールにより、ユーザーとアプリケーションの対話が可能になります。コントロール クラスは、データなどの情報の表示、選択、入力を可能にするので、アプリケーションのユーザー操作の中核に位置付けられます。

  クラス説明
AccessTextアクセス キーとして使用される文字をアンダースコアを使用して指定します。
AdornedElementPlaceholderControlTemplate 内の他の要素に対する、装飾付きコントロールの相対位置を指定するために ControlTemplate で使用される要素を表します。
AlternationConverter 整数をオブジェクトの一覧へのインデックスとして適用することにより、整数とオブジェクトの間を変換します。
BooleanToVisibilityConverterブール値から Visibility 列挙値への変換や、その逆の変換を行うコンバータを表します。
Border別の要素の周囲に境界線、背景、またはその両方を描画します。
BorderGapMaskConverterGroupBox コントロールのサイズを VisualBrush に変換するコンバータを表します。
ButtonButtonBase.Click イベントに反応する Windows ボタン コントロールを表します。
CanvasCanvas 領域に対する座標を使用して子要素を明示的に配置できる領域を定義します。
CheckBoxユーザーがオンまたはオフにできるコントロールを表します。
CleanUpVirtualizedItemEventArgsCleanUpVirtualizedItem イベントにデータを提供します。
ColumnDefinitionGrid 要素に適用する列固有のプロパティを定義します。
ColumnDefinitionCollection ColumnDefinition オブジェクトの、順序の付いた厳密に型指定されたコレクションへのアクセスを提供します。
ComboBox コントロールの矢印をクリックすることにより表示/非表示の切り替えが可能なドロップダウン リスト ボックスを持つ選択コントロールを表します。
ComboBoxItemComboBox 内の選択可能な項目を実装します。
ContentControl 単一のコンテンツを含むコントロールを表します。
ContentPresenter ContentControl のコンテンツを表示します。
ContextMenu コントロールのコンテキストに固有の機能をそのコントロールで公開するためのポップアップ メニューを表します。
ContextMenuEventArgsコンテキスト メニュー イベントのデータを提供します。
ContextMenuServiceContextMenu を表示するためのシステム実装を提供します。
ControlControlTemplate を使用して外観を定義するユーザー インターフェイス (UI) 要素の基本クラスを表します。
ControlTemplateコントロールの複数のインスタンスで共有できる、Control のビジュアル構造と動作特性を指定します。
DataErrorValidationRuleソース オブジェクトの IDataErrorInfo 実装により発生するエラーをチェックする規則を表します。
DataTemplateSelectorデータ オブジェクトおよびデータ バインドされた要素に基づいて DataTemplate を選択する方法を提供します。
DecoratorBorderViewbox など、1 つの子要素またはその周囲に効果を適用する要素の基本クラスを提供します。
DefinitionBaseColumnDefinitionCollection クラスおよび RowDefinitionCollection クラスで使用される共有サイズ グループをサポートするために必要な機能を定義します。これは抽象クラスです。
DockPanel子要素を互いに水平方向または垂直方向に整列する領域を定義します。
DocumentViewerXpsDocument など、改ページ位置が自動修正された FixedDocument のコンテンツをホストできるドキュメント表示コントロールを表します。
ExceptionValidationRuleバインディング ソース プロパティの更新中にスローされる例外をチェックする規則を表します。
Expanderコンテンツを表示するための折りたたみ可能なウィンドウを持ったヘッダーを表示するコントロールを表します。
FlowDocumentPageViewerコンテンツを一度に 1 ページずつ表示する固定の表示モードでフロー コンテンツを表示するためのコントロールを表します。
FlowDocumentReader複数の表示モードのための組み込みサポートを備えた、フロー コンテンツ表示用のコントロールを提供します。
FlowDocumentScrollViewer連続したスクロール モードでフロー コンテンツを表示するためのコントロールを提供します。
Frame フレームは、ナビゲーションをサポートするコンテンツ コントロールです。
Grid列と行で構成されている柔軟なグリッド領域を定義します。
GridSplitterGrid コントロールの行間または列間の領域を再配分するコントロールを表します。
GridView ListView コントロールの列にデータ項目を表示する表示モードを表します。
GridViewColumn データを表示する列を表します。
GridViewColumnCollectionGridViewColumn オブジェクトのコレクションを表します。
GridViewColumnHeaderGridViewColumn の列ヘッダーを表します。
GridViewHeaderRowPresenter 列ヘッダーの行のレイアウトを定義するために使用されるオブジェクトを表します。
GridViewRowPresenterデータの行のレイアウトを指定するオブジェクトを表します。
GroupBox ユーザー インターフェイス (UI) コンテンツ用に境界線やヘッダーを含むコンテナを作成するコントロールを表します。
GroupItemグループ用に生成されたビジュアル サブツリーのルートとして表示されます。
GroupStyle 各レベルでグループを表示する方法を定義します。
HeaderedContentControl 単一のコンテンツを含みヘッダーを持つすべてのコントロールの基本実装を提供します。
HeaderedItemsControl 複数の項目で構成され、ヘッダーを持つコントロールを表します。
Imageイメージを表示するコントロールを表します。
InkCanvasインク ストロークを受け取って表示する領域を定義します。
InkCanvasGestureEventArgsGesture イベントにデータを提供します。
InkCanvasSelectionChangingEventArgsSelectionChanging のデータを提供します。
InkCanvasSelectionEditingEventArgsSelectionMoving イベントと SelectionResizing イベントにデータを提供します。
InkCanvasStrokeCollectedEventArgsStrokeCollected イベントにデータを提供します。
InkCanvasStrokeErasingEventArgsStrokeErasing イベントにデータを提供します。
InkCanvasStrokesReplacedEventArgsStrokesReplaced イベントにデータを提供します。
InkPresenterサーフェイス上にインクを描画します。
ItemCollection ItemsControl のコンテンツを構成する項目のリストを保持します。
ItemContainerGenerator ItemsControl などのホストの代わりにユーザー インターフェイス (UI) を生成します。
ItemsControl 項目のコレクションを提示するために使用できるコントロールを表します。
ItemsPanelTemplateItemsControl の項目のレイアウト用に ItemsPresenter が作成するパネルを指定します。
ItemsPresenterItemsControl で定義されている ItemsPanel を追加するコントロールのビジュアル ツリー内の位置を指定するために、項目コントロールのテンプレート内で使用されます。
Labelコントロールのテキスト ラベルを表し、アクセス キーのサポートを提供します。
ListBox 選択可能な項目の一覧が表示されます。
ListBoxItemListBox 内の選択可能な項目を表します。
ListView データ項目のリストを表示するコントロールを表します。
ListViewItemListView コントロールの項目を表します。
MediaElementオーディオとビデオまたはそのいずれかを含むコントロールを表します。
Menu コマンドおよびイベント ハンドラに関連付けられている要素を階層的に編成できるようにするための Windows メニュー コントロールを表します。
MenuItem Menu 内の選択可能な項目を表します。
MenuScrollingVisibilityConverterメニューのスクロール時にリピート ボタンの可視性を処理するデータ バインディング コンバータを表します。
PageWindows Internet Explorer、NavigationWindow、および Frame でナビゲーションおよびホストを行うことができるコンテンツのページをカプセル化します。
Panelすべての Panel 要素の基本クラスを提供します。Panel 要素を使用して、Windows Presentation Foundation (WPF) アプリケーションで子オブジェクトの配置および整列を行います。
PasswordBox パスワードの入力および処理のために設計されたコントロールを表します。
PrintDialog ユーザー入力に従って PrintTicket および PrintQueue を構成し、ドキュメントを印刷する標準の Microsoft Windows 印刷ダイアログ ボックスを呼び出します。
PrintDialogExceptionPrintDialog を開いている、アクセスしている、または使用している間にエラー状態が発生するとスローされる例外。
ProgressBar操作の進行状況を示します。
RadioButton ユーザーによる選択が可能であり、選択解除はできないボタンを表します。RadioButtonIsChecked プロパティは、これをクリックすることによって設定できますが、プロパティをオフにするのはプログラムからしかできません。
RichTextBoxFlowDocument オブジェクトを操作するリッチ編集コントロールを表します。
RowDefinitionGrid 要素に適用する行固有のプロパティを定義します。
RowDefinitionCollection RowDefinition オブジェクトの、順序の付いた厳密に型指定されたコレクションへのアクセスを提供します。
ScrollChangedEventArgsスクロール状態の変化を記述し、ScrollChanged イベントに必要な引数を格納します。
ScrollContentPresenterScrollViewer コントロールのコンテンツを表示します。
ScrollViewer 表示される他の要素を格納できるスクロール可能な領域を表します。
SelectionChangedEventArgsSelectionChanged イベントのデータを提供します。
Separator 項目コントロール内で項目を区切るために使用するコントロール。
Slider ユーザーが Track に沿って Thumb コントロールを移動することにより一定範囲から値を選択できるコントロールを表します。
SoundPlayerAction.wav ファイルの再生に使用する軽量のオーディオ再生 TriggerAction を表します。
SpellCheckTextBoxRichTextBox などのテキスト編集コントロールに、リアルタイムのスペル チェック機能を提供します。
SpellingError編集コントロール (TextBox または RichTextBox) でスペル ミスの単語を表します。
StackPanel単一行に子要素を整列します。行は水平方向または垂直方向にできます。
StickyNoteControl入力したテキストまたは手書きの注釈をユーザーがドキュメントに結び付けることができるコントロールを表します。
StyleSelectorカスタム ロジックに基づいてスタイルを適用する方法を提供します。
TabControl 画面上の同じスペースを共有する複数の項目で構成されるコントロールを表します。
TabItemTabControl 内の選択可能な項目を表します。
TextBlock少量のフロー コンテンツを表示する軽量コントロールを提供します。
TextBox書式なしテキストの表示や編集に使用できるコントロールを表します。
TextChangeTextChanged イベントで発生する変更に関する情報を格納します。
TextChangedEventArgsTextChanged イベントにデータを提供します。
TextSearchユーザーが文字列のプレフィックスを入力して、セット内の項目にすばやくアクセスできるようにします。
ToolBarコマンドまたはコントロールのグループのコンテナを提供します。
ToolBarTrayToolBar のレイアウトを処理するコンテナを表します。
ToolTip インターフェイス内の要素の情報を表示するポップアップ ウィンドウを作成するコントロールを表します。
ToolTipEventArgsツールヒントが開くときまたは閉じるときに発生するイベントのイベント情報を提供します。
ToolTipService ツールヒントの表示と動作を制御するためのプロパティおよびイベントを提供するサービスを表します。
TreeView 項目を展開したり折りたたんだりできるツリー構造で階層データを表示するコントロールを表します。
TreeViewItem TreeView コントロール内の選択可能な項目を実装します。
UIElementCollectionUIElements の順序の付いたコレクションを表します。
UserControlコントロールを作成するための簡単な方法を提供します。
Validation データの検証をサポートするメソッドと添付プロパティを提供します。
ValidationErrorValidationRule が検証エラーを報告したときにバインディング エンジンによって作成されるか、MarkInvalid メソッドで明示的に作成された検証エラーを表します。
ValidationErrorEventArgsValidation.Error 添付イベントに関する情報を提供します。
ValidationResultチェック後の値が ValidationRule に合致しているかどうかを示す、ValidationRule.Validate メソッドから返された結果を表します。
ValidationRule ユーザー入力の有効性を確認するためのカスタム規則を作成する方法を提供します。
ViewBaseListView コントロール内のデータの外観を定義するビューの基本クラスを表します。
Viewbox伸縮およびスケーリングを実行して単一の子を使用可能な領域全体に引き伸ばすことができるコンテンツ デコレータを定義します。
Viewport3D3-D ビジュアル コンテンツのレンダリング サーフェイスを提供します。
VirtualizingPanel子データ コレクションを仮想化する Panel 要素のフレームワークを提供します。これは抽象クラスです。
VirtualizingStackPanel 水平方向または垂直方向の単一行にコンテンツを整列して仮想化します。
WebBrowser HTML ドキュメントをホストし、ドキュメント間を移動します。WPF マネージ コードと HTML スクリプト間の相互運用性を有効にします。
WrapPanel左から右へ順に子要素を配置し、ボックスの端で改行してコンテンツを次の行へ送ります。後続の配置は、Orientation プロパティの値に応じて、上から下または右から左に向かって行われます。

  構造体説明
PageRangeページの範囲を指定します。

  デリゲート説明
CleanUpVirtualizedItemEventHandlerVirtualizingStackPanel.CleanUpVirtualizedItem 添付イベントを処理するメソッドを表します。
ContextMenuEventHandlerFrameworkElement.ContextMenuOpening および ContextMenuClosing の各ルーティング イベントと、それに相当する ContentElement のイベントを処理するメソッドを表します。
GroupStyleSelector親グループおよびそのレベルの関数としてグループ スタイルを選択するために使用されるデリゲート。
InkCanvasGestureEventHandlerInkCanvasGesture イベントを処理するメソッドを表します。
InkCanvasSelectionChangingEventHandlerInkCanvasSelectionChanging イベントを処理するメソッドを表します。
InkCanvasSelectionEditingEventHandlerInkCanvas で変更が起こったときに発生する 2 つのイベント SelectionMovingSelectionResizing を処理するメソッドを表します。
InkCanvasStrokeCollectedEventHandlerInkCanvasStrokeCollected イベントを理するメソッドを表します。
InkCanvasStrokeErasingEventHandlerInkCanvasStrokeErasing イベントを処理するメソッドを表します。
InkCanvasStrokesReplacedEventHandlerInkCanvasStrokesReplaced イベントを処理するメソッドを表します。
ScrollChangedEventHandlerScrollViewer.ScrollChanged ルーティング イベントを処理するメソッドを表します。
SelectionChangedEventHandlerSelectionChanged ルーティング イベントを処理するメソッドを表します。
TextChangedEventHandlerTextBoxBase.TextChangedルーティング イベントを処理するメソッドを表します。
ToolTipEventHandlerツールヒントを開くとき、または閉じるときに発生するルーティング イベントを処理するメソッドを表します。

  列挙体説明
CharacterCasingTextBox コントロール内に手動で入力した文字を、大文字と小文字のどちらで表示するかを指定します。
ClickModeClick イベントを発生させるタイミングを指定します。
DockDockPanel 内にある子要素の Dock 位置を指定します。
ExpandDirectionExpander コントロールが開く方向を指定します。
FlowDocumentReaderViewingModeFlowDocumentReader コントロールの表示モードの名前を表します。
GridResizeBehaviorGridSplitter コントロールでサイズを変更する行または列を指定します。
GridResizeDirectionGridSplitter コントロールが領域を行間または列間のどちらで再配分するかを指定します。
GridViewColumnHeaderRoleGridViewColumnHeader コントロールの状態またはロールを定義します。
InkCanvasClipboardFormatInkCanvas がクリップボードから受け入れる形式を指定します。
InkCanvasEditingModeInkCanvas の編集モードを指定します。
InkCanvasSelectionHitResultInkCanvas の選択装飾のさまざまな部分を識別します。
MediaStateMediaElementLoadedBehavior プロパティと UnloadedBehavior プロパティに適用できる状態を指定します。
MenuItemRoleMenuItem に設定できるさまざまな役割を定義します。
Orientation コントロールまたはレイアウトに設定できるさまざまな方向を定義します。
OverflowModeToolBar 項目をメイン ツールバー パネルとオーバーフロー パネルに配置する方法を指定します。
PageRangeSelectionある操作 (通常は印刷) で、すべてのページを処理するか、限定した範囲だけを処理するかを指定します。
ScrollBarVisibility スクロール可能なコンテンツについて、ScrollBar の参照可能範囲を指定します。
SelectionModeListBox に関する選択動作を定義します。
SpellingReformテキスト編集コントロール (TextBox または RichTextBox) のスペル チェックが使用するスペル改善ルールを指定します。
StickyNoteTypeStickyNoteControl がテキストまたはインクを受け入れるかどうかを指定します。
StretchDirectionコンテンツにスケーリングがどのように適用されるかを表し、スケーリングの方向性を制限します。
UndoAction テキスト変更によって発生する undo スタックと undo スタックが受ける影響。
ValidationErrorEventActionValidationError オブジェクトが追加または削除されたかどうかを表します。
ValidationStep ValidationRule を実行するタイミングを指定します。
VirtualizationMode VirtualizingStackPanel が子項目の仮想化の管理に使用するメソッドを指定します。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft