エクスポート (0) 印刷
すべて展開
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文

AutomationPattern クラス

コントロール パターンを識別します。

System.Object
  System.Windows.Automation.AutomationIdentifier
    System.Windows.Automation.AutomationPattern

名前空間:  System.Windows.Automation
アセンブリ:  UIAutomationTypes (UIAutomationTypes.dll 内)

public class AutomationPattern : AutomationIdentifier

AutomationPattern 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック プロパティId基になる数値識別子を取得します。 (AutomationIdentifier から継承されます。)
パブリック プロパティProgrammaticName登録されたプログラム名を取得します。 (AutomationIdentifier から継承されます。)
このページのトップへ

  名前説明
パブリック メソッドCompareToこの AutomationIdentifier と別の AutomationIdentifier を比較します。 (AutomationIdentifier から継承されます。)
パブリック メソッドEquals指定した AutomationIdentifier が、この AutomationIdentifier と等しいかどうかを示す値を返します。 (AutomationIdentifier から継承されます。)
プロテクト メソッドFinalize オブジェクトがガベジ コレクションにより収集される前に、そのオブジェクトがリソースを解放し、その他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetHashCodeこの UI オートメーション識別子のハッシュ コードを返します。 (AutomationIdentifier から継承されます。)
パブリック メソッドGetType現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド静的メンバーLookupById指定した数値識別子をカプセル化する AutomationPattern を取得します。
プロテクト メソッドMemberwiseClone現在の Object の簡易コピーを作成します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドToString 現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)
このページのトップへ

この型のインスタンスは、特定のコントロール パターンを識別します。 たとえば、DockPattern.Pattern フィールドは DockPattern コントロール パターンを識別します。

AutomationElement によってサポートされるパターンの ProgrammaticName を表示する例を次に示します。

特定のパターンを要求する方法を次の例に示します。


/// <summary>
/// Retrieves the selection container for a selection item.
/// </summary>
/// <param name="listItem">
/// An element that supports SelectionItemPattern.
/// </param>
AutomationElement GetListItemParent(AutomationElement listItem)
{
    if (listItem == null) throw new ArgumentException();
    SelectionItemPattern pattern = listItem.GetCurrentPattern(SelectionItemPattern.Pattern) as SelectionItemPattern;
    if (pattern == null)
    {
        return null;
    }
    else
    {
        SelectionItemPattern.SelectionItemPatternInformation properties = pattern.Current;
        return properties.SelectionContainer;
    }
}


.NET Framework

サポート対象 : 4.5.2、4.5.1、4.5、4、3.5、3.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象 : 4、3.5 SP1

Windows Phone 8.1, Windows Phone 8, Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, Windows Vista SP2, Windows Server 2008 (サーバー コア ロールはサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降でサーバー コア ロールをサポート。Itanium はサポート対象外)

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft