エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Type::BaseType プロパティ

2013/12/12

現在の Type の直接の継承元である型を取得します。

Namespace:  System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

現在、コード例がないか、この言語はサポートされていません。

プロパティ値

型: System::Type
現在の Type の直接の継承元の Type。現在の TypeObject クラスまたはインターフェイスを表す場合は nullptr

基本型は、現在の型の直接の継承元である型です。Object は、基本型を持たない唯一の型です。したがって nullptrObject の基本型として返されます。

インターフェイスは 0 以上の基本インターフェイスから継承します。したがって、Type オブジェクトがインターフェイスを表す場合、このプロパティは nullptr を返します。基本インターフェイスは、GetInterfaces を使用して判断できます。

現在の Type が構築ジェネリック型を表している場合、基本型は汎用引数をリフレクションします。たとえば、次の宣言について考えてみます。

generic<typename U> ref class B { };
generic<typename T> class C : B<T> { };

構築型 C<int> (Visual Basic の場合は C(Of Integer)) の場合、BaseType プロパティは B<int> を返します。

現在の Type がジェネリック型定義の型パラメーターを表している場合、BaseType はクラス制約、つまり、型パラメーターが継承する必要のあるクラスを返します。クラス制約がない場合、BaseTypeSystem::Object を返します。

このプロパティは読み取り専用です。

BaseType プロパティを使用する例を次に示します。

メモメモ:

この例を実行するには、「Windows Phone での静的 TextBlock コントロールのあるコード例のビルド」を参照してください。

現在、コード例がないか、この言語はサポートされていません。

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

表示:
© 2014 Microsoft