エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

SemaphoreSlim メソッド

2013/12/12

SemaphoreSlim 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック メソッド Dispose() SemaphoreSlim クラスの現在のインスタンスによって使用されているすべてのリソースを解放します。
プロテクト メソッド Dispose(Boolean) ManualResetEventSlim によって使用されているアンマネージ リソースを解放し、オプションでマネージ リソースも解放します。
パブリック メソッド Equals(Object) 指定した Object が、現在の Object と等しいかどうかを判断します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッド Finalize Object がガベージ コレクションで再利用される前に、Object がリソースを解放して他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド GetHashCode 特定の型のハッシュ関数として機能します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド GetType 現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッド MemberwiseClone 現在の Object の簡易コピーを作成します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド Release() 1 回だけ SemaphoreSlim を出ます。
パブリック メソッド Release(Int32) 指定された回数だけ、SemaphoreSlim から出ます。
パブリック メソッド ToString 現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド Wait() SemaphoreSlim に入るまで、現在のスレッドをブロックします。
パブリック メソッド Wait(CancellationToken) CancellationToken を観察すると同時に、SemaphoreSlim に入るまで、現在のスレッドをブロックします。
パブリック メソッド Wait(Int32) タイムアウト値を 32 ビット符号付き整数で指定して、SemaphoreSlim に入るまで、現在のスレッドをブロックします。
パブリック メソッド Wait(TimeSpan) TimeSpan を使用してタイムアウトを指定し、SemaphoreSlim に入るまで、現在のスレッドをブロックします。
パブリック メソッド Wait(Int32, CancellationToken) CancellationToken を観察すると同時に、タイムアウト値を 32 ビット符号付き整数で指定して、SemaphoreSlim に入るまで、現在のスレッドをブロックします。
パブリック メソッド Wait(TimeSpan, CancellationToken) CancellationToken を観察すると同時に、タイムアウトを指定する TimeSpan を使用して、SemaphoreSlim に入るまで、現在のスレッドをブロックします。
パブリック メソッド WaitAsync() SemaphoreSlim に入るまで非同期に待機します。
パブリック メソッド WaitAsync(CancellationToken) CancellationToken を観察すると同時に、非同期に SemaphoreSlim の入力を待機します。
パブリック メソッド WaitAsync(Int32) 32 ビット符号付き整数を使用して時間間隔を計測し、非同期に SemaphoreSlim の入力を待機します。
パブリック メソッド WaitAsync(TimeSpan) TimeSpan を使用して時間間隔を計測し、非同期に SemaphoreSlim の入力を待機します。
パブリック メソッド WaitAsync(Int32, CancellationToken) CancellationToken を観察すると同時に、32 ビット符号付き整数を使用して時間間隔を計測し、非同期に SemaphoreSlim の入力を待機します。
パブリック メソッド WaitAsync(TimeSpan, CancellationToken) CancellationToken を観察すると同時に、TimeSpan を使用して時間間隔を計測し、非同期に SemaphoreSlim の入力を待機します。
このページのトップへ

表示:
© 2014 Microsoft