エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

ManualResetEventSlim クラス

2013/12/12

ManualResetEvent の規模を小さくしたバージョンを提供します。

System.Object
  System.Threading.ManualResetEventSlim

Namespace:  System.Threading
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public class ManualResetEventSlim : IDisposable

ManualResetEventSlim 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック メソッドManualResetEventSlim()初期状態を非シグナル状態にして、ManualResetEventSlim クラスの新しいインスタンスを初期化します。
パブリック メソッドManualResetEventSlim(Boolean)初期状態をシグナル状態に設定するかどうかを示すブール値を使用して、ManualResetEventSlim クラスの新しいインスタンスを初期化します。
パブリック メソッドManualResetEventSlim(Boolean, Int32)初期状態をシグナル状態に設定するかどうかを示すブール値および指定されたスピン カウントを使用して、ManualResetEventSlim クラスの新しいインスタンスを初期化します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック プロパティIsSetイベントが設定されているかどうかを取得します。
パブリック プロパティSpinCountカーネル ベースの待機操作に戻る前に発生するスピン待機の数を取得します。
パブリック プロパティWaitHandleこの ManualResetEventSlim の基になる WaitHandle オブジェクトを取得します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック メソッドDispose()ManualResetEventSlim クラスの現在のインスタンスによって使用されているすべてのリソースを解放します。
プロテクト メソッドDispose(Boolean)ManualResetEventSlim によって使用されているアンマネージ リソースを解放し、オプションでマネージ リソースも解放します。
パブリック メソッドEquals(Object)指定した Object が、現在の Object と等しいかどうかを判断します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドFinalizeObject がガベージ コレクションで再利用される前に、Object がリソースを解放して他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetHashCode特定の型のハッシュ関数として機能します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetType現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドMemberwiseClone現在の Object の簡易コピーを作成します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドResetイベントの状態を非シグナル状態に設定し、スレッドをブロックします。
パブリック メソッドSetイベントの状態をシグナル状態に設定して、イベント上で待機している 1 つ以上のスレッドが進行できるようにします。
パブリック メソッドToString現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドWait()現在の ManualResetEventSlim が設定されるまで、現在のスレッドをブロックします。
パブリック メソッドWait(CancellationToken)CancellationToken を観察すると同時に、現在の ManualResetEventSlim がシグナルを受信するまで、現在のスレッドをブロックします。
パブリック メソッドWait(Int32)32 ビット符号付き整数を使用して時間間隔を計測し、現在の ManualResetEventSlim が設定されるまで、現在のスレッドをブロックします。
パブリック メソッドWait(TimeSpan)TimeSpan を使用して時間間隔を計測し、現在の ManualResetEventSlim が設定されるまで、現在のスレッドをブロックします。
パブリック メソッドWait(Int32, CancellationToken)CancellationToken を観察すると同時に、32 ビット符号付き整数を使用して時間間隔を計測し、現在の ManualResetEventSlim が設定されるまで、現在のスレッドをブロックします。
パブリック メソッドWait(TimeSpan, CancellationToken)CancellationToken を観察すると同時に、TimeSpan を使用して時間間隔を計測し、現在の ManualResetEventSlim が設定されるまで、現在のスレッドをブロックします。
このページのトップへ

ManualResetEventSlim を使用する方法を次の例に示します。SpinCount の使用法、およびこの型の使用に関するその他のベスト プラクティスの詳細については、「[465fdcf9-ba24-4d8d-a43f-d983b7cb0cc6]」を参照してください。

Windows Phone OS

サポート: 8.0

ManualResetEventSlim のすべてのパブリックおよびプロテクト メンバーはスレッド セーフであり、複数のスレッドから同時に使用できます。ただし、ManualResetEventSlim に対する他のすべての操作が完了したときにのみ使用する必要がある Dispose と、他のスレッドがイベントにアクセスしていないときにのみ使用する Reset は例外です。

表示:
© 2014 Microsoft