エクスポート (0) 印刷
すべて展開
展開 最小化
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文

String.ToUpperInvariant メソッド

インバリアント カルチャの大文字と小文字の規則を使用して、この String オブジェクトのコピーを大文字に変換して返します。

名前空間:  System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public string ToUpperInvariant()

戻り値

型 : System.String
現在の文字列を大文字にしたもの。

インバリアント カルチャは、カルチャに依存しないカルチャを表します。 これには英語が関連付けられていますが、特定の国または地域は関連付けられていません。 詳細については、「InvariantCulture プロパティの使用」を参照してください。

現在のカルチャに依存しない予測可能な形で文字列の大文字と小文字が変化することを前提としたアプリケーションでは、ToUpperInvariant メソッドを使用します。 ToUpperInvariant メソッドは ToUpper(CultureInfo.InvariantCulture) と等価です。 文字列のコレクションが、順序が予測可能なユーザー インターフェイス コントロールで表示される必要がある場合、メソッドをお勧めします。

メモメモ

このメソッドは、現在のインスタンスの値を変更しません。 代わりに、現在のインスタンス内のすべての文字を大文字に変換した新しい文字列を返します。

セキュリティの考慮事項

ファイル名、名前付きパイプ、レジストリ キーなど、オペレーティング システム識別子の小文字形式または大文字形式が必要な場合は、ToLowerInvariant メソッドまたは ToUpperInvariant メソッドを使用します。

次の例は、さまざまな言語での 1 つの単語を含む文字列配列を定義します。 ToUpperInvariant メソッドは、並列配列の要素を各単語の大文字と小文字を区別しないバージョンで値を代入するのに使用されます。 Array.Sort<TKey, TValue>(TKey[], TValue[], IComparer<TKey>) メソッドは要素の言語に関係なく同じ順序で表示されるようにするために、大文字の配列の要素の順序に基づいて、大文字と小文字を区別する配列の並べ替えに使用されます。


using System;
using System.IO;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      string[] words = { "Tuesday", "Salı", "Вторник", "Mardi", 
                         "Τρίτη", "Martes", "יום שלישי", 
                         "الثلاثاء", "วันอังคาร" };
      StreamWriter sw = new StreamWriter(@".\output.txt");

      // Display array in unsorted order.
      foreach (string word in words)
         sw.WriteLine(word);

      sw.WriteLine();

      // Create parallel array of words by calling ToUpperInvariant.
      string[] upperWords = new string[words.Length];
      for (int ctr = words.GetLowerBound(0); ctr <= words.GetUpperBound(0); ctr++)
         upperWords[ctr] = words[ctr].ToUpperInvariant();

      // Sort the words array based on the order of upperWords.
      Array.Sort(upperWords, words, StringComparer.InvariantCulture);

      // Display the sorted array.
      foreach (string word in words)
         sw.WriteLine(word);

      sw.Close();      
   }
}
// The example produces the following output:
//       Tuesday
//       Salı
//       Вторник
//       Mardi
//       Τρίτη
//       Martes
//       יום שלישי
//       الثلاثاء
//       วันอังคาร
//       
//       Mardi
//       Martes
//       Salı
//       Tuesday
//       Τρίτη
//       Вторник
//       יום שלישי
//       الثلاثاء
//       วันอังคาร


.NET Framework

サポート対象 : 4.5.2、4.5.1、4.5、4、3.5、3.0、2.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象 : 4、3.5 SP1

汎用性のあるクラス ライブラリ

サポート対象 : 汎用性のあるクラス ライブラリ

Windows ストア アプリ用 .NET

サポート対象 : Windows 8

Windows Phone アプリ用 .NET

サポート対象 : Windows Phone 8、Silverlight 8.1

Windows Phone 8.1, Windows Phone 8, Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, Windows Vista SP2, Windows Server 2008 (サーバー コア ロールはサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降でサーバー コア ロールをサポート。Itanium はサポート対象外)

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft