エクスポート (0) 印刷
すべて展開
展開 最小化
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文

String.Insert メソッド

このインスタンス内の指定したインデックス位置に指定した文字列を挿入する場合の、新しい文字列を返します。

名前空間:  System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public string Insert(
	int startIndex,
	string value
)

パラメーター

startIndex
型 : System.Int32
挿入の 0 から始まるインデックス位置。
value
型 : System.String
挿入する文字列。

戻り値

型 : System.String
このインスタンスと等価で、startIndex の位置に value が挿入された新しい文字列。

例外条件
ArgumentNullException

valuenull なので、

ArgumentOutOfRangeException

startIndex が負か、またはこのインスタンスの長さより大きい値です。

startIndex とこのインスタンスの長さが等しい場合は、このインスタンスの末尾に value が追加されます。

メモメモ

このメソッドは、現在のインスタンスの値を変更しません。 代わりに、現在のインスタンスに value を挿入した新しい文字列を返します。

たとえば、"abc".Insert(2, "XYZ") の戻り値は "abXYZc" です。

Insert メソッドの簡単な例を次のコンソール アプリケーションで示します。


using System;

public class Example {
    public static void Main() 
    {
        string animal1 = "fox";
        string animal2 = "dog";

        string strTarget = String.Format("The {0} jumped over the {1}.", 
                                         animal1, animal2);

        Console.WriteLine("The original string is:{0}{1}{0}", 
                          Environment.NewLine, strTarget);

        Console.Write("Enter an adjective (or group of adjectives) " +
                      "to describe the {0}: ==> ", animal1);
        string adj1 = Console.ReadLine();

        Console.Write("Enter an adjective (or group of adjectives) " + 
                      "to describe the {0}: ==> ", animal2);    
        string adj2 = Console.ReadLine();

        adj1 = adj1.Trim() + " ";
        adj2 = adj2.Trim() + " ";

        strTarget = strTarget.Insert(strTarget.IndexOf(animal1), adj1);
        strTarget = strTarget.Insert(strTarget.IndexOf(animal2), adj2);

        Console.WriteLine("{0}The final string is:{0}{1}", 
                          Environment.NewLine, strTarget);
    }
}
// Output from the example might appear as follows:
//       The original string is:
//       The fox jumped over the dog.
//       
//       Enter an adjective (or group of adjectives) to describe the fox: ==> bold
//       Enter an adjective (or group of adjectives) to describe the dog: ==> lazy
//       
//       The final string is:
//       The bold fox jumped over the lazy dog.


.NET Framework

サポート対象 : 4.5.2、4.5.1、4.5、4、3.5、3.0、2.0、1.1、1.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象 : 4、3.5 SP1

汎用性のあるクラス ライブラリ

サポート対象 : 汎用性のあるクラス ライブラリ

Windows ストア アプリ用 .NET

サポート対象 : Windows 8

Windows Phone アプリ用 .NET

サポート対象 : Windows Phone 8、Silverlight 8.1

Windows Phone 8.1, Windows Phone 8, Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, Windows Vista SP2, Windows Server 2008 (サーバー コア ロールはサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降でサーバー コア ロールをサポート。Itanium はサポート対象外)

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft