エクスポート (0) 印刷
すべて展開
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文

X509Certificate.Import メソッド

X509Certificate オブジェクトを設定します。

このメンバーはオーバーロードされます。構文、使用方法、例など、このメンバーの詳細については、オーバーロード リストで名前をクリックしてください。

  名前 説明
パブリック メソッド Import(Byte[]) バイト配列のデータを使用して、X509Certificate オブジェクトを設定します。
パブリック メソッド Import(String) 証明書ファイルからの情報を使用して、X509Certificate オブジェクトを設定します。
パブリック メソッド Import(Byte[], SecureString, X509KeyStorageFlags) バイト配列のデータ、パスワード、およびキー格納フラグを使用して、X509Certificate オブジェクトを設定します。
パブリック メソッド Import(Byte[], String, X509KeyStorageFlags) バイト配列のデータ、パスワード、および秘密キーのインポート方法を決定するフラグを使用して、X509Certificate オブジェクトを設定します。
パブリック メソッド Import(String, SecureString, X509KeyStorageFlags) 証明書ファイルの情報、パスワード、およびキー格納フラグを指定して、X509Certificate オブジェクトを設定します。
パブリック メソッド Import(String, String, X509KeyStorageFlags) 証明書ファイルの情報、パスワード、および X509KeyStorageFlags 値を使用して、X509Certificate オブジェクトを設定します。
このページのトップへ

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft