エクスポート (0) 印刷
すべて展開
この記事は翻訳者によって翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。
訳文
原文

ProtectedData クラス

データの暗号化と暗号化解除のためのメソッドを提供します。 このクラスは継承できません。

System.Object
  System.Security.Cryptography.ProtectedData

名前空間:  System.Security.Cryptography
アセンブリ :  mscorlib.Extensions (mscorlib.Extensions.dll 内)

public static class ProtectedData

ProtectedData 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック メソッド静的メンバーSilverlight for Windows Phone によるサポートProtect指定されたバイト配列のデータを暗号化し、暗号化されたデータを含むバイト配列を返します。
パブリック メソッド静的メンバーSilverlight for Windows Phone によるサポートUnprotect指定されたバイト配列のデータの暗号化を解除し、暗号化解除されたデータを含むバイト配列を返します。
このページのトップへ

このクラスは、データ保護 API (DPAPI) へのアクセスを提供します。 これは、オペレーティング システムにより提供されるサービスです。追加のライブラリは必要ありません。 ユーザーまたはコンピューターの資格情報を使用した保護を実現し、データの暗号化と復号化を行うことができます。

Silverlight for Windows Phone Silverlight for Windows Phone では、ユーザーとコンピューターの資格情報を両方とも使用してデータの暗号化と暗号化の解除を行います。

このクラスはアンマネージ DPAPI の 2 つのラッパー、Protect および Unprotect で構成されます。 この 2 つのメソッドを使用して、パスワード、キー、接続文字列などのデータの暗号化と復号化を行うことができます。

偽装中にこれらのメソッドを使用すると、"指定された状態で使用するには無効なキーです" というメッセージを受け取る場合があります。これは、DPAPI がキー データをユーザー プロファイルに格納しているために発生します。 プロファイルが読み込まれていない場合、DPAPI は解読を実行できません。 このエラーを防ぐには、いずれかのメソッドを呼び出す前に、偽装するユーザーのプロファイルを読み込みます。 偽装を使って DPAPI を使用すると、重大な混乱を招く可能性があるため、設計は慎重に選択する必要があります。

Windows Phone アプリケーションでデータの暗号化と暗号化の解除を行う方法の詳細については、「How to: Encrypt Data in a Windows Phone Application (方法: Windows Phone アプリケーションでデータを暗号化する)」を参照してください。

TopicLocation
方法 : データ保護を使用する.NET Framework: セキュリティ
方法 : データ保護を使用する.NET Framework : セキュリティ

Silverlight for Windows Phone

サポート対象 : Windows Phone OS 7.1

Silverlight でサポートされるオペレーティング システムの詳細については、「サポートされているオペレーティング システムとブラウザー」を参照してください。

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。 インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft