エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

PropertyInfo.CanWrite プロパティ

2013/12/12

プロパティに書き込むことができるかどうかを示す値を取得します。

Namespace:  System.Reflection
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public abstract bool CanWrite { get; }

プロパティ値

型: System.Boolean
このプロパティに書き込むことができる場合は true。それ以外の場合は false

プロパティに set アクセサーがない場合は、書き込むことができません。

CanWrite プロパティを取得するには、最初に Type クラスを取得します。次に、その Type から PropertyInfo を取得します。PropertyInfo からは CanWrite 値を取得します。

2 つのプロパティを定義する例を次に示します。最初のプロパティは書き込み可能で、CanWrite プロパティは true です。2 番目のプロパティは書き込み不可で (set アクセサーなし)、CanWrite プロパティは false です。

メモメモ:

この例を実行するには、「Windows Phone での静的 TextBlock コントロールのあるコード例のビルド」を参照してください。


using System;
using System.Reflection;

class Example
{
   // Define one writable property and one that is not writable.

   private string _caption = "A Default Caption";
   public string Caption   
   {
      get
      {
         return _caption;
      }
      set
      {
         if (_caption!=value)
         {
            _caption = value;
         }
      }
   }

   private string _text = "Default text";
   public string Text   
   {
      get
      {
         return _text;
      }
   }

   public static void Demo(System.Windows.Controls.TextBlock outputBlock)
   {
      outputBlock.Text += "Reflection.PropertyInfo.CanWrite\n\n";

      PropertyInfo captionInfo = typeof(Example).GetProperty("Caption");
      PropertyInfo textInfo = typeof(Example).GetProperty("Text");

      // Display the CanWrite properties.
      outputBlock.Text += 
         "CanWrite for the Caption property: " + captionInfo.CanWrite + "\n";
      outputBlock.Text += 
         "CanWrite for the Text property: " + textInfo.CanWrite + "\n";
   }
}

/* This example produces the following output:

Reflection.PropertyInfo.CanWrite

CanWrite for the Caption property: True
CanWrite for the Text property: False
 */


Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

表示:
© 2014 Microsoft