エクスポート (0) 印刷
すべて展開
このトピックはまだ評価されていません - このトピックを評価する

ObfuscateAssemblyAttribute クラス

更新 : 2007 年 11 月

該当するアセンブリ型に対して標準の隠ぺい規則を使用するように、難読化ツールに指示します。

名前空間 :  System.Reflection
アセンブリ :  mscorlib (mscorlib.dll 内)

[ComVisibleAttribute(true)]
[AttributeUsageAttribute(AttributeTargets.Assembly, AllowMultiple = false, 
	Inherited = false)]
public sealed class ObfuscateAssemblyAttribute : Attribute
/** @attribute ComVisibleAttribute(true) */
/** @attribute AttributeUsageAttribute(AttributeTargets.Assembly, AllowMultiple = false, Inherited = false) */
public final class ObfuscateAssemblyAttribute extends Attribute
public final class ObfuscateAssemblyAttribute extends Attribute

ObfuscationAttribute 属性および ObfuscateAssemblyAttribute 属性は、最小限の外部構成によって難読化ツールでバイナリを正しく処理できるように、アセンブリ作成者がバイナリに注釈を付けるための手段を提供します。

この属性をアセンブリに適用すると、難読化ツールに対してアセンブリ型の既定の規則を使用するように指示が出されます。

重要 :

この属性を適用しても、自動的にアセンブリの隠ぺいが行われるわけではありません。この属性の適用は、難読化ツールの構成ファイルを作成する代わりとして行われます。つまり、難読化ツールに対する指示を出すだけです。Microsoft では、難読化ツールの販売元が次に説明するセマンティクスに従うことを推奨しています。ただし、特定のツールが Microsoft の推奨するセマンティクスに従っているという保証はありません。

ObfuscationAttribute は、アセンブリ内の型、およびこれらの型のメンバに適用できます。最も内側の属性によって、難読化ツールが特定のコード エンティティを処理する方法を制御します。

ObfuscateAssemblyAttribute でマークされているプライベート アセンブリのコード例を次に示します。難読化ツールが処理後に属性を削除しないようにする場合、StripAfterObfuscation プロパティは false です。

ObfuscateAssemblyAttribute と共に ObfuscationAttribute を使用する方法を示すコード例については、ObfuscationAttribute クラスのトピックを参照してください。

using System;
using System.Reflection;

[assembly: ObfuscateAssemblyAttribute(true, 
    StripAfterObfuscation=false)]


System.Object
  System.Attribute
    System.Reflection.ObfuscateAssemblyAttribute
この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバは、スレッド セーフです。インスタンス メンバの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

Windows Vista, Windows XP SP2, Windows XP Media Center Edition, Windows XP Professional x64 Edition, Windows XP Starter Edition, Windows Server 2003, Windows Server 2000 SP4, Windows Millennium Edition, Windows 98

.NET Framework および .NET Compact Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

.NET Framework

サポート対象 : 3.5、3.0、2.0
この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft. All rights reserved.