エクスポート (0) 印刷
すべて展開
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文

Dns.GetHostByName メソッド

メモ: この API は、互換性のために残されています。

指定した DNS ホスト名の DNS 情報を取得します。

名前空間:  System.Net
アセンブリ:  System (System.dll 内)

[ObsoleteAttribute("GetHostByName is obsoleted for this type, please use GetHostEntry instead. http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=14202")]
public static IPHostEntry GetHostByName(
	string hostName
)

パラメーター

hostName
型 : System.String
ホストの DNS 名。

戻り値

型 : System.Net.IPHostEntry
hostName で指定したアドレスのホスト情報を格納する IPHostEntry オブジェクト。

例外条件
ArgumentNullException

hostNamenull なので、

ArgumentOutOfRangeException

hostName の長さが 255 文字を超えています。

SocketException

hostName を解決するときにエラーが発生しました。

GetHostByName メソッドは、インターネット DNS サーバーでホスト情報を照会します。 ホスト名として空の文字列を渡すと、このメソッドはローカル コンピューターの標準ホスト名を取得します。

DNS 情報への非同期アクセスでは、BeginGetHostByName メソッドと EndGetHostByName メソッドを使用します。

Ipv6Element.Enabled プロパティを true に設定した場合、返される IPHostEntry インスタンスの Aliases プロパティはこのメソッドによって設定されず、常に空になります。

メモメモ

このメンバーは、アプリケーションでネットワーク トレースを有効にしている場合にトレース情報を出力します。 詳細については、「.NET Framework のネットワークのトレース」を参照してください。

GetHostByName メソッドを使用して、指定した DNS ホスト名の DNS 情報を取得する例を次に示します。


      try 
      {
         IPHostEntry hostInfo = Dns.GetHostByName(hostName);
         // Get the IP address list that resolves to the host names contained in the 
         // Alias property.
         IPAddress[] address = hostInfo.AddressList;
         // Get the alias names of the addresses in the IP address list.
         String[] alias = hostInfo.Aliases;

         Console.WriteLine("Host name : " + hostInfo.HostName);
         Console.WriteLine("\nAliases : ");
         for(int index=0; index < alias.Length; index++) {
           Console.WriteLine(alias[index]);
         } 
         Console.WriteLine("\nIP address list : ");
         for(int index=0; index < address.Length; index++) {
            Console.WriteLine(address[index]);
         }
      }
      catch(SocketException e) 
      {
         Console.WriteLine("SocketException caught!!!");
         Console.WriteLine("Source : " + e.Source);
         Console.WriteLine("Message : " + e.Message);
      }
      catch(ArgumentNullException e)
      {
	 Console.WriteLine("ArgumentNullException caught!!!");
         Console.WriteLine("Source : " + e.Source);
         Console.WriteLine("Message : " + e.Message);
      }
	  catch(Exception e)
	  {
		  Console.WriteLine("Exception caught!!!");
		  Console.WriteLine("Source : " + e.Source);
		  Console.WriteLine("Message : " + e.Message);
	  }


.NET Framework

サポート対象 : 1.1、1.0
4.5.2 では、互換性のために残されています (コンパイル時に警告)
4.5.1 では、互換性のために残されています (コンパイル時に警告)
4.5 では、互換性のために残されています (コンパイル時に警告)
4 では、互換性のために残されています (コンパイル時に警告)
3.5 では、互換性のために残されています (コンパイル時に警告)
3.5 SP1 では、互換性のために残されています (コンパイル時に警告)
3.0 では、互換性のために残されています (コンパイル時に警告)
3.0 SP1 では、互換性のために残されています (コンパイル時に警告)
3.0 SP2 では、互換性のために残されています (コンパイル時に警告)
2.0 では、互換性のために残されています (コンパイル時に警告)
2.0 SP1 では、互換性のために残されています (コンパイル時に警告)
2.0 SP2 では、互換性のために残されています (コンパイル時に警告)

.NET Framework Client Profile

4 では、互換性のために残されています (コンパイル時に警告)
3.5 SP1 では、互換性のために残されています (コンパイル時に警告)

Windows Phone 8.1, Windows Phone 8, Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, Windows Vista SP2, Windows Server 2008 (サーバー コア ロールはサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降でサーバー コア ロールをサポート。Itanium はサポート対象外)

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft