エクスポート (0) 印刷
すべて展開
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文

Path クラス

ファイルまたはディレクトリのパス情報を格納する String インスタンスで操作を実行します。 これらの操作は、プラットフォーム間で実行されます。

System.Object
  System.IO.Path

名前空間:  System.IO
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

[ComVisibleAttribute(true)]
public static class Path

Path 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック メソッド静的メンバーXNA Framework によるサポートサポート対象 :Windows ストア アプリ用 .NETChangeExtensionパス文字列の拡張子を変更します。
パブリック メソッド静的メンバーサポート対象 :Windows ストア アプリ用 .NETCombine(String[])文字列の配列を 1 つのパスに結合します。
パブリック メソッド静的メンバーXNA Framework によるサポートCombine(String, String)2 つの文字列を 1 つのパスに結合します。
パブリック メソッド静的メンバーCombine(String, String, String)3 つの文字列を 1 つのパスに結合します。
パブリック メソッド静的メンバーCombine(String, String, String, String)4 つの文字列を 1 つのパスに結合します。
パブリック メソッド静的メンバーXNA Framework によるサポートサポート対象 :Windows ストア アプリ用 .NETGetDirectoryName指定したパス文字列のディレクトリ情報を返します。
パブリック メソッド静的メンバーXNA Framework によるサポートサポート対象 :Windows ストア アプリ用 .NETGetExtension指定したパス文字列の拡張子を返します。
パブリック メソッド静的メンバーXNA Framework によるサポートサポート対象 :Windows ストア アプリ用 .NETGetFileName指定したパス文字列のファイル名と拡張子を返します。
パブリック メソッド静的メンバーXNA Framework によるサポートサポート対象 :Windows ストア アプリ用 .NETGetFileNameWithoutExtension指定したパス文字列のファイル名を拡張子を付けずに返します。
パブリック メソッド静的メンバーXNA Framework によるサポートGetFullPath指定したパス文字列の絶対パスを返します。
パブリック メソッド静的メンバーサポート対象 :Windows ストア アプリ用 .NETGetInvalidFileNameCharsファイル名に使用できない文字を含む配列を取得します。
パブリック メソッド静的メンバーXNA Framework によるサポートサポート対象 :Windows ストア アプリ用 .NETGetInvalidPathCharsパス名に使用できない文字を含む配列を取得します。
パブリック メソッド静的メンバーXNA Framework によるサポートサポート対象 :Windows ストア アプリ用 .NETGetPathRoot指定したパスのルート ディレクトリ情報を取得します。
パブリック メソッド静的メンバーサポート対象 :Windows ストア アプリ用 .NETGetRandomFileNameランダムなフォルダー名またはファイル名を返します。
パブリック メソッド静的メンバーGetTempFileName一意な名前を持つ 0 バイトの一時ファイルをディスク上に作成し、そのファイルの完全パスを返します。
パブリック メソッド静的メンバーGetTempPath現在のユーザーの一時フォルダーのパスを返します。
パブリック メソッド静的メンバーXNA Framework によるサポートサポート対象 :Windows ストア アプリ用 .NETHasExtensionパスにファイル名の拡張子を含めるかどうかを決定します。
パブリック メソッド静的メンバーXNA Framework によるサポートサポート対象 :Windows ストア アプリ用 .NETIsPathRooted指定したパス文字列にルートが含まれているかどうかを示す値を取得します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック フィールド静的メンバーXNA Framework によるサポートAltDirectorySeparatorChar階層ファイル システム編成を反映するパス文字列の、ディレクトリ レベルを区切るために使用する、プラットフォーム固有の代替文字を提供します。
パブリック フィールド静的メンバーXNA Framework によるサポートDirectorySeparatorChar階層ファイル システム編成を反映するパス文字列の、ディレクトリ レベルを区切るために使用する、プラットフォーム固有の文字を提供します。
パブリック フィールド静的メンバーXNA Framework によるサポートInvalidPathChars 互換性のために残されています。 Path クラスのメンバーに渡されるパス文字列引数で指定できないプラットフォーム固有の文字配列を提供します。
パブリック フィールド静的メンバーXNA Framework によるサポートPathSeparator環境変数のパス文字列を区切るために使用するプラットフォーム固有の区切り記号。
パブリック フィールド静的メンバーXNA Framework によるサポートVolumeSeparatorCharプラットフォーム固有のボリューム区切り記号を提供します。
このページのトップへ

The .NET Framework does not support direct access to physical disks through paths that are device names, such as "\\.\PHYSICALDRIVE0 ".

A path is a string that provides the location of a file or directory. A path does not necessarily point to a location on disk; for example, a path might map to a location in memory or on a device. The exact format of a path is determined by the current platform. For example, on some systems, a path can start with a drive or volume letter, while this element is not present in other systems. On some systems, file paths can contain extensions, which indicate the type of information stored in the file. The format of a file name extension is platform-dependent; for example, some systems limit extensions to three characters, and others do not. The current platform also determines the set of characters used to separate the elements of a path, and the set of characters that cannot be used when specifying paths. Because of these differences, the fields of the Path class as well as the exact behavior of some members of the Path class are platform-dependent.

A path can contain absolute or relative location information. Absolute paths fully specify a location: the file or directory can be uniquely identified regardless of the current location. Relative paths specify a partial location: the current location is used as the starting point when locating a file specified with a relative path. To determine the current directory, call Directory.GetCurrentDirectory.

Most members of the Path class do not interact with the file system and do not verify the existence of the file specified by a path string. Path class members that modify a path string, such as ChangeExtension, have no effect on names of files in the file system. Path members do, however, validate the contents of a specified path string, and throw an ArgumentException exception if the string contains characters that are not valid in path strings, as defined in the characters returned from the GetInvalidPathChars method. For example, on Windows-based desktop platforms, invalid path characters might include quote ("), less than (<), greater than (>), pipe (|), backspace (\b), null (\0), and Unicode characters 16 through 18 and 20 through 25.

The members of the Path class enable you to quickly and easily perform common operations such as determining whether a file name extension is part of a path, and combining two strings into one path name.

All members of the Path class are static and can therefore be called without having an instance of a path.

メモメモ

In members that accept a path as an input string, that path must be well-formed or an exception is raised. For example, if a path is fully qualified but begins with a space, the path is not trimmed in methods of the class. Therefore, the path is malformed and an exception is raised. Similarly, a path or a combination of paths cannot be fully qualified twice. For example, "c:\temp c:\windows" also raises an exception in most cases. Ensure that your paths are well-formed when using methods that accept a path string.

In members that accept a path, the path can refer to a file or just a directory. The specified path can also refer to a relative path or a Universal Naming Convention (UNC) path for a server and share name. For example, all the following are acceptable paths:

  • "c:\\MyDir\\MyFile.txt" in C#, or "c:\MyDir\MyFile.txt" in Visual Basic.

  • "c:\\MyDir" in C#, or "c:\MyDir" in Visual Basic.

  • "MyDir\\MySubdir" in C#, or "MyDir\MySubDir" in Visual Basic.

  • "\\\\MyServer\\MyShare" in C#, or "\\MyServer\MyShare" in Visual Basic.

Because all these operations are performed on strings, it is impossible to verify that the results are valid in all scenarios. For example, the GetExtension method parses a string that you pass to it and returns the extension from that string. However, this does not mean that a file with that extension exists on the disk.

For a list of common I/O tasks, see 共通 I/O タスク.

The following code example demonstrates some of the main members of the Path class.


using System;
using System.IO;

class Test 
{
	
    public static void Main() 
    {
        string path1 = @"c:\temp\MyTest.txt";
        string path2 = @"c:\temp\MyTest";
        string path3 = @"temp";

        if (Path.HasExtension(path1)) 
        {
            Console.WriteLine("{0} has an extension.", path1);
        }

        if (!Path.HasExtension(path2)) 
        {
            Console.WriteLine("{0} has no extension.", path2);
        }

        if (!Path.IsPathRooted(path3)) 
        {
            Console.WriteLine("The string {0} contains no root information.", path3);
        }

        Console.WriteLine("The full path of {0} is {1}.", path3, Path.GetFullPath(path3));
        Console.WriteLine("{0} is the location for temporary files.", Path.GetTempPath());
        Console.WriteLine("{0} is a file available for use.", Path.GetTempFileName());

        /* This code produces output similar to the following:
         * c:\temp\MyTest.txt has an extension.
         * c:\temp\MyTest has no extension.
         * The string temp contains no root information.
         * The full path of temp is D:\Documents and Settings\cliffc\My Documents\Visual Studio 2005\Projects\ConsoleApplication2\ConsoleApplication2\bin\Debug\temp.
         * D:\Documents and Settings\cliffc\Local Settings\Temp\8\ is the location for temporary files.
         * D:\Documents and Settings\cliffc\Local Settings\Temp\8\tmp3D.tmp is a file available for use.
         */
    }
}


.NET Framework

サポート対象 : 4.5、4、3.5、3.0、2.0、1.1、1.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象 : 4、3.5 SP1

Windows ストア アプリ用 .NET

サポート対象 : Windows 8

Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, Windows Vista SP2, Windows Server 2008 (サーバー コア ロールはサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降でサーバー コア ロールをサポート。Itanium はサポート対象外)

この .NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、次を参照してください。.NET Framework システム要件.

パブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーがこの型である場合は、いずれもスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft