エクスポート (0) 印刷
すべて展開

IOException クラス

更新 : 2007 年 11 月

I/O エラーが発生したときにスローされる例外。

名前空間 :  System.IO
アセンブリ :  mscorlib (mscorlib.dll 内)

[SerializableAttribute]
[ComVisibleAttribute(true)]
public class IOException : SystemException
/** @attribute SerializableAttribute */ 
/** @attribute ComVisibleAttribute(true) */
public class IOException extends SystemException
public class IOException extends SystemException

IOException は、ストリーム、ファイル、およびディレクトリを使用して情報にアクセスするときにスローされる例外の基本クラスです。

基本クラス ライブラリには、次の型が含まれています。それぞれの型は、IOException の派生クラスです。

該当する場合は、IOException ではなくここで示した型を使用してください。

IOException は、値 0x80131620 の HRESULT COR_E_IO を使用します。

次のコード例は FileStream.Lock メソッドの例の一部です。

// Catch the IOException generated if the 
// specified part of the file is locked.
catch(IOException e)
{
    Console.WriteLine(
        "{0}: The write operation could not " +
        "be performed because the specified " +
        "part of the file is locked.", 
        e.GetType().Name);
}


// Catch the IOException generated if the 
// specified part of the file is locked.
catch(IOException e) {                        
    Console.WriteLine(
        "{0}: The write operation could not "
        + "be performed because the specified "
        + "part of the file is locked.", 
        e.GetType().get_Name());
}


この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバは、スレッド セーフです。インスタンス メンバの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

Windows Vista, Windows XP SP2, Windows XP Media Center Edition, Windows XP Professional x64 Edition, Windows XP Starter Edition, Windows Server 2003, Windows Server 2000 SP4, Windows Millennium Edition, Windows 98, Windows CE, Windows Mobile for Smartphone, Windows Mobile for Pocket PC, Xbox 360

.NET Framework および .NET Compact Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

.NET Framework

サポート対象 : 3.5、3.0、2.0、1.1、1.0

.NET Compact Framework

サポート対象 : 3.5、2.0、1.0

XNA Framework

サポート対象 : 2.0、1.0

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft