エクスポート (0) 印刷
すべて展開

FileLoadException クラス

更新 : 2007 年 11 月

マネージ アセンブリが見つかったが、読み込むことができない場合にスローされる例外。

名前空間 :  System.IO
アセンブリ :  mscorlib (mscorlib.dll 内)

[SerializableAttribute]
[ComVisibleAttribute(true)]
public class FileLoadException : IOException
/** @attribute SerializableAttribute */ 
/** @attribute ComVisibleAttribute(true) */
public class FileLoadException extends IOException
public class FileLoadException extends IOException

Assembly ファイルが見つかったが、読み込むことができない場合に発生するエラーを表します。

FileNotFoundException 例外は、ファイルが見つからないことが原因で、そのファイルを読み込むことができない場合にスローされます。一方、ファイルが見つかったけれども、アクセス許可が不足しているために読み込むことができない場合には、SecurityException がスローされます。

FileLoadException の HRESULT の既定値は、値 0x80131621 の COR_E_FILELOAD です。ただし、HRESULT として返される値はこれだけではありません。

コードに PathDiscovery のアクセス許可がない場合、この例外のエラー メッセージには、絶対パスではなく、ファイル名またはディレクトリ名しか含まれていないことがあります。

System.Object
  System.Exception
    System.SystemException
      System.IO.IOException
        System.IO.FileLoadException

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバは、スレッド セーフです。インスタンス メンバの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

Windows Vista, Windows XP SP2, Windows XP Media Center Edition, Windows XP Professional x64 Edition, Windows XP Starter Edition, Windows Server 2003, Windows Server 2000 SP4, Windows Millennium Edition, Windows 98

.NET Framework および .NET Compact Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

.NET Framework

サポート対象 : 3.5、3.0、2.0、1.1、1.0

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft