エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

FileInfo クラス

2013/12/12

ファイルを作成、コピー、削除、移動、および開くためのインスタンス メソッドを提供し、FileStream オブジェクトを作成できるようにします。このクラスは継承できません。

Namespace:  System.IO
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

'宣言
Public NotInheritable Class FileInfo _
	Inherits FileSystemInfo

FileInfo 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック メソッドFileInfoファイル パスのラッパーとして機能する、FileInfo クラスの新しいインスタンスを初期化します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック プロパティAttributes現在の FileSystemInfoFileAttributes を取得または設定します。 (FileSystemInfo から継承されます。)
パブリック プロパティCreationTime現在の FileSystemInfo オブジェクトの作成日時を取得または設定します。 (FileSystemInfo から継承されます。)
パブリック プロパティDirectory親ディレクトリのインスタンスを取得します。
パブリック プロパティDirectoryNameディレクトリの絶対パスを表す文字列を取得します。
パブリック プロパティExistsファイルが存在するかどうかを示す値を取得します。 (FileSystemInfo.Exists をオーバーライドします。)
パブリック プロパティExtensionファイルの拡張子部分を表す文字列を取得します。 (FileSystemInfo から継承されます。)
パブリック プロパティFullNameディレクトリまたはファイルの絶対パスを取得します。 (FileSystemInfo から継承されます。)
パブリック プロパティLastAccessTime現在のファイルまたはディレクトリに最後にアクセスした時刻を取得または設定します。 (FileSystemInfo から継承されます。)
パブリック プロパティLastWriteTime現在のファイルまたはディレクトリに最後に書き込みが行われた時刻を取得または設定します。 (FileSystemInfo から継承されます。)
パブリック プロパティLength現在のファイルのサイズをバイト単位で取得します。
パブリック プロパティNameファイルの名前を取得します。 (FileSystemInfo.Name をオーバーライドします。)
このページのトップへ

  名前説明
パブリック メソッドAppendTextFileInfo のインスタンスが表すファイルの末尾にテキストを追加する StreamWriter を作成します。
パブリック メソッドCopyTo(String)既存のファイルを上書きできないようにして、既存のファイルを新しいファイルにコピーします。
パブリック メソッドCopyTo(String, Boolean)既存のファイルを上書きできるようにして、既存のファイルを新しいファイルにコピーします。
パブリック メソッドCreateファイルを作成します。
パブリック メソッドCreateText新しいテキスト ファイルに書き込みを行う StreamWriter を作成します。
パブリック メソッドDeleteファイルを完全に削除します。 (FileSystemInfo.Delete をオーバーライドします。)
パブリック メソッドEquals(Object)指定した Object が、現在の Object と等しいかどうかを判断します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドFinalizeObject がガベージ コレクションで再利用される前に、Object がリソースを解放して他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetHashCode特定の型のハッシュ関数として機能します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetType現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドMemberwiseClone現在の Object の簡易コピーを作成します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドMoveTo指定したファイルを新しい場所に移動します。オプションで新しいファイル名を指定することもできます。
パブリック メソッドOpen(FileMode)指定したモードでファイルを開きます。
パブリック メソッドOpen(FileMode, FileAccess)読み取り可、書き込み可、または読み書き込み可などのアクセス権を指定し、指定したモードでファイルを開きます。
パブリック メソッドOpen(FileMode, FileAccess, FileShare)読み取り可、書き込み可、読み書き可などのアクセス権を指定し、指定したモードと共有オプションでファイルを開きます。
パブリック メソッドOpenRead読み取り専用の FileStream を作成します。
パブリック メソッドOpenText既存のテキスト ファイルからの読み取りを行う、UTF8 エンコーディングの StreamReader を作成します。
パブリック メソッドOpenWrite書き込み専用の FileStream を作成します。
パブリック メソッドRefreshオブジェクトの状態を更新します。 (FileSystemInfo から継承されます。)
パブリック メソッドToStringこのパスを文字列として返します。 (Object.ToString をオーバーライドします。)
このページのトップへ

  名前説明
プロテクト フィールドFullPathインフラストラクチャ。 ディレクトリまたはファイルの絶対パスを表します。 (FileSystemInfo から継承されます。)
プロテクト フィールドOriginalPathインフラストラクチャ。 パスは、以前にユーザーが相対パスまたは絶対パスで指定したものです。 (FileSystemInfo から継承されます。)
このページのトップへ

FileInfo クラスは、ファイルのコピー、移動、名前変更、作成、オープン、削除、内容の追加などの一般的な操作に使用します。

FileInfo のメソッドの多くは、ファイルを作成またはオープンしたときにそれぞれに異なる I/O 型を返します。これらの型は、以降のファイル操作に使用できます。詳細については、OpenOpenReadOpenTextCreateTextCreate などの具体的な FileInfo メンバーのトピックを参照してください。

オブジェクトを何回か再利用する場合は、必ずしもセキュリティ チェックが必要ではなくなるため、File の対応する静的メソッドの代わりに FileInfo のインスタンス メソッドを使用することを検討してください。

メモメモ:

入力文字列としてパスを受け入れるメンバーでは、そのパスが正しい書式である必要があります。それ以外の場合は、例外が発生します。たとえば、完全修飾パスであっても空白で始まっている場合、そのパスはクラスのメソッドではトリムされません。このため、パスが正しい書式にならず、例外が発生します。同様に、1 つのパスまたは複数のパスの組み合わせを完全修飾パスとして 2 度指定することはできません。たとえば、"c:\temp c:\windows" でも、ほとんどの場合において例外が発生します。パス文字列を受け入れるメソッドを使用する場合は、パスが正しい書式であることを確認してください。

パスを受け入れるメンバーでは、パスでファイルまたはディレクトリを参照できます。

FileInfo クラスには、ファイルについての情報を取得できるようにする次のプロパティが用意されています。各プロパティの使用例については、プロパティ ページを参照してください。

  • Directory プロパティは、ファイルの親ディレクトリを表すオブジェクトを取得します。

  • DirectoryName プロパティは、ファイルの親ディレクトリの完全パスを取得します。

  • Exists プロパティは、ファイルを操作する前に、そのファイルの存在をチェックします。

  • Length はファイルのサイズを取得します。

  • Name は、ファイルの名前を取得します。

次の例では、ユーザーの [マイ ピクチャ] フォルダーからランダムに選択されたイメージが表示されます。DirectoryInfo クラスを使用して、拡張子が .jpg または .png のファイルを表す FileInfo オブジェクトの列挙可能なコレクションを取得します。そのコレクションを使用してList(Of T) コレクションが作成され、そのインデックスを使用して、ランダムな番号に対応するファイルを選択できるようになります。

この例は、次に、FileStream クラスを使用してビットマップ イメージを作成し、それを Image コントロールのソースとして設定します (myImage と呼ばれます)。


Private Sub LoadImage()

	
		Dim di As New DirectoryInfo(Environment.GetFolderPath(Environment.SpecialFolder.MyPictures))

		Dim files = From f In di.EnumerateFiles() _
			Where f.Extension.ToLower() = ".jpg" OrElse f.Extension = ".png" _
			Select f

		Dim max As Integer = files.Count() + 1

		Dim rnd As New Random()
		Dim r As Integer = rnd.[Next](0, max)

		Dim pics As New List(Of FileInfo)(files)

		Dim randpic As String = pics(r).FullName

		Dim img As New BitmapImage()
		img.SetSource(New FileStream(randpic, FileMode.Open))


		MyImage.Source = img
	
End Sub


Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

表示:
© 2014 Microsoft