エクスポート (0) 印刷
すべて展開
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文

DriveInfo クラス

ドライブに関する情報へのアクセスを提供します。

System.Object
  System.IO.DriveInfo

名前空間:  System.IO
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

[SerializableAttribute]
[ComVisibleAttribute(true)]
public sealed class DriveInfo : ISerializable

DriveInfo 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック メソッドDriveInfo指定したドライブに関する情報へのアクセスを提供します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック プロパティAvailableFreeSpaceドライブで使用できる空き領域の量 (バイト単位) を示します。
パブリック プロパティDriveFormatNTFS、FAT32 など、ファイル システムの名前を取得します。
パブリック プロパティDriveTypeCD-ROM、取り外し可能、ネットアーク、固定など、ドライブの種類を取得します。
パブリック プロパティIsReadyドライブの準備ができているかどうかを示す値を取得します。
パブリック プロパティNameC:\ など、ドライブ名を取得します。
パブリック プロパティRootDirectoryドライブのルート ディレクトリを取得します。
パブリック プロパティTotalFreeSpaceドライブで使用できる空き領域の量の合計 (バイト単位) を取得します。
パブリック プロパティTotalSizeドライブのストレージ領域の合計サイズ (バイト単位) を取得します。
パブリック プロパティVolumeLabelドライブのボリューム ラベルを取得または設定します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック メソッドEquals(Object)指定のオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド静的メンバーGetDrivesコンピューター上のすべての論理ドライブのドライブ名を取得します。
パブリック メソッドGetHashCode既定のハッシュ関数として機能します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetType現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドToStringドライブ名を文字列として返します。 (Object.ToString() をオーバーライドします。)
このページのトップへ

  名前説明
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッドISerializable.GetObjectData SerializationInfo オブジェクトに、オブジェクトをシリアル化するために必要なデータを設定します。
このページのトップへ

This class models a drive and provides methods and properties to query for drive information. Use DriveInfo to determine what drives are available, and what type of drives they are. You can also query to determine the capacity and available free space on the drive.

The following code example demonstrates the use of the DriveInfo class to display information about all of the drives on the current system.


using System;
using System.IO;

class Test
{
    public static void Main()
    {
        DriveInfo[] allDrives = DriveInfo.GetDrives();

        foreach (DriveInfo d in allDrives)
        {
            Console.WriteLine("Drive {0}", d.Name);
            Console.WriteLine("  File type: {0}", d.DriveType);
            if (d.IsReady == true)
            {
                Console.WriteLine("  Volume label: {0}", d.VolumeLabel);
                Console.WriteLine("  File system: {0}", d.DriveFormat);
                Console.WriteLine(
                    "  Available space to current user:{0, 15} bytes", 
                    d.AvailableFreeSpace);

                Console.WriteLine(
                    "  Total available space:          {0, 15} bytes",
                    d.TotalFreeSpace);

                Console.WriteLine(
                    "  Total size of drive:            {0, 15} bytes ",
                    d.TotalSize);
            }
        }
    }
}
/* 
This code produces output similar to the following:

Drive A:\
  File type: Removable
Drive C:\
  File type: Fixed
  Volume label: 
  File system: FAT32
  Available space to current user:     4770430976 bytes
  Total available space:               4770430976 bytes
  Total size of drive:                10731683840 bytes 
Drive D:\
  File type: Fixed
  Volume label: 
  File system: NTFS
  Available space to current user:    15114977280 bytes
  Total available space:              15114977280 bytes
  Total size of drive:                25958948864 bytes 
Drive E:\
  File type: CDRom

The actual output of this code will vary based on machine and the permissions
granted to the user executing it.
*/


.NET Framework

サポート対象 : 4.5、4、3.5、3.0、2.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象 : 4、3.5 SP1

Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, Windows Vista SP2, Windows Server 2008 (サーバー コア ロールはサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降でサーバー コア ロールをサポート。Itanium はサポート対象外)

この .NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、次を参照してください。.NET Framework システム要件.

パブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーがこの型である場合は、いずれもスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft