エクスポート (0) 印刷
すべて展開
この記事は翻訳者によって翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。
訳文
原文

Directory.GetLastWriteTime メソッド

指定したファイルまたはディレクトリに最後に書き込んだ日付と時刻を返します。

名前空間:  System.IO
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public static DateTime GetLastWriteTime(
	string path
)

パラメーター

path
型: System.String
変更日時情報を取得する対象のファイルまたはディレクトリ。

戻り値

型: System.DateTime
指定したファイルまたはディレクトリに最後に書き込んだ日付と時刻に設定された DateTime 構造体。 この値は現地時刻で表示されます。

例外条件
UnauthorizedAccessException

呼び出し元に、必要なアクセス許可がありません。

ArgumentException

path が、長さが 0 の文字列であるか、空白しか含んでいないか、または InvalidPathChars で定義されている無効な文字を 1 つ以上含んでいます。

ArgumentNullException

pathnull です。

PathTooLongException

指定したパス、ファイル名、またはその両方がシステム定義の最大長を超えています。 たとえば、Windows ベースのプラットフォームの場合、パスの長さは 248 文字未満、ファイル名の長さは 260 文字未満である必要があります。

メモメモ

このメソッドはネイティブ関数を使用しており、オペレーティング システムはこの関数の値を継続的には更新しないことがあります。このため、このメソッドは不正確な値を返す場合があります。

path パラメーターで示されたディレクトリが存在しない場合、このメソッドでは、A.D. (西暦紀元) 1601 年 1 月 1 日午前 00:00 時が返されます。 日付は 現地時刻に調整された世界協定時刻 (UTC)。

path パラメーターは、相対パス情報または絶対パス情報を指定することを許可されています。 相対パス情報は、現在の作業ディレクトリに対して相対的に解釈されます。 現在の作業ディレクトリを取得するには、GetCurrentDirectory のトピックを参照してください。

path パラメーターでは大文字と小文字が区別されません。

共通 I/O タスクの一覧については、「共通 I/O タスク」を参照してください。

GetLastWriteTime を実行するコード例を次に示します。


using System;
using System.IO;

class Test 
{
    public static void Main() 
    {
        try 
        {
            string path = @"c:\MyDir";
            if (!Directory.Exists(path)) 
            {
                Directory.CreateDirectory(path);
            } 
            else 
            {
                // Take an action which will affect the write time.
                Directory.SetLastWriteTime(path, new DateTime(1985,4,3));
            }

            // Get the creation time of a well-known directory.
            DateTime dt = Directory.GetLastWriteTime(path);
            Console.WriteLine("The last write time for this directory was {0}", dt);
			
            // Update the last write time.
            Directory.SetLastWriteTime(path, DateTime.Now);
            dt = Directory.GetLastWriteTime(path);
            Console.WriteLine("The last write time for this directory was {0}", dt);
        } 

        catch (Exception e) 
        {
            Console.WriteLine("The process failed: {0}", e.ToString());
        }
    }
}


.NET Framework

サポート対象: 4、3.5、3.0、2.0、1.1、1.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象: 4、3.5 SP1

Windows 7, Windows Vista SP1 以降, Windows XP SP3, Windows XP SP2 x64 Edition, Windows Server 2008 (Server Core はサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降で Server Core をサポート), Windows Server 2003 SP2

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。 サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft