エクスポート (0) 印刷
すべて展開
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文

DateTimeOffset 構造体

特定の時点を表します。通常、世界協定時刻 (UTC) を基準とする相対的な日時として表されます。

名前空間:  System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

[SerializableAttribute]
public struct DateTimeOffset : IComparable, 
	IFormattable, ISerializable, IDeserializationCallback, IComparable<DateTimeOffset>, 
	IEquatable<DateTimeOffset>

DateTimeOffset 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック メソッド汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETDateTimeOffset(DateTime) DateTime 値を指定して、DateTimeOffset 構造体の新しいインスタンスを初期化します。
パブリック メソッド汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETDateTimeOffset(DateTime, TimeSpan)指定された DateTime 値およびオフセットを使用して、DateTimeOffset 構造体の新しいインスタンスを初期化します。
パブリック メソッド汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETDateTimeOffset(Int64, TimeSpan)指定されたタイマー刻みの数とオフセットで、DateTimeOffset 構造体の新しいインスタンスを初期化します。
パブリック メソッド汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETDateTimeOffset(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, TimeSpan)指定した年、月、日、時、分、秒、およびオフセットを使用して、DateTimeOffset 構造体の新しいインスタンスを初期化します。
パブリック メソッド汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETDateTimeOffset(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, TimeSpan)指定した年、月、日、時、分、秒、ミリ秒、およびオフセットを使用して、DateTimeOffset 構造体の新しいインスタンスを初期化します。
パブリック メソッドDateTimeOffset(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Calendar, TimeSpan)指定した暦の指定した年、月、日、時、分、秒、ミリ秒、およびオフセットを使用して、DateTimeOffset 構造体の新しいインスタンスを初期化します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック プロパティ汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETDate現在の DateTimeOffset オブジェクトの日付要素を表す DateTime 値を取得します。
パブリック プロパティ汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETDateTime現在の DateTimeOffset オブジェクトの日付と時刻を表す DateTime 値を取得します。
パブリック プロパティ汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETDay現在の DateTimeOffset オブジェクトによって表される月の日付を取得します。
パブリック プロパティ汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETDayOfWeek現在の DateTimeOffset オブジェクトによって表される曜日を取得します。
パブリック プロパティ汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETDayOfYear現在の DateTimeOffset オブジェクトによって表される年間積算日を取得します。
パブリック プロパティ汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETHour現在の DateTimeOffset オブジェクトが表す時刻の時間要素を取得します。
パブリック プロパティ汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETLocalDateTime現在の DateTimeOffset オブジェクトの現地日時を表す DateTime 値を取得します。
パブリック プロパティ汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETMillisecond現在の DateTimeOffset オブジェクトが表す時刻のミリ秒要素を取得します。
パブリック プロパティ汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETMinute現在の DateTimeOffset オブジェクトが表す時刻の分要素を取得します。
パブリック プロパティ汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETMonth現在の DateTimeOffset オブジェクトによって表される日付の月要素を取得します。
パブリック プロパティ静的メンバー汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETNow現地時刻と世界協定時刻 (UTC) の差をオフセットとして持つ、現在のコンピューターの現在日時に設定された DateTimeOffset オブジェクトを取得します。
パブリック プロパティ汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETOffset世界協定時刻 (UTC) からの時刻のオフセットを取得します。
パブリック プロパティ汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETSecond現在の DateTimeOffset オブジェクトが表す時刻の秒要素を取得します。
パブリック プロパティ汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETTicks現在の DateTimeOffset オブジェクトの日時を表すタイマー刻み数を取得します。
パブリック プロパティ汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETTimeOfDay現在の DateTimeOffset オブジェクトの時刻を取得します。
パブリック プロパティ汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETUtcDateTime現在の DateTimeOffset オブジェクトの世界協定時刻 (UTC) の日時を表す DateTime 値を取得します。
パブリック プロパティ静的メンバー汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETUtcNow日時とオフセットがそれぞれ現在の世界協定時刻 (UTC) および TimeSpan.Zero に設定された DateTimeOffset オブジェクトを取得します。
パブリック プロパティ汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETUtcTicks現在の DateTimeOffset オブジェクトの世界協定時刻 (UTC) での日時を表すタイマー刻み数を取得します。
パブリック プロパティ汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETYear現在の DateTimeOffset オブジェクトで表される日付の年要素を取得します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック メソッド汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETAdd指定された時間間隔を DateTimeOffset オブジェクトに加算します。
パブリック メソッド汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETAddDays指定された、整数部と小数部から成る日数を現在の DateTimeOffset オブジェクトに加算します。
パブリック メソッド汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETAddHours指定された、整数部と小数部から成る時間数を現在の DateTimeOffset オブジェクトに加算します。
パブリック メソッド汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETAddMilliseconds指定されたミリ秒数を現在の DateTimeOffset オブジェクトに加算します。
パブリック メソッド汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETAddMinutes指定された、整数部と小数部から成る分数を現在の DateTimeOffset オブジェクトに加算します。
パブリック メソッド汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETAddMonths指定された月数を現在の DateTimeOffset オブジェクトに加算します。
パブリック メソッド汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETAddSeconds指定された、整数部と小数部から成る秒数を現在の DateTimeOffset オブジェクトに加算します。
パブリック メソッド汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETAddTicks指定されたタイマー刻み数を現在の DateTimeOffset オブジェクトに加算します。
パブリック メソッド汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETAddYears指定された年数を DateTimeOffset オブジェクトに加算します。
パブリック メソッド静的メンバー汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETCompare2 つの DateTimeOffset オブジェクトを比較し、1 つ目のオブジェクトが 2 つ目のオブジェクトの前か後か、または等しいかを示します。
パブリック メソッド汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETCompareTo現在の DateTimeOffset オブジェクトと、指定された DateTimeOffset オブジェクトとを比較し、現在のオブジェクトがもう一方の DateTimeOffset オブジェクトと比べて前か後か、または等しいかを示します。
パブリック メソッド汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETEquals(DateTimeOffset)現在の DateTimeOffset オブジェクトが、指定された DateTimeOffset オブジェクトと同じ特定の時点を表しているかどうかを判断します。
パブリック メソッド汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETEquals(Object) DateTimeOffset オブジェクトが、指定されたオブジェクトと同じ特定の時点を表しているかどうかを判断します。 (ValueType.Equals(Object) をオーバーライドします。)
パブリック メソッド静的メンバー汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETEquals(DateTimeOffset, DateTimeOffset)指定された 2 つの DateTimeOffset オブジェクトが、同じ特定の時点を表しているかどうかを判断します。
パブリック メソッド汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETEqualsExact現在の DateTimeOffset オブジェクトが、指定された DateTimeOffset オブジェクトと同じ特定の時点を表しており、かつ、同じオフセットを持つかどうかを判断します。
パブリック メソッド静的メンバー汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETFromFileTime指定された Windows ファイル時刻を同等の現地時刻に変換します。
パブリック メソッド汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETGetHashCode現在の DateTimeOffset オブジェクトのハッシュ コードを返します。 (ValueType.GetHashCode() をオーバーライドします。)
パブリック メソッド汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETGetType現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド静的メンバー汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETParse(String)指定した文字列形式の日付、時刻、およびオフセットを等価の DateTimeOffset の値に変換します。
パブリック メソッド静的メンバー汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETParse(String, IFormatProvider)指定したカルチャ固有の書式情報を使用して、指定した日付と時刻の文字列形式を等価の DateTimeOffset の値に変換します。
パブリック メソッド静的メンバー汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETParse(String, IFormatProvider, DateTimeStyles)指定したカルチャ固有の書式情報と書式スタイルを使用して、指定した日付と時刻の文字列形式を等価の DateTimeOffset の値に変換します。
パブリック メソッド静的メンバー汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETParseExact(String, String, IFormatProvider)指定した書式とカルチャ固有の書式情報を使用して、指定した日付と時刻の文字列形式を等価の DateTimeOffset の値に変換します。 文字列形式の書式は、指定した書式と完全に一致する必要があります。
パブリック メソッド静的メンバー汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETParseExact(String, String, IFormatProvider, DateTimeStyles)指定した書式、カルチャ固有の書式情報、およびスタイルを使用して、指定した日付と時刻の文字列形式を等価の DateTimeOffset に変換します。 文字列形式の書式は、指定した書式と完全に一致する必要があります。
パブリック メソッド静的メンバー汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETParseExact(String, String[], IFormatProvider, DateTimeStyles)指定した書式、カルチャ固有の書式情報、およびスタイルを使用して、指定した日付と時刻の文字列形式を等価の DateTimeOffset に変換します。 文字列形式の書式は、指定されたいずれかの書式と完全に一致する必要があります。
パブリック メソッド汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETSubtract(DateTimeOffset)現在の DateTimeOffset オブジェクトから、特定の日時を表す DateTimeOffset 値を減算します。
パブリック メソッド汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETSubtract(TimeSpan)現在の DateTimeOffset オブジェクトから、指定された時間間隔を減算します。
パブリック メソッド汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETToFileTime現在の DateTimeOffset オブジェクトの値を Windows ファイル時刻に変換します。
パブリック メソッド汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETToLocalTime現在の DateTimeOffset オブジェクトを、現地時刻を表す DateTimeOffset オブジェクトに変換します。
パブリック メソッド汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETToOffset現在の DateTimeOffset オブジェクトの値を、オフセット値で指定された日時に変換します。
パブリック メソッド汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETToString()現在の DateTimeOffset オブジェクトの値を等価の文字列形式に変換します。 (ValueType.ToString() をオーバーライドします。)
パブリック メソッド汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETToString(IFormatProvider)指定したカルチャ固有の書式情報を使用して、現在の DateTimeOffset オブジェクトの値をそれと等価な文字列形式に変換します。
パブリック メソッド汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETToString(String)指定した書式を使用して、現在の DateTimeOffset オブジェクトの値をそれと等価な文字列形式に変換します。
パブリック メソッド汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETToString(String, IFormatProvider)指定した書式およびカルチャ固有の書式情報を使用して、現在の DateTimeOffset オブジェクトの値をそれと等価の文字列形式に変換します。
パブリック メソッド汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETToUniversalTime現在の DateTimeOffset オブジェクトを、世界協定時刻 (UTC) を表す DateTimeOffset 値に変換します。
パブリック メソッド静的メンバー汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETTryParse(String, DateTimeOffset)指定した文字列形式の日時を対応する DateTimeOffset 表現に変換できるかどうかを試行し、変換に成功したかどうかを示す値を返します。
パブリック メソッド静的メンバー汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETTryParse(String, IFormatProvider, DateTimeStyles, DateTimeOffset)指定した文字列形式の日時を対応する DateTimeOffset 表現に変換できるかどうかを試行し、変換に成功したかどうかを示す値を返します。
パブリック メソッド静的メンバー汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETTryParseExact(String, String, IFormatProvider, DateTimeStyles, DateTimeOffset)指定した書式、カルチャ固有の書式情報、およびスタイルを使用して、指定した日付と時刻の文字列形式を等価の DateTimeOffset に変換します。 文字列形式の書式は、指定した書式と完全に一致する必要があります。
パブリック メソッド静的メンバー汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETTryParseExact(String, String[], IFormatProvider, DateTimeStyles, DateTimeOffset)指定した書式の配列、カルチャ固有の書式情報、およびスタイルを使用して、指定した日付と時刻の文字列形式を等価の DateTimeOffset に変換します。 文字列形式の書式は、指定されたいずれかの書式と完全に一致する必要があります。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック演算子静的メンバー汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETAddition特定の日時を持つ DateTimeOffset オブジェクトに対し、指定された時間間隔を加算し、新しい日時を持った DateTimeOffset オブジェクトを作成します。
パブリック演算子静的メンバー汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETEquality指定された 2 つの DateTimeOffset オブジェクトが、同じ特定の時点を表しているかどうかを判断します。
パブリック演算子静的メンバー汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETGreaterThan最初に指定した DateTimeOffset オブジェクトが 2 番目に指定した DateTimeOffset オブジェクトよりも大きい (後) かどうかを判断します。
パブリック演算子静的メンバー汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETGreaterThanOrEqual最初に指定した DateTimeOffset オブジェクトが 2 番目に指定した DateTimeOffset オブジェクト以上かどうかを判断します。
パブリック演算子静的メンバー汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETImplicit(DateTime to DateTimeOffset) DateTime オブジェクトから DateTimeOffset オブジェクトへの暗黙の型変換を定義します。
パブリック演算子静的メンバー汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETInequality指定された 2 つの DateTimeOffset オブジェクトが異なる時点を表しているかどうかを判断します。
パブリック演算子静的メンバー汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETLessThan最初に指定した DateTimeOffset オブジェクトが 2 番目に指定した DateTimeOffset オブジェクトより小さいかどうかを判断します。
パブリック演算子静的メンバー汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETLessThanOrEqual最初に指定した DateTimeOffset オブジェクトが 2 番目に指定した DateTimeOffset オブジェクトより小さいかどうかを判断します。
パブリック演算子静的メンバー汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETSubtraction(DateTimeOffset, DateTimeOffset)一方の DateTimeOffset オブジェクトをもう一方のオブジェクトから減算し、時間間隔を生成します。
パブリック演算子静的メンバー汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETSubtraction(DateTimeOffset, TimeSpan)指定した日付と時刻から指定した時間間隔を減算して、新しい日付と時刻を作成します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック フィールド静的メンバー汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETMaxValue DateTimeOffset の最大有効値を表します。 このフィールドは読み取り専用です。
パブリック フィールド静的メンバー汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETMinValue DateTimeOffset の最小有効値を表します。 このフィールドは読み取り専用です。
このページのトップへ

  名前説明
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッド汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETIComparable.CompareToインフラストラクチャ。現在の DateTimeOffset オブジェクトの値を同じ型の別のオブジェクトと比較します。
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッドIDeserializationCallback.OnDeserializationインフラストラクチャ。オブジェクトの逆シリアル化の完了後に実行します。
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッドISerializable.GetObjectDataインフラストラクチャ。現在の DateTimeOffset オブジェクトをシリアル化するために必要なデータを SerializationInfo オブジェクトに格納します。
このページのトップへ

DateTimeOffset 構造体は、DateTime 値のほかに、現在の DateTimeOffset インスタンスの日時と世界協定時刻 (UTC) 間の差を定義する Offset プロパティを保持します。 DateTime 構造体とは異なり、DateTimeOffset 構造体では、UTC に対する相対的な日時が正確に定義されるため、Kind メンバーは存在しません。 A.D. (西暦紀元) 0001 年 1 月 1 日 午前 00:00:00 から、A.D. 9999 年 12 月 31 日 午後 11:59:59 までの UTC 値を持つ日付と時刻を表すことができます。(西暦紀元) 9999 年 12 月 31 日の午後 11:59:59 までの間の値で日付と時刻を表します。

DateTimeOffset 値の時刻コンポーネントは、100 ナノ秒単位 (タイマー刻み) で表し、日付は A.D. (西暦紀元) 0001 年 1 月 1 日の午前 12:00 からのタイマー刻み数で表します。(C.E.) GregorianCalendar 暦の A.D. (西暦紀元) 1 年 1 月 1 日の深夜 12:00 からのタイマー刻みの数で表します。 DateTimeOffset 値は、常に、明示的な暦または既定の暦のコンテキストで表されます。 うるう秒に起因しているタイマー刻みは、タイマー刻みの合計数には含まれません。

メモメモ

分または秒など、いくつかの他の時間間隔に変換するタイマー刻み値で作業している場合は、TimeSpan.TicksPerDayTimeSpan.TicksPerHourTimeSpan.TicksPerMinuteTimeSpan.TicksPerSecond、または TimeSpan.TicksPerMillisecond 定数を使用して変換を実行する必要があります。 たとえば、指定されたタイマー刻みの数によって表される秒数を DateTimeOffset 値の Second コンポーネントに追加するには、式 dateValue.Second + nTicks/Timespan.TicksPerSecond を使用できます。

DateTimeOffset 値はオフセットを含むものの、タイム ゾーンに完全に対応したデータ構造とは言えません。 UTC からのオフセットは、あくまでタイム ゾーンの特性の 1 つであり、タイム ゾーンを明確に識別するものではありません。 UTC からのオフセットという観点で見ると、複数のタイム ゾーンが同じオフセットを共有する場合があるだけでなく、夏時間を採用するタイム ゾーンでは、同じタイム ゾーンでもオフセットが変化する場合があります。 つまり、いったん DateTimeOffset 値を対応するタイム ゾーンと切り離すと、元のタイム ゾーンを明確に判別することはできなくなるということです。

DateTimeOffset は構造体であるため、単に宣言しただけで初期化されていない場合、DateTimeOffset オブジェクトの各メンバー フィールドには既定値が格納されます。 つまり、DateTime プロパティは DateTimeOffset.MinValue に、Offset プロパティは TimeSpan.Zero に設定されます。

DateTimeOffset には、DateTime 構造体に定義されている各種のオーバーロード コンストラクターと同様のコンストラクターが定義されており、新しい値は、そのコンストラクターとして定義されている任意のオーバーロードを呼び出すことによって作成できます。 DateTimeOffset 値に DateTime 値を代入することによって新しい値を作成することもできます。 その場合は暗黙の型変換が実行されるため、キャスト演算子 (C# の場合) を使用したり、変換メソッド (Visual Basic の場合) を呼び出したりする必要はありません。 さらに、文字列解析を行う複数の静的メソッド (ParseParseExactTryParseTryParseExact など) を呼び出すことで、日時の文字列形式から DateTimeOffset 値を初期化することもできます。

DateTimeOffset 構造体のメンバーにより、次のような機能が実現します。

  • 日付と時刻の算術演算。

    特定の DateTimeOffset 値に対して、日付間隔または時刻間隔を加算または減算できます。 DateTimeOffset 値を使った算術演算では、DateTime 値を使った演算とは異なり、結果を返す際に、時刻オフセットの差が考慮されます。 たとえば、次のコードでは、DateTime 変数を使用して、現在の UTC 時刻から現在の現地時刻を減算しています。 次に、DateTimeOffset 変数を使用して、同じ演算を実行します。 DateTime 値を使った減算では、UTC とローカル タイム ゾーン間の差が返されるのに対し、DateTimeOffset 値を使った減算では、TimeSpan.Zero が返されます。

    
    using System;
    
    public class DateArithmetic
    {
       public static void Main()
       {
          DateTime date1, date2;
          DateTimeOffset dateOffset1, dateOffset2;
          TimeSpan difference;
    
          // Find difference between Date.Now and Date.UtcNow
          date1 = DateTime.Now;
          date2 = DateTime.UtcNow;
          difference = date1 - date2;
          Console.WriteLine("{0} - {1} = {2}", date1, date2, difference);
    
          // Find difference between Now and UtcNow using DateTimeOffset
          dateOffset1 = DateTimeOffset.Now;
          dateOffset2 = DateTimeOffset.UtcNow;
          difference = dateOffset1 - dateOffset2;
          Console.WriteLine("{0} - {1} = {2}", 
                            dateOffset1, dateOffset2, difference);
          // If run in the Pacific Standard time zone on 4/2/2007, the example
          // displays the following output to the console:
          //    4/2/2007 7:23:57 PM - 4/3/2007 2:23:57 AM = -07:00:00
          //    4/2/2007 7:23:57 PM -07:00 - 4/3/2007 2:23:57 AM +00:00 = 00:00:00                        
       }
    }
    
    
    
  • データ型の変換操作。

    DateTimeOffset 値と DateTime 値との間で双方向の変換を実行できます。

  • 時刻操作と抽出操作。

    DateTimeOffset 値から日付要素または時刻要素を抽出できます。 DateTimeOffset を構成する特定の要素 (年、月など) の値を取得することもできます。

  • 日付と時刻の変換。

    任意の DateTimeOffset 値を別の (つまり、他のタイム ゾーンにおける特定の同じ時点を表す) DateTimeOffset 値に変換できます。 ただし、タイム ゾーンの調整規則は、DateTimeOffset 値をローカル システム ゾーンの日時に変換する ToLocalTime メソッドの場合にしか適用されません。

  • 日付と時刻の比較。

    特定の DateTimeOffset 値が他の DateTimeOffset 値と比べて前か後か、または同じかを調べることができます。 すべての値は比較を実行する前に UTC に変換されます。

.NET Framework

サポート対象 : 4.5.2、4.5.1、4.5、4、3.5 SP1、3.0 SP1、2.0 SP1

.NET Framework Client Profile

サポート対象 : 4、3.5 SP1

汎用性のあるクラス ライブラリ

サポート対象 : 汎用性のあるクラス ライブラリ

Windows ストア アプリ用 .NET

サポート対象 : Windows 8

Windows Phone アプリ用 .NET

サポート対象 : Windows Phone 8、Silverlight 8.1

Windows Phone 8.1, Windows Phone 8, Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, Windows Vista SP2, Windows Server 2008 (サーバー コア ロールはサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降でサーバー コア ロールをサポート。Itanium はサポート対象外)

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft