エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

DateTime.ToLongDateString メソッド

2013/12/12

現在の DateTime オブジェクトの値を、それと等価な長い形式の日付の文字列形式に変換します。

Namespace:  System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public string ToLongDateString()

戻り値

型: System.String
現在の DateTime オブジェクトの長い形式の日付文字列形式。

現在の DateTime オブジェクトの値は、現在のスレッド カルチャに関連付けられている LongDatePattern プロパティにより定義されたパターンを使用して書式設定されます。戻り値は、ToString(String) メソッドで標準の日時書式指定文字列として "D" を指定した場合の戻り値と同じです。

重要: 重要:

ToLongDateString メソッドにより返される文字列は、カルチャによって異なります。これには、現在のカルチャの DateTimeFormatInfo オブジェクトにより定義されるパターンが反映されます。たとえば、標準の長い日付形式のパターンは、en-US カルチャでは "dddd, MMMM dd, yyyy"、de-DE カルチャでは "dddd, d. MMMM yyyy"、ja-JP カルチャでは "yyyy'?'M'?'d'?'" になります。特定のコンピューターで指定された書式指定文字列も、標準の長い日付形式の書式指定文字列とは異なるようにカスタマイズできます。

現在のスレッド カルチャの詳細については、CurrentCulture プロパティのトピックを参照してください。形式指定文字に関連付けられた形式指定パターンの変更の詳細については、DateTimeFormatInfo クラスのトピックを参照してください。

ToLongDateString メソッドの例を次に示します。


// This code example demonstrates the DateTime.ToLongDateString(),
// DateTime.ToLongTimeString(), DateTime.ToShortDateString(), and
// DateTime.ToShortTimeString() methods.

using System;
using System.Threading;
using System.Globalization;

class Example
{
   public static void Demo(System.Windows.Controls.TextBlock outputBlock)
   {
      string msg1 = "The date and time patterns are defined in the DateTimeFormatInfo \n" +
                    "object associated with the current thread culture.\n";

      // Initialize a DateTime object.
      outputBlock.Text += String.Format("Initialize the DateTime object to May 16, 2001 3:02:15 AM.\n") + "\n";
      DateTime myDateTime = new System.DateTime(2001, 5, 16, 3, 2, 15);

      // Identify the source of the date and time patterns.
      outputBlock.Text += msg1 + "\n";

      // Display the name of the current culture.
      CultureInfo ci = Thread.CurrentThread.CurrentCulture;
      outputBlock.Text += String.Format("Current culture: \"{0}\"\n", ci.Name) + "\n";

      // Display the long date pattern and string.
      outputBlock.Text += String.Format("Long date pattern: \"{0}\"", ci.DateTimeFormat.LongDatePattern) + "\n";
      outputBlock.Text += String.Format("Long date string:  \"{0}\"\n", myDateTime.ToLongDateString()) + "\n";

      // Display the long time pattern and string.
      outputBlock.Text += String.Format("Long time pattern: \"{0}\"", ci.DateTimeFormat.LongTimePattern) + "\n";
      outputBlock.Text += String.Format("Long time string:  \"{0}\"\n", myDateTime.ToLongTimeString()) + "\n";

      // Display the short date pattern and string.
      outputBlock.Text += String.Format("Short date pattern: \"{0}\"", ci.DateTimeFormat.ShortDatePattern) + "\n";
      outputBlock.Text += String.Format("Short date string:  \"{0}\"\n", myDateTime.ToShortDateString()) + "\n";

      // Display the short time pattern and string.
      outputBlock.Text += String.Format("Short time pattern: \"{0}\"", ci.DateTimeFormat.ShortTimePattern) + "\n";
      outputBlock.Text += String.Format("Short time string:  \"{0}\"\n", myDateTime.ToShortTimeString()) + "\n";
   }
}

/*
This code example produces the following results:

Initialize the DateTime object to May 16, 2001 3:02:15 AM

The date and time patterns are defined in the DateTimeFormatInfo
object associated with the current thread culture.

Current culture: "en-US"

Long date pattern: "dddd, MMMM dd, yyyy"
Long date string:  "Wednesday, May 16, 2001"

Long time pattern: "h:mm:ss tt"
Long time string:  "3:02:15 AM"

Short date pattern: "M/d/yyyy"
Short date string:  "5/16/2001"

Short time pattern: "h:mm tt"
Short time string:  "3:02 AM"

*/


Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

表示:
© 2014 Microsoft