エクスポート (0) 印刷
すべて展開
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文

DateTime 構造体

通常、日付や時刻として表現される瞬間を表します。

この型の .NET Framework のソース・コードを参照するには、参照してください 参照元

名前空間:  System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

[SerializableAttribute]
public struct DateTime : IComparable, IFormattable, 
	IConvertible, ISerializable, IComparable<DateTime>, IEquatable<DateTime>

DateTime 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETDateTime(Int64) DateTime 構造体の新しいインスタンスを、指定したタイマー刻み数に初期化します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETDateTime(Int64, DateTimeKind) DateTime 構造体の新しいインスタンスを、指定したタイマー刻み数と世界協定時刻 (UTC) または現地時刻に初期化します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETDateTime(Int32, Int32, Int32) DateTime 構造体の新しいインスタンスを、指定した年、月、および日に初期化します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポートDateTime(Int32, Int32, Int32, Calendar) DateTime 構造体の新しいインスタンスを、指定した暦の指定した年、月、および日に初期化します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETDateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32) DateTime 構造体の新しいインスタンスを、指定した年、月、日、時、分、および秒に初期化します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETDateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, DateTimeKind) DateTime 構造体の新しいインスタンスを、指定した年、月、日、時、分、秒、および世界協定時刻 (UTC) または現地時刻に初期化します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポートDateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Calendar) DateTime 構造体の新しいインスタンスを、指定した暦の指定した年、月、日、時、分、および秒に初期化します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETDateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32) DateTime 構造体の新しいインスタンスを、指定した年、月、日、時、分、秒、およびミリ秒に初期化します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETDateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, DateTimeKind) DateTime 構造体の新しいインスタンスを、指定した年、月、日、時、分、秒、ミリ秒、および世界協定時刻 (UTC) または現地時刻に初期化します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポートDateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Calendar) DateTime 構造体の新しいインスタンスを、指定した暦の指定した年、月、日、時、分、秒、およびミリ秒に初期化します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポートDateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Calendar, DateTimeKind) DateTime 構造体の新しいインスタンスを、特定の暦の指定した年、月、日、時、分、秒、ミリ秒、および世界協定時刻 (UTC) または現地時刻に初期化します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック プロパティXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETDateこのインスタンスの日付の部分を取得します。
パブリック プロパティXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETDayこのインスタンスで表される月の日付を取得します。
パブリック プロパティXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETDayOfWeekこのインスタンスで表される曜日を取得します。
パブリック プロパティXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETDayOfYearこのインスタンスで表される年間積算日を取得します。
パブリック プロパティXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETHourこのインスタンスで表される日付の時間の部分を取得します。
パブリック プロパティXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETKindこのインスタンスが表す時刻の種類 (現地時刻、世界協定時刻 (UTC)、または、そのどちらでもない) を示す値を取得します。
パブリック プロパティXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETMillisecondこのインスタンスで表される日付のミリ秒の部分を取得します。
パブリック プロパティXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETMinuteこのインスタンスで表される日付の分の部分を取得します。
パブリック プロパティXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETMonthこのインスタンスで表される日付の月の部分を取得します。
パブリック プロパティ静的メンバーXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETNowコンピューター上の現在の日時を現地時刻で表した DateTime オブジェクトを取得します。
パブリック プロパティXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETSecondこのインスタンスで表される日付の秒の部分を取得します。
パブリック プロパティXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETTicksこのインスタンスの日付と時刻を表すタイマー刻み数を取得します。
パブリック プロパティXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETTimeOfDayこのインスタンスの時刻を取得します。
パブリック プロパティ静的メンバーXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETToday現在の日付を取得します。
パブリック プロパティ静的メンバーXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETUtcNowコンピューター上の現在の日時を世界協定時刻 (UTC) で表した DateTime オブジェクトを取得します。
パブリック プロパティXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETYearこのインスタンスで表される日付の年の部分を取得します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETAddこのインスタンスの値に、指定された TimeSpan の値を加算した新しい DateTime を返します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETAddDaysこのインスタンスの値に、指定された日数を加算した新しい DateTime を返します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETAddHoursこのインスタンスの値に、指定された時間数を加算した新しい DateTime を返します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETAddMillisecondsこのインスタンスの値に、指定されたミリ秒数を加算した新しい DateTime を返します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETAddMinutesこのインスタンスの値に、指定された分数を加算した新しい DateTime を返します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETAddMonthsこのインスタンスの値に、指定された月数を加算した新しい DateTime を返します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETAddSecondsこのインスタンスの値に、指定された秒数を加算した新しい DateTime を返します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETAddTicksこのインスタンスの値に、指定されたタイマー刻みの数を加算した新しい DateTime を返します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETAddYearsこのインスタンスの値に、指定された年数を加算した新しい DateTime を返します。
パブリック メソッド静的メンバーXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETCompare DateTime の 2 つのインスタンスを比較し、第 1 のインスタンスが第 2 のインスタンスよりも前か、同じか、または後かを示す整数を返します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETCompareTo(DateTime)このインスタンスの値と指定した DateTime の値を比較し、このインスタンスの値が指定した DateTime の値よりも前か、同じか、または後かを示す整数を返します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポートCompareTo(Object)このインスタンスの値と指定した DateTime の値を含む指定したオブジェクトを比較し、このインスタンスの値が指定した DateTime の値よりも前か、同じか、または後かを示す整数を返します。
パブリック メソッド静的メンバーXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETDaysInMonth指定した月および年の日数を返します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETEquals(DateTime)このインスタンスの値が、指定した DateTime インスタンスの値と等しいかどうかを示す値を返します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETEquals(Object)対象のインスタンスが、指定したオブジェクトに等しいかどうかを示す値を返します。 (ValueType.Equals(Object) をオーバーライドします。)
パブリック メソッド静的メンバーXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETEquals(DateTime, DateTime) DateTime の 2 つのインスタンスが同じ日付/時刻値を持っているかどうかを示す値を返します。
パブリック メソッド静的メンバー汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETFromBinary64 ビットのバイナリ値を逆シリアル化し、元のシリアル化 DateTime オブジェクトを再構築します。
パブリック メソッド静的メンバーXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETFromFileTime指定された Windows ファイル時刻を同等の現地時刻に変換します。
パブリック メソッド静的メンバーXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETFromFileTimeUtc指定された Windows ファイル時刻を同等の UTC 時刻に変換します。
パブリック メソッド静的メンバーXNA Framework によるサポートFromOADate指定した OLE オートメーション日付と等しい DateTime を返します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETGetDateTimeFormats()このインスタンスの値を、標準の日時形式指定子によってサポートされるすべての文字列形式に変換します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETGetDateTimeFormats(Char)このインスタンスの値を、指定した標準の日時形式指定子によってサポートされるすべての文字列形式に変換します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETGetDateTimeFormats(IFormatProvider)このインスタンスの値を、標準日時形式指定子および指定したカルチャ固有の書式情報によってサポートされる、すべての文字列形式に変換します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETGetDateTimeFormats(Char, IFormatProvider)このインスタンスの値を、指定した標準日時形式指定子およびカルチャ固有の書式情報によってサポートされる、すべての文字列形式に変換します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETGetHashCode対象のインスタンスのハッシュ コードを返します。 (ValueType.GetHashCode() をオーバーライドします。)
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETGetType現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドXNA Framework によるサポートGetTypeCode DateTime 値型の TypeCode を返します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETIsDaylightSavingTime DateTime のインスタンスが、現在のタイム ゾーンの夏時間の期間内であるかどうかを示します。
パブリック メソッド静的メンバーXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETIsLeapYear指定した年が閏年かどうかを示す値を返します。
パブリック メソッド静的メンバーXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETParse(String)日付と時刻の文字列形式を等価の DateTime に変換します。
パブリック メソッド静的メンバーXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETParse(String, IFormatProvider)カルチャ固有の書式情報を使用して、日付と時刻の文字列形式を等価の DateTime に変換します。
パブリック メソッド静的メンバーXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETParse(String, IFormatProvider, DateTimeStyles)カルチャ固有の書式情報と書式スタイルを使用して、日付と時刻の文字列形式を等価の DateTime に変換します。
パブリック メソッド静的メンバーXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETParseExact(String, String, IFormatProvider)指定した書式とカルチャ固有の書式情報を使用して、指定した日付と時刻の文字列形式を等価の DateTime の値に変換します。 文字列形式の書式は、指定した書式と完全に一致する必要があります。
パブリック メソッド静的メンバーXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETParseExact(String, String, IFormatProvider, DateTimeStyles)指定した書式、カルチャ固有の書式情報、およびスタイルを使用して、指定した日付と時刻の文字列形式を等価の DateTime に変換します。 文字列形式の書式は、指定した書式と完全に一致する必要があります。それ以外の場合は、例外がスローされます。
パブリック メソッド静的メンバーXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETParseExact(String, String[], IFormatProvider, DateTimeStyles)指定した書式の配列、カルチャ固有の書式情報、およびスタイルを使用して、指定した日付と時刻の文字列形式を等価の DateTime に変換します。 文字列形式の書式は、指定した書式の少なくとも 1 つと完全に一致する必要があります。それ以外の場合は、例外がスローされます。
パブリック メソッド静的メンバーXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETSpecifyKind指定された DateTime と同じタイマー刻みの数を持つ新しい DateTime オブジェクトを、指定された DateTimeKind 値 (現地時刻、世界協定時刻 (UTC)、または、そのいずれでもないことを示す) に基づいて作成します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETSubtract(DateTime)このインスタンスから指定した日付と時刻を減算します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETSubtract(TimeSpan)このインスタンスから指定した存続時間を減算します。
パブリック メソッド汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETToBinary現在の DateTime オブジェクトを 64 ビットのバイナリ値にシリアル化します。後で、この値を使って、DateTime オブジェクトを再構築できます。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETToFileTime現在の DateTime オブジェクトの値を Windows ファイル時刻に変換します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETToFileTimeUtc現在の DateTime オブジェクトの値を Windows ファイル時刻に変換します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETToLocalTime現在の DateTime オブジェクトの値を現地時刻に変換します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポートToLongDateString現在の DateTime オブジェクトの値を、それと等価な長い形式の日付の文字列形式に変換します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポートToLongTimeString現在の DateTime オブジェクトの値を、それと等価な長い形式の時刻の文字列形式に変換します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポートToOADateこのインスタンスの値をそれと等価な OLE オートメーション日付に変換します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポートToShortDateString現在の DateTime オブジェクトの値を、それと等価な短い形式の日付の文字列形式に変換します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポートToShortTimeString現在の DateTime オブジェクトの値を、それと等価な短い形式の時刻の文字列形式に変換します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETToString()現在の DateTime オブジェクトの値を等価の文字列形式に変換します。 (ValueType.ToString() をオーバーライドします。)
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETToString(IFormatProvider)指定したカルチャ固有の書式情報を使用して、現在の DateTime オブジェクトの値をそれと等価な文字列形式に変換します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETToString(String)指定した書式を使用して、現在の DateTime オブジェクトの値をそれと等価な文字列形式に変換します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETToString(String, IFormatProvider)指定した書式およびカルチャ固有の書式情報を使用して、現在の DateTime オブジェクトの値をそれと等価の文字列形式に変換します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETToUniversalTime現在の DateTime オブジェクトの値を世界協定時刻 (UTC) に変換します。
パブリック メソッド静的メンバー汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETTryParse(String, DateTime)指定した文字列形式の日時を対応する DateTime 表現に変換し、変換に成功したかどうかを示す値を返します。
パブリック メソッド静的メンバー汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETTryParse(String, IFormatProvider, DateTimeStyles, DateTime)指定したカルチャ固有の書式情報と書式スタイルを使用して、指定した文字列形式の日付と時刻をそれと等価の DateTime に変換し、変換に成功したかどうかを示す値を返します。
パブリック メソッド静的メンバー汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETTryParseExact(String, String, IFormatProvider, DateTimeStyles, DateTime)指定した書式、カルチャ固有の書式情報、およびスタイルを使用して、指定した日付と時刻の文字列形式を等価の DateTime に変換します。 文字列形式の書式は、指定した書式と完全に一致する必要があります。 このメソッドは、変換に成功したかどうかを示す値を返します。
パブリック メソッド静的メンバー汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETTryParseExact(String, String[], IFormatProvider, DateTimeStyles, DateTime)指定した書式の配列、カルチャ固有の書式情報、およびスタイルを使用して、指定した日付と時刻の文字列形式を等価の DateTime に変換します。 文字列形式の書式は、指定した書式の少なくとも 1 つと完全に一致する必要があります。 このメソッドは、変換に成功したかどうかを示す値を返します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック演算子静的メンバーXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETAddition指定した日付と時刻に指定した時間間隔を加算して、新しい日付と時刻を作成します。
パブリック演算子静的メンバーXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETEquality DateTime の 2 つの指定したインスタンスが等しいかどうかを判断します。
パブリック演算子静的メンバーXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETGreaterThan指定した DateTime が、指定したもう 1 つの DateTime より後の時刻かどうかを判断します。
パブリック演算子静的メンバーXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETGreaterThanOrEqual指定した 1 つの DateTime が、指定した別の DateTime と同じ日時またはそれより後の日時を表しているかどうかを判断します。
パブリック演算子静的メンバーXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETInequality DateTime の 2 つの指定したインスタンスが等しくないかどうかを判断します。
パブリック演算子静的メンバーXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETLessThan指定した DateTime が、指定したもう 1 つの DateTime より前の時刻かどうかを判断します。
パブリック演算子静的メンバーXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETLessThanOrEqual指定した 1 つの DateTime が、指定した別の DateTime と同じ日時またはそれより前の日時を表しているかどうかを判断します。
パブリック演算子静的メンバーXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETSubtraction(DateTime, DateTime)指定した日付と時刻から指定したもう 1 つの日付と時刻を減算して、時間間隔を返します。
パブリック演算子静的メンバーXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETSubtraction(DateTime, TimeSpan)指定した日付と時刻から指定した時間間隔を減算して、新しい日付と時刻を返します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック フィールド静的メンバーXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETMaxValue DateTime の最大有効値を表します。 このフィールドは読み取り専用です。
パブリック フィールド静的メンバーXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETMinValue DateTime の最小有効値を表します。 このフィールドは読み取り専用です。
このページのトップへ

  名前説明
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッド汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETIComparable.CompareTo現在のインスタンスを同じ型の別のオブジェクトと比較し、このインスタンスの並べ替え順序での位置が、比較対象のオブジェクトと比べて前か、後か、または同じかを示す整数を返します。
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッドXNA Framework によるサポートIConvertible.ToBooleanインフラストラクチャ。この変換はサポートされていません。 このメソッドを使用しようとすると、InvalidCastException がスローされます。
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッドXNA Framework によるサポートIConvertible.ToByteインフラストラクチャ。この変換はサポートされていません。 このメソッドを使用しようとすると、InvalidCastException がスローされます。
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッドXNA Framework によるサポートIConvertible.ToCharインフラストラクチャ。この変換はサポートされていません。 このメソッドを使用しようとすると、InvalidCastException がスローされます。
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッドXNA Framework によるサポートIConvertible.ToDateTimeインフラストラクチャ。現在の DateTime オブジェクトを返します。
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッドXNA Framework によるサポートIConvertible.ToDecimalインフラストラクチャ。この変換はサポートされていません。 このメソッドを使用しようとすると、InvalidCastException がスローされます。
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッドXNA Framework によるサポートIConvertible.ToDoubleインフラストラクチャ。この変換はサポートされていません。 このメソッドを使用しようとすると、InvalidCastException がスローされます。
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッドXNA Framework によるサポートIConvertible.ToInt16インフラストラクチャ。この変換はサポートされていません。 このメソッドを使用しようとすると、InvalidCastException がスローされます。
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッドXNA Framework によるサポートIConvertible.ToInt32インフラストラクチャ。この変換はサポートされていません。 このメソッドを使用しようとすると、InvalidCastException がスローされます。
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッドXNA Framework によるサポートIConvertible.ToInt64インフラストラクチャ。この変換はサポートされていません。 このメソッドを使用しようとすると、InvalidCastException がスローされます。
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッドXNA Framework によるサポートIConvertible.ToSByteインフラストラクチャ。この変換はサポートされていません。 このメソッドを使用しようとすると、InvalidCastException がスローされます。
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッドXNA Framework によるサポートIConvertible.ToSingleインフラストラクチャ。この変換はサポートされていません。 このメソッドを使用しようとすると、InvalidCastException がスローされます。
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッドXNA Framework によるサポートIConvertible.ToTypeインフラストラクチャ。現在の DateTime オブジェクトを、指定された型のオブジェクトに変換します。
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッドXNA Framework によるサポートIConvertible.ToUInt16インフラストラクチャ。この変換はサポートされていません。 このメソッドを使用しようとすると、InvalidCastException がスローされます。
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッドXNA Framework によるサポートIConvertible.ToUInt32インフラストラクチャ。この変換はサポートされていません。 このメソッドを使用しようとすると、InvalidCastException がスローされます。
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッドXNA Framework によるサポートIConvertible.ToUInt64インフラストラクチャ。この変換はサポートされていません。 このメソッドを使用しようとすると、InvalidCastException がスローされます。
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッドISerializable.GetObjectData SerializationInfo オブジェクトに、現在の DateTime オブジェクトをシリアル化するために必要なデータを格納します。
このページのトップへ

この型の .NET Framework のソース・コードを表示するには、参照してください 参照元 ソース・コードをオンラインで参照し、ソースによってデバッグ中にオフラインで表示の参照、およびステップ (を含むパッチおよび更新) ;ダウンロードできます。参照してください 手順

DateTime の値型は 00:00 ~ 値と日時を表す: 00 時)、時代 (年号) の 1 年 1 月 1 日 11:59 0001 による西暦 (共通) : 59 アフリカーンス語.、12 年 1 月 31 日 9999 A.D。(C.E.) グレゴリオ暦です。

時刻値は 100 ナノ秒単位 (タイマー刻み) で表し、日付は (うるう秒が追加されるタイマー刻みを除く) GregorianCalendar 暦の A.D. (西暦紀元) 1 年 1 月 1 日の午前 00:00 からのタイマー刻み数で表します。 たとえば、タイマー刻み値 31241376000000000L は、0100 年 1 月 1 日 (金曜日) の深夜 12:00:00 を表します。 DateTime 値は、常に、明示的な暦または既定の暦のコンテキストで表されます。

メモメモ

分または秒など、いくつかの他の時間間隔に変換するタイマー刻み値で作業している場合は、TimeSpan.TicksPerDayTimeSpan.TicksPerHourTimeSpan.TicksPerMinuteTimeSpan.TicksPerSecond、または TimeSpan.TicksPerMillisecond 定数を使用して変換を実行する必要があります。 たとえば、指定されたタイマー刻みの数によって表される秒数を DateTime 値の Second コンポーネントに追加するには、式 dateValue.Second + nTicks/Timespan.TicksPerSecond を使用できます。

このセクションの内容:

DateTime オブジェクトをインスタンス化する。
日付と時刻の値の文字列形式
日付と時刻の値に変換します。
バージョンの考慮事項
日時の値
DateTime 操作
DateTime と TimeSpan
COM 相互運用機能に関する考慮事項

DateTime オブジェクトをインスタンス化する。

新しい DateTime 値は、次のいずれかの方法で作成できます。

  • 日付と時刻の値の特定の要素 (年、月、および日、タイマー刻みの数など) を指定できる DateTime コンストラクターの任意のオーバーロードを呼び出す。 特定の年、月、日、時、分、および秒を指定して日付を作成するために DateTime コンストラクターのいずれかを呼び出すステートメントを次に示します。

    
    DateTime date1 = new DateTime(2008, 5, 1, 8, 30, 52);
    
    
    
  • 日付と時刻の値を宣言するための、任意のコンパイラ固有の構文を使用する。 たとえば、次の Visual Basic ステートメントは、新しい DateTime 値を初期化します。

    
    Dim date1 As Date = #5/1/2008 8:30:52AM#
    
    
    
  • プロパティまたはメソッドにより返される日付と時刻の値を DateTime オブジェクトに代入する。 現在の日付と時刻、現在の世界協定時刻 (UTC) の日付と時刻、および現在の日付を 3 つの新しい DateTime 変数に代入する例を次に示します。

    
    DateTime date1 = DateTime.Now;
    DateTime date2 = DateTime.UtcNow;
    DateTime date3 = DateTime.Today;
    
    
    
  • 日付と時刻の値の文字列形式を解析する。 Parse ParseExactTryParse、および TryParseExact のすべてのメソッドは、文字列をそれと等価の日付と時刻の値に変換します。 Parse メソッドを使用して文字列を解析し、DateTime 値に変換する例を次に示します。

    
    string dateString = "5/1/2008 8:30:52 AM";
    DateTime date1 = DateTime.Parse(dateString, 
                              System.Globalization.CultureInfo.InvariantCulture); 
    
    
    

    TryParse メソッドと TryParseExact メソッドは、変換を実行する他に、特定の文字列に DateTime 値の有効形式が含まれているかどうかを示します。

  • DateTime 構造体の暗黙の既定コンストラクターを呼び出す。値型の暗黙の既定コンストラクターの詳細については、「値型 (C# リファレンス)」を参照してください。ほぼ同等のものがサポートされるコンパイラでは、日付と時刻を明示的に代入しないでも、それにより DateTime 値が宣言されています。 次の例では、C# および Visual Basic での DateTime 暗黙の既定コンストラクターの呼び出しと、Visual Basic で代入をしない場合の DateTime 変数宣言を示します。

    
    DateTime dat1 = new DateTime();
    // The following method call displays 1/1/0001 12:00:00 AM.
    Console.WriteLine(dat1.ToString(System.Globalization.CultureInfo.InvariantCulture));
    // The following method call displays True.
    Console.WriteLine(dat1.Equals(DateTime.MinValue));
    
    
    

日付と時刻の値の文字列形式

内部的には、すべての DateTime 値は、0001 年 1 月 1 日午前 0 時以降の経過時間 (100 ナノ秒単位) で表されます。 実際の DateTime 値は、ユーザー インターフェイス要素に表示される場合やファイルに書き込まれる場合に値を表示する方法には依存しません。 DateTime 値の外観は、書式設定操作の結果です。 書式設定は、値をその値の文字列形式に変換するプロセスです。

日付と時刻の値の外観は、カルチャ、国際基準、アプリケーション要件、ユーザーの好みなどの要因によって異なるため、DateTime 構造体では、その ToString メソッドのオーバーロードを使用して、日付と時刻の値を柔軟に書式設定できます。 既定の DateTime.ToString() メソッドは、現在のカルチャの短い形式の日付パターンと長い形式の時刻パターンを使用して、文字列形式の日付と時刻の値を返します。 次の例では、既定の DateTime.ToString() メソッドを使用し、この例が実行されたコンピューターの現在のカルチャである en-US カルチャの短い形式の日付パターンと長い形式の時刻パターンを使用して日付と時刻を表示します。


DateTime date1 = new DateTime(2008, 3, 1, 7, 0, 0);
Console.WriteLine(date1.ToString());
// For en-US culture, displays 3/1/2008 7:00:00 AM


DateTime.ToString(IFormatProvider) メソッドは、特定のカルチャの短い形式の日付パターンと長い形式の時刻パターンを使用して、文字列形式の日付と時刻の値を返します。 DateTime.ToString(IFormatProvider) メソッドを使用し、fr-FR カルチャの短い形式の日付パターンと長い形式の時刻パターンを使用して日付と時刻を表示する例を次に示します。


DateTime date1 = new DateTime(2008, 3, 1, 7, 0, 0);
Console.WriteLine(date1.ToString(System.Globalization.CultureInfo.CreateSpecificCulture("fr-FR")));
// Displays 01/03/2008 07:00:00


DateTime.ToString(String) メソッドは、現在のカルチャの書式指定規則を使用し、標準書式指定子またはカスタム書式指定子によって定義された書式で、文字列形式の日付と時刻を返します。 次の例では、DateTime.ToString(String) メソッドを使用して、この例が実行されたコンピューターの現在のカルチャである en-US カルチャの完全な日付と時刻のパターンを表示します。


DateTime date1 = new DateTime(2008, 3, 1, 7, 0, 0);
Console.WriteLine(date1.ToString("F"));
// Displays Saturday, March 01, 2008 7:00:00 AM


DateTime.ToString(String, IFormatProvider) メソッドは、特定のカルチャの書式指定規則を使用し、特定の書式指定子によって定義された書式で、文字列形式の日付と時刻を返します。 DateTime.ToString(String, IFormatProvider) メソッドを使用し、fr-FR カルチャの完全な日付と時刻のパターンを表示する例を次に示します。


DateTime date1 = new DateTime(2008, 3, 1, 7, 0, 0);
Console.WriteLine(date1.ToString("F", new System.Globalization.CultureInfo("fr-FR")));
// Displays samedi 1 mars 2008 07:00:00


DateTime 値の書式設定の詳細については、「標準 Date and Time Format Stringsカスタム Date and Time Format Strings」を参照してください。

日付と時刻の値に変換します。

解析は DateTime 値に日付と時刻の文字列形式に変換する必要があります。 通常、日付と時刻文字列にアプリケーションの 2 とおりの使用方法があります:

  • これらはさまざまな形式にすることも、現在のカルチャまたは特定のカルチャの規則を反映し、日付を表します。 たとえば、アプリケーションが現在のカルチャが「12/15/2013 "、「2013 年 1 月 12 日 15 時」として日付値の入力 en-US 現在のカルチャが「15/12/2013 "、「2013 年 1 月 12 日 15 時として日付の値を」送信 en-GB であるユーザーを可能にするユーザーができる場合もあります。

  • これらは定義済みのな形式で日付を表します。 たとえば、アプリケーションに「アプリケーションが実行されている、または日付を現在のカルチャの短い日付形式で入力する必要がある場合があります。カルチャとは関係なく 20130103 "として日付をシリアル化されることがあります。

DateTime 値のカルチャで使用される共通の日付と時刻の形式の 1 つがに影響を与える可能性がある文字列の変換に Parse または TryParse のメソッドを使用できます。 DateTime 値には、さまざまなカルチャ固有の形式で日付文字列を変換する方法に TryParse を使用する方法を次の例に示します。 これは英語 (英国) と呼び出しに日付および時刻文字列の配列を作成するには、現在のカルチャを GetDateTimeFormats() メソッドを変更します。 これは TryParse のメソッドに、配列の各要素を渡します。 この例の出力は、解析のメソッドが正常にカルチャ固有の日付および時刻文字列に変換可能であることを示します。

DateTime 値に特定形式または形式と一致する日付および時刻文字列の変換に TryParseTryParseExact のメソッドを使用できます。 解析のメソッドにパラメーターとして 標準 または カスタム の日付と時刻の形式の一つ以上の文字列を使用して必要なスタイルや形式を指定します。 次の例では DateTime 値に「yyyyMMdd」形式または「HHmmss」形式である文字列の変換に TryParseExact(String, String[], IFormatProvider, DateTimeStyles, DateTime) のメソッドを使用します。

Parse ParseExact のメソッドは DateTime 値に変換する文字列を解析する場合に例外をスローします。 TryParse TryParseExact のメソッドは成功したかどうか、または失敗した変換を表すブール値を返します。 特に文字列をユーザーが入力した場合は、日付および時刻文字列の解析操作では、例外処理と高い高い失敗率がありがちなので、変換に失敗が高い値に従うこともパフォーマンスが重要であるか、シナリオに TryParse または TryParseExact のメソッドを使用する必要があります。

解析の日付と時刻の値の詳細については、「解析の日付と時刻文字列」を参照してください。

バージョンの考慮事項

以前のバージョンの .NET Framework では、DateTime 構造体に、プライベートの Ticks フィールド (62 ビットの符号なしフィールドで日付と時刻を表すタイマー刻み数を格納) と、未使用の 2 ビット フィールドとが連結された、合わせて 64 ビットのフィールドが格納されていました。 Ticks フィールドの値は、Ticks プロパティで取得できます。

.NET Framework 2.0 以降では、DateTime 構造体には、Ticks フィールドとプライベートの Kind フィールドとが連結された、合わせて 64 ビットのフィールドが格納されます。 Kind フィールドは、DateTime 構造体によって表される時刻が "現地時刻である"、"世界協定時刻 (UTC: Coordinated Universal Time) である"、または、"未指定のタイム ゾーンの時刻である" のいずれかを示す 2 ビットのフィールドです。 Kind フィールドは、主にタイム ゾーン間の時刻変換時に使用され、時刻の比較や算術計算には使用されません。 Kind フィールドの値は、Kind プロパティで取得できます。

メモメモ

特定のタイム ゾーンの日付と時刻の値を使用する DateTime 構造体の代わりに、DateTimeOffset 構造体を使用します。 DateTimeOffset 構造体では、DateTime プライベート フィールドに日付と時刻の情報が格納され、Int16 プライベート フィールドに UTC との日付と時刻の差が分単位で格納されます。 これによって、DateTimeOffset 値が特定のタイム ゾーンの時刻を表し、DateTime 値が UTC とローカル タイム ゾーンの時刻のみを明確に表すことができます。 日付と時刻の値を使用する場合の DateTime 構造体と DateTimeOffset 構造体との使い分けの詳細については、「DateTime、DateTimeOffset、および TimeZoneInfo の使い分け」を参照してください。

日時の値

DateTime 型の時刻値は、多くの場合、世界協定時刻 (UTC) を使用して表されます。世界協定時刻はグリニッジ標準時 (GMT) と呼ばれることもあります。 世界協定時刻は、経度 0°を基準として計算された時刻です。 UTC は夏時間の影響を受けません。

現地時刻は、特定のタイム ゾーンを基準に計算されます。 タイム ゾーンには、特定のオフセット値 (UTC 基準点からの時間のずれ) が割り当てられます。 また、現地時刻は、夏時間を加味し、一日の長さを 1 時間遅らせたり、早めたりすることによって調整される場合があります。 したがって、現地時刻は、UTC にタイム ゾーン オフセットを加算し、必要に応じて夏時間を調整した時刻になります。 UTC 基準点におけるタイム ゾーン オフセットはゼロです。

UTC 時刻は、日時の計算や比較、およびファイルのタイムスタンプを追跡する目的に適しています。 現地時刻は、デスクトップ アプリケーションのユーザー インターフェイスでの表示に適しています。 (多くの Web アプリケーションなどの) タイム ゾーンに対応したアプリケーションは、他の多くのタイム ゾーンを処理する必要もあります。

DateTime オブジェクトの Kind プロパティが DateTimeKind.Unspecified の場合、時刻が現地時刻であるか、UTC 時刻であるか、または他のタイム ゾーンの時刻であるかは不定です。

DateTime 操作

Add Subtract など、DateTime 構造体を使用した計算では、この構造体の値そのものが変更されるわけではありません。 代わりに、計算結果を値として保持する、新しい DateTime 構造体が返されます。

夏時間は、タイム ゾーン間の (UTC 時刻と現地時刻、あるタイム ゾーンと別のタイム ゾーンなど) 変換時にのみ考慮され、日時の比較や算術計算時には考慮されません。

DateTime 構造体自体が、あるタイム ゾーンから別のタイム ゾーンへの変換を限定的にサポートします。 ToLocalTime メソッドを使用して UTC 時刻を現地時刻に変換することや、ToUniversalTime メソッドを使用して現地時刻を UTC 時刻に変換することができます。 ただし、TimeZoneInfo クラスには、タイム ゾーン変換メソッドがすべて用意されています。 これらのメソッドを使用すると、世界中のいずれかのタイム ゾーンの時刻を他のタイム ゾーンの時刻に変換できます。

DateTime オブジェクトの計算および比較では、対象となる複数のオブジェクトが同じタイム ゾーンの時刻を表している場合にのみ、意味のある結果を得ることができます。 TimeZoneInfo オブジェクトと DateTime 値のタイム ゾーンは疎結合されていますが、前者を使用して後者を示すことができます (つまり、DateTime オブジェクトには、Kind プロパティ以外に、日付と時刻の値に対応するタイム ゾーンを表すオブジェクトを返すプロパティがありません)。このため、タイム ゾーンに対応したアプリケーションで DateTime オブジェクトが作成されたタイム ゾーンを判断するには、外部機構に依存する必要があります。 たとえば、DateTime 値のタイム ゾーンを表す TimeZoneInfo オブジェクトと DateTime 値の両方をラップする構造体を使用できます。 DateTime 値を対象とする計算および比較で UTC を使用する方法の詳細については、「日付と時刻を使用した算術演算の実行」を参照してください。

DateTime の各メンバーは、暗黙的にグレゴリオ暦を使用して演算を実行します。ただし、暦を指定するコンストラクターや、System.Globalization.DateTimeFormatInfo などの、IFormatProvider から派生したパラメーターで暗黙的に暦を指定するメソッドは例外です。

DateTime のメンバーによる演算には、閏年、1 か月の日数などの情報を考慮に入れることができます。

DateTime 値の 2 つが他の一般的な操作は、文字列表現との間で日付と時刻の値を変換することです。 文字列形式に DateTime 値を変換するプロセスでは、書式設定操作で; 書式設定の詳細については、「日付と時刻の値の文字列形式」を参照してください。 DateTime 値に日付と時刻の文字列形式に変換するプロセスでは、解析操作で; 解析に関する詳細については、「日付と時刻の値に変換します。」を参照してください。

DateTime と TimeSpan

DateTime 値型と TimeSpan 値型の違う点は、DateTime が瞬間を表し、TimeSpan が時間間隔を表すことです。 つまり、たとえば DateTime の 1 つのインスタンスを別のインスタンスから減算すると、それら 2 つのインスタンス間の時間間隔を表す TimeSpan オブジェクトを取得できます。 または、現在の DateTime に正の TimeSpan を加算すると、将来の日付を表す DateTime 値が取得されます。

DateTime オブジェクトでは、時間間隔を加算したり、減算したりできます。 時間間隔の指定には、正数や負数、タイマー刻み数や秒数、または TimeSpan オブジェクトも使用できます。

COM 相互運用機能に関する考慮事項

DateTime 値は、一度、COM アプリケーションに転送し、その後、再びマネージ アプリケーションに戻すことができます。これを "値がラウンドトリップした" と言います。 しかし、DateTime 値に時刻しか指定されていないと、期待どおりに値がラウンドトリップしてくれません。

ラウンド トリップ時のみ、3 アフリカーンス語.などの、最終期日と時間 12 年 1 月 30 日 3:00 アフリカーンス語の場合、1899.の C.E.、1 か月の代わりに、1、3:00 アフリカーンス語.の 0001 C.E。これは、.NET Framework と COM が既定の日付を想定している場合に、時刻だけが指定されているために発生します。 ただし、COM システムは .NET Framework が 1 か月の日付をベースとする間、12 年 1 月 30 日 1899 C.E.に基づく日付が 1、0001 C.E.とします。

.NET Framework から COM に時刻しか渡さなかった場合、COM 用の時刻形式に変換するための特殊な処理が実行されます。 時刻だけが COM から .NET Framework に渡されると、特別な処理は行われません。これは、処理を行うと、1899 年 12 月 30 日以前の正しい日付と時刻が破損するためです。 これは、日付のラウンドトリップが COM から開始される場合は、.NET Framework と COM で日付が保持されることも意味します。

.NET Framework と COM における、こうした動作の違いを正しく理解することが大切です。時刻情報だけを指定した DateTime をラウンドトリップさせる場合、最終的に返された DateTime オブジェクトに対し、誤った日付を修正するか無視する処理をアプリケーション側で実装する必要があります。

ほぼ等しい DateTime の値を比較して、一定の小さな範囲の許容誤差において "等しい" と判定する方法を次の例に示します。


using System;

class DateTimeTester 
{
   static bool RoughlyEquals(DateTime time, DateTime timeWithWindow, int windowInSeconds, int frequencyInSeconds)
   {
      long delta = (long)((TimeSpan)(timeWithWindow - time)).TotalSeconds 
                                                     % frequencyInSeconds;

      delta = delta > windowInSeconds ? frequencyInSeconds - delta : delta;

      return Math.Abs(delta) < windowInSeconds;
	}

	public static void Main() 
	{
      int window = 10;
      int freq = 60 * 60 * 2; // 2 hours;

      DateTime d1 = DateTime.Now;

      DateTime d2 = d1.AddSeconds(2 * window);
      DateTime d3 = d1.AddSeconds(-2 * window);
      DateTime d4 = d1.AddSeconds(window / 2);
      DateTime d5 = d1.AddSeconds(-window / 2);

      DateTime d6 = (d1.AddHours(2)).AddSeconds(2 * window);
      DateTime d7 = (d1.AddHours(2)).AddSeconds(-2 * window);
      DateTime d8 = (d1.AddHours(2)).AddSeconds(window / 2);
      DateTime d9 = (d1.AddHours(2)).AddSeconds(-window / 2);

      Console.WriteLine("d1 ({0}) ~= d1 ({1}): {2}",
                        d1, d1, RoughlyEquals(d1, d1, window, freq));
      Console.WriteLine("d1 ({0}) ~= d2 ({1}): {2}", 
                        d1, d2, RoughlyEquals(d1, d2, window, freq));
      Console.WriteLine("d1 ({0}) ~= d3 ({1}): {2}", 
                        d1, d3, RoughlyEquals(d1, d3, window, freq));
      Console.WriteLine("d1 ({0}) ~= d4 ({1}): {2}", 
                        d1, d4, RoughlyEquals(d1, d4, window, freq));
      Console.WriteLine("d1 ({0}) ~= d5 ({1}): {2}", 
                        d1, d5, RoughlyEquals(d1, d5, window, freq));

      Console.WriteLine("d1 ({0}) ~= d6 ({1}): {2}", 
                        d1, d6, RoughlyEquals(d1, d6, window, freq));
      Console.WriteLine("d1 ({0}) ~= d7 ({1}): {2}", 
                        d1, d7, RoughlyEquals(d1, d7, window, freq));
      Console.WriteLine("d1 ({0}) ~= d8 ({1}): {2}", 
                        d1, d8, RoughlyEquals(d1, d8, window, freq));
      Console.WriteLine("d1 ({0}) ~= d9 ({1}): {2}", 
                        d1, d9, RoughlyEquals(d1, d9, window, freq));
	}
}
// The example displays output similar to the following:
//    d1 (1/28/2010 9:01:26 PM) ~= d1 (1/28/2010 9:01:26 PM): True
//    d1 (1/28/2010 9:01:26 PM) ~= d2 (1/28/2010 9:01:46 PM): False
//    d1 (1/28/2010 9:01:26 PM) ~= d3 (1/28/2010 9:01:06 PM): False
//    d1 (1/28/2010 9:01:26 PM) ~= d4 (1/28/2010 9:01:31 PM): True
//    d1 (1/28/2010 9:01:26 PM) ~= d5 (1/28/2010 9:01:21 PM): True
//    d1 (1/28/2010 9:01:26 PM) ~= d6 (1/28/2010 11:01:46 PM): False
//    d1 (1/28/2010 9:01:26 PM) ~= d7 (1/28/2010 11:01:06 PM): False
//    d1 (1/28/2010 9:01:26 PM) ~= d8 (1/28/2010 11:01:31 PM): True
//    d1 (1/28/2010 9:01:26 PM) ~= d9 (1/28/2010 11:01:21 PM): True


.NET Framework

サポート対象 : 4.5.2、4.5.1、4.5、4、3.5、3.0、2.0、1.1、1.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象 : 4、3.5 SP1

汎用性のあるクラス ライブラリ

サポート対象 : 汎用性のあるクラス ライブラリ

Windows ストア アプリ用 .NET

サポート対象 : Windows 8

Windows Phone アプリ用 .NET

サポート対象 : Windows Phone 8、Silverlight 8.1

Windows Phone 8.1, Windows Phone 8, Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, Windows Vista SP2, Windows Server 2008 (サーバー コア ロールはサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降でサーバー コア ロールをサポート。Itanium はサポート対象外)

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

この型のすべてのメンバーはスレッド セーフです。 インスタンスの状態を変更するように見えるメンバーは、実際には新しい値を使用して初期化された新しいインスタンスを返します。 他の型と同じように、確実なスレッド セーフを実現するには、この型のインスタンスを含む共有変数の読み取りと書き込みをロックによって保護する必要があります。

Caution メモ注意

この型のインスタンスのバイナリ表現は大きすぎて 1 回の分割不可能操作に割り当てられないため、このインスタンスを割り当てることはすべてのハードウェア プラットフォームでスレッド セーフではありません。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft