エクスポート (0) 印刷
すべて展開
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文

ArgumentNullException メソッド

ArgumentNullException 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前 説明
パブリック メソッド Equals(Object) 指定のオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッド Finalize オブジェクトがガベジ コレクションにより収集される前に、そのオブジェクトがリソースを解放し、その他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド GetBaseException 派生クラスでオーバーライドされた場合、それ以後に発生する 1 つ以上の例外の主要な原因である Exception を返します。 (Exception から継承されます。)
パブリック メソッド GetHashCode 既定のハッシュ関数として機能します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド GetObjectData パラメーター名と追加の例外情報を使用して SerializationInfo オブジェクトを設定します。 (ArgumentException から継承されます。)
パブリック メソッド GetType 現在のインスタンスのランタイム型を取得します。 (Exception から継承されます。)

XNA Framework 3.0では、このメンバーは Object.GetType() から継承されています。


汎用性のあるクラス ライブラリ 汎用性のあるクラス ライブラリでは、このメンバーは Object.GetType() から継承されています。


Windows ストア アプリ用 .NET Windows 8では、このメンバーは Object.GetType() から継承されています。
プロテクト メソッド MemberwiseClone 現在の Object の簡易コピーを作成します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド ToString 現在の例外の文字列形式を作成して返します。 (Exception から継承されます。)
このページのトップへ

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft