エクスポート (0) 印刷
すべて展開
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文

ArgumentNullException クラス

null 参照 (Visual Basic では Nothing) を有効な引数として受け付けないメソッドに null 参照を渡した場合にスローされる例外。

System.Object
  System.Exception
    System.SystemException
      System.ArgumentException
        System.ArgumentNullException

名前空間:  System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

[SerializableAttribute]
[ComVisibleAttribute(true)]
public class ArgumentNullException : ArgumentException

ArgumentNullException 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETArgumentNullException() ArgumentNullException クラスの新しいインスタンスを初期化します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETArgumentNullException(String)この例外の原因である引数の名前を指定して、ArgumentNullException クラスの新しいインスタンスを初期化します。
プロテクト メソッドArgumentNullException(SerializationInfo, StreamingContext)シリアル化したデータを使用して、ArgumentNullException クラスの新しいインスタンスを初期化します。
パブリック メソッド汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETArgumentNullException(String, Exception)エラー メッセージ、およびこの例外の原因である例外を指定して、ArgumentNullException クラスの新しいインスタンスを初期化します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETArgumentNullException(String, String)指定したエラー メッセージと、この例外の原因である引数の名前を使用して、ArgumentNullException クラスのインスタンスを初期化します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック プロパティ汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETData例外に関する追加のユーザー定義情報を提供するキー/値ペアのコレクションを取得します。 (Exception から継承されます。)
パブリック プロパティ汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETHelpLink例外に関連付けられているヘルプ ファイルへのリンクを取得または設定します。 (Exception から継承されます。)
パブリック プロパティXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETHResult特定の例外に割り当てられているコード化数値である HRESULT を取得または設定します。 (Exception から継承されます。)
パブリック プロパティXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETInnerException現在の例外の原因となる Exception インスタンスを取得します。 (Exception から継承されます。)
パブリック プロパティXNA Framework によるサポートMessageエラー メッセージとパラメーター名を取得します。パラメーター名が設定されていない場合は、エラー メッセージだけを取得します。 (ArgumentException から継承されます。)

XNA Framework 3.0では、このメンバーは Exception.Message から継承されています。
パブリック プロパティ汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETParamNameこの例外の原因である引数の名前を取得します。 (ArgumentException から継承されます。)
パブリック プロパティ汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETSourceエラーの原因となったアプリケーションまたはオブジェクトの名前を取得または設定します。 (Exception から継承されます。)
パブリック プロパティXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETStackTrace呼び出し履歴の直前のフレームの文字列形式を取得します。 (Exception から継承されます。)
パブリック プロパティTargetSite現在の例外がスローされたメソッドを取得します。 (Exception から継承されます。)
このページのトップへ

  名前説明
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETEquals(Object)指定のオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETFinalize オブジェクトがガベジ コレクションにより収集される前に、そのオブジェクトがリソースを解放し、その他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETGetBaseException派生クラスでオーバーライドされた場合、それ以後に発生する 1 つ以上の例外の主要な原因である Exception を返します。 (Exception から継承されます。)
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETGetHashCode既定のハッシュ関数として機能します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetObjectDataパラメーター名と追加の例外情報を使用して SerializationInfo オブジェクトを設定します。 (ArgumentException から継承されます。)
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETGetType現在のインスタンスのランタイム型を取得します。 (Exception から継承されます。)

XNA Framework 3.0では、このメンバーは Object.GetType() から継承されています。


汎用性のあるクラス ライブラリ 汎用性のあるクラス ライブラリでは、このメンバーは Object.GetType() から継承されています。


Windows ストア アプリ用 .NET Windows 8では、このメンバーは Object.GetType() から継承されています。
プロテクト メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETMemberwiseClone現在の Object の簡易コピーを作成します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETToString現在の例外の文字列形式を作成して返します。 (Exception から継承されます。)
このページのトップへ

  名前説明
プロテクト イベントSerializeObjectState例外がシリアル化され、例外に関するシリアル化されたデータを格納する例外状態オブジェクトが作成されたときに発生します。 (Exception から継承されます。)
このページのトップへ

ArgumentNullException 例外がメソッドが呼び出され、渡された引数の少なくとも 1 つが null ではなく、nullが必要である場合にスローされます。

ArgumentNullException 例外が開発者によるエラーを反映するには、次の 2 種類の主要な状況の実行時にスローされます (T:

  • インスタンス化されていないオブジェクトがメソッドに渡されます。 エラーを回避するには、オブジェクトをインスタンス化してください。

  • メソッドの呼び出しから返されるオブジェクトは 2 番目のメソッドに引数として渡されますが、元の返されたオブジェクトの値は nullです。 エラーを回避するには、null の戻り値が null場合にのみ、2 番目のメソッドを呼び出し、戻り値をチェックします。

ArgumentNullException は、ArgumentException と同じように動作します。 これは、アプリケーション コードの null の引数による null 以外の引数による例外とを区別できるようになります。 null 以外の引数によるエラーについては、「ArgumentOutOfRangeException」を参照してください。

ArgumentNullException は、値 0x80004003 を保持する HRESULT E_POINTER を使用します。

ArgumentNullException のインスタンスの初期プロパティ値の一覧については、ArgumentNullException コンストラクターのトピックを参照してください。

.NET Framework

サポート対象 : 4.5.2、4.5.1、4.5、4、3.5、3.0、2.0、1.1、1.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象 : 4、3.5 SP1

汎用性のあるクラス ライブラリ

サポート対象 : 汎用性のあるクラス ライブラリ

Windows ストア アプリ用 .NET

サポート対象 : Windows 8

Windows Phone アプリ用 .NET

サポート対象 : Windows Phone 8、Silverlight 8.1

Windows Phone 8.1, Windows Phone 8, Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, Windows Vista SP2, Windows Server 2008 (サーバー コア ロールはサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降でサーバー コア ロールをサポート。Itanium はサポート対象外)

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft