エクスポート (0) 印刷
すべて展開
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文

CompensableActivity クラス

子アクティビティの補正をサポートするアクティビティ。

名前空間:  System.Activities.Statements
アセンブリ:  System.Activities (System.Activities.dll 内)

[ContentPropertyAttribute("Body")]
public sealed class CompensableActivity : NativeActivity<CompensationToken>

CompensableActivity 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック メソッドCompensableActivity CompensableActivity クラスの新しいインスタンスを初期化します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック プロパティBody CompensableActivity の実行時にスケジュールされるアクティビティを取得または設定します。
プロテクト プロパティCacheIdワークフロー定義のスコープ内で一意であるキャッシュの識別子を取得します。 (Activity から継承されます。)
パブリック プロパティCancellationHandlerアクティビティがキャンセルされる場合にスケジュールされるアクティビティを取得または設定します。
パブリック プロパティCompensationHandler CompensableActivity で補正が実行される場合にスケジュールされるアクティビティを取得または設定します。
パブリック プロパティConfirmationHandlerこの CompensableActivity で確認が実行される場合にスケジュールされるアクティビティを取得または設定します。
パブリック プロパティDisplayNameデバッグ、検証、例外処理、および追跡に使用する省略可能な表示名を取得または設定します。 (Activity から継承されます。)
パブリック プロパティIdワークフロー定義のスコープ内で一意である識別子を取得します。 (Activity から継承されます。)
プロテクト プロパティImplementationVersionアクティビティの実装バージョンを取得または設定します。 (NativeActivity<TResult> から継承されます。)
パブリック プロパティResult Activity<TResult> の結果引数を取得または設定します。 (Activity<TResult> から継承されます。)
パブリック プロパティResultType派生クラスで実装された場合、アクティビティ OutArgument の型を取得します。 (ActivityWithResult から継承されます。)
パブリック プロパティVariablesこの CompensableActivityVariable オブジェクトのコレクションを取得します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック メソッドEquals(Object)指定のオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetHashCode既定のハッシュ関数として機能します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetType現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドShouldSerializeDisplayName DisplayName プロパティをシリアル化する必要があるかどうかを示します。 (Activity から継承されます。)
パブリック メソッドToString Activity DisplayName および Id を含む String を返します。 (Activity から継承されます。)
このページのトップへ

CompensableActivity により、開発者は、中心となるビジネス ロジックを実行するために長時間実行されるタスクを定義する、Body アクティビティを指定できます。 また、開発者は、エラーの場合でも Body が正常に完了した場合でも、適切なビジネス ロジックをスケジュールするために、補正アクティビティおよび確認アクティビティをオプションで指定できます。 CompensableActivity の補正および確認は、CompensableActivity により返される CompensationToken を使用して呼び出されます。 CompensationToken は、CompensableActivity アクティビティの Body が正常に完了した後に Result 引数として返される、不透明で型指定されたオブジェクトです。 この CompensationToken は、CompensableActivity の確認および補正を明示的に呼び出すために、Confirm アクティビティおよび Compensate アクティビティにより使用されます。 CompensableActivity は、ワークフロー内に入れ子階層方式で構成できます。 詳細についてはCompensation Programming Model.

.NET Framework

サポート対象 : 4.5.2、4.5.1、4.5、4

.NET Framework Client Profile

サポート対象 : 4

Windows Phone 8.1, Windows Phone 8, Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, Windows Vista SP2, Windows Server 2008 (サーバー コア ロールはサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降でサーバー コア ロールをサポート。Itanium はサポート対象外)

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft