エクスポート (0) 印刷
すべて展開

DirectX 9.0 の紹介

DirectX 9.0 の紹介

Microsoft® DirectX® は、ゲームおよびその他のハイパフォーマンスなマルチメディア アプリケーションを作成するための下位レベルのアプリケーション プログラミング インターフェイス (API) のセットである。Microsoft DirectX は、2 次元 (2D) と 3 次元 (3D) のグラフィックス、サウンド エフェクトとミュージック、入力デバイス、マルチプレーヤ ゲームなどのネットワーク アプリケーションをサポートする。

Managed DirectX

DirectX 9.0 を使うと、開発者はマネージ コードを使う一方で、DirectX のマルチメディア機能とハードウェア アクセラレーションを利用できる。Managed DirectX を使うと、元の Unmanaged DirectX の大部分の機能を使える。次に示すのは、DirectX 9.0 でサポートされていて、Software Development Kit (SDK) の説明にあるマネージ コードである。

  • Microsoft Visual C#
  • Microsoft Visual Basic® .NET
  • Microsoft Visual C++®
  • Microsoft JScript® .NET

コンポーネント

Managed DirectX 9.0 は以下の主コンポーネントで構成される。

  • Direct3D グラフィックスは、3D グラフィック プログラミングに使用可能な単一の API を提供する。
  • DirectDraw は、ビデオ メモリへの下位レベル アクセスを提供して高速なレンダリングを実現する。
  • DirectInput は、フォース フィードバック テクノロジのフル サポートなど、さまざまな入力デバイスをサポートしている。
  • DirectPlay は、マルチプレーヤ用ネットワーク ゲームをサポートする。
  • DirectSound は、記録済みのデジタル サンプルの再生とキャプチャをサポートする。
  • オーディオ ビデオ再生は、オーディオ メディアとビデオ メディアの再生および簡単な制御をサポートする。

Managed DirectX の利点

コンポーネント オブジェクト モデル (COM) のインタオペラビリティ レイヤを使わないことによって、Managed DirectX ではパフォーマンスが向上している。マネージ コードでは、コードの量を削減できるので、生産性が向上する。そのインターフェイスは、高性能で使いやすい Microsoft .NET Framework に共通するタイプのインターフェイスを継承しており、より一層直観的になっている。マネージ コードを使うと、オブジェクトの解放など、メモリ管理に関する大部分の作業から解放される。SDK では、Visual Basic .NET および Visual C# のマネージ コードのサンプル、およびほぼすべてのアンマネージ コードのサンプルをに対応したチュートリアルが記載されている。

© 2002 Microsoft Corporation. All rights reserved. Terms of use.
表示:
© 2014 Microsoft