エクスポート (0) 印刷
すべて展開
この記事は翻訳者によって翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。
訳文
原文

DependencyProperty::Register メソッド (String, Type, Type, PropertyMetadata)

プロパティ名、プロパティ型、所有者型、およびプロパティ メタデータを指定して、依存関係プロパティを登録します。

名前空間:  System.Windows
アセンブリ:  WindowsBase (WindowsBase.dll 内)

public:
static DependencyProperty^ Register(
	String^ name, 
	Type^ propertyType, 
	Type^ ownerType, 
	PropertyMetadata^ typeMetadata
)

パラメーター

name
型: System::String
登録する依存関係プロパティの名前。
propertyType
型: System::Type
プロパティの型。
ownerType
型: System::Type
依存関係プロパティを登録している所有者型。
typeMetadata
型: System.Windows::PropertyMetadata
依存関係プロパティのプロパティ メタデータ。

戻り値

型: System.Windows::DependencyProperty
クラス内の public static readonly フィールドの値を設定するために使用する必要がある依存関係プロパティ識別子。 後でプログラムで値を設定したり、メタデータを取得したりする際に、この識別子を使用して依存関係プロパティを参照できます。

依存関係プロパティの登録の詳細については、DependencyProperty を参照してください。

This example shows how to back a common language runtime (CLR) property with a DependencyProperty field, thus defining a dependency property. When you define your own properties and want them to support many aspects of Windows Presentation Foundation (WPF) functionality, including styles, data binding, inheritance, animation, and default values, you should implement them as a dependency property.

The following example first registers a dependency property by calling the Register method. The name of the identifier field that you use to store the name and characteristics of the dependency property must be the Name you chose for the dependency property as part of the Register call, appended by the literal string Property. For instance, if you register a dependency property with a Name of Location, then the identifier field that you define for the dependency property must be named LocationProperty.

In this example, the name of the dependency property and its CLR accessor is State; the identifier field is StateProperty; the type of the property is Boolean; and the type that registers the dependency property is MyStateControl.

If you fail to follow this naming pattern, designers might not report your property correctly, and certain aspects of property system style application might not behave as expected.

You can also specify default metadata for a dependency property. This example registers the default value of the State dependency property to be false.

現在、コード例がないか、この言語はサポートされていません。

For more information about how and why to implement a dependency property, as opposed to just backing a CLR property with a private field, see 依存関係プロパティの概要.

.NET Framework

サポート対象: 4、3.5、3.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象: 4、3.5 SP1

Windows 7, Windows Vista SP1 以降, Windows XP SP3, Windows Server 2008 (Server Core はサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降で Server Core をサポート), Windows Server 2003 SP2

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。 サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft