エクスポート (0) 印刷
すべて展開

JDBC ドライバのデータ型について

Microsoft SQL Server 2005 JDBC Driver は、SQL Server をデータベースとして使用する Java アプリケーション内での、JDBC の基本データ型と高度なデータ型の使用をサポートします。

JDBC の型システムは、SQL Server データ型と Java 言語の型やオブジェクトとの間の変換を仲介します。 JDBC の型は、SQL-92 および SQL-99 の型をモデルにしています。 JDBC ドライバは、JDBC 仕様を満たし、予測可能性と柔軟性の適切なバランスを維持できるように設計されています。

このセクションのトピックでは、基本型および高度な型の使用方法と、データ型を他のデータ型に変換する方法について説明します。

このセクションの内容

トピック 説明

基本データ型の使用

JDBC の基本データ型について説明します。 これには、結果セット、パラメータ化されたクエリ、およびストアド プロシージャを使用してデータ型を操作する方法の例が含まれます。

高度なデータ型の使用

JDBC の高度なデータ型について説明します。

データ型の違いについて

JDBC ドライバのさまざまなデータ型の違いについて説明します。

データ型変換について

getter メソッドおよび setter メソッドを使用するときに、データ型の変換を処理する方法について説明します。

参照

その他のリソース

JDBC ドライバの概要

表示:
© 2014 Microsoft