エクスポート (0) 印刷
すべて展開

JDBC ドライバで発生した問題の診断

アプリケーションの設計および開発がいかに優れていても、問題は必然的に発生します。 問題が発生した場合に備え、それらを診断するための手法を知っておくことが重要になります。 Microsoft SQL Server 2005 JDBC Driver を使用する場合に発生する一般的な問題として、適切なバージョンのドライバがないことや、データベースに接続できないことなどがあります。

このセクションのトピックでは、これらの問題や、エラー処理、ドライバ バージョンの確認、トレース、接続のトラブルシューティングなどを含むその他の問題を診断するためのさまざまな手法について説明します。

このセクションの内容

トピック 説明

エラーの処理

SQL Server から返されたエラーを処理する方法について説明します。

ドライバ バージョンの取得

インストールされている JDBC ドライバのバージョンを特定する方法について説明します。

ドライバ操作のトレース

JDBC ドライバを使用しているときにトレースを有効にする方法について説明します。

接続のトラブルシューティング

データベース接続のトラブルシューティングを行う方法について説明します。

参照

その他のリソース

JDBC ドライバの概要

表示:
© 2014 Microsoft