エクスポート (0) 印刷
すべて展開
展開 最小化

sp_delete_jobschedule (Transact-SQL)

ジョブのスケジュールを削除します。

sp_delete_jobschedule は、旧バージョンとの互換性のためにのみ用意されています。

重要な注意事項重要

SQL Server の以前のバージョンで使用されている構文の詳細については、SQL Server 2000 の『Transact-SQL リファレンス』を参照してください。

ジョブ スケジュールはジョブとは別に管理できます。ジョブからスケジュールをデタッチするには、sp_detach_schedule を使用します。スケジュールを削除するには、sp_delete_schedule を使用します。

注意

sp_delete_jobschedule は、複数のジョブに添付されているスケジュールはサポートしません。既存のスクリプトが sp_delete_jobschedule を呼び出して、複数のジョブに添付されているスケジュールを削除しようとすると、エラーが返されます。

既定では、このストアド プロシージャを実行できるのは、sysadmin 固定サーバー ロールのメンバです。他のユーザーには、msdb データベースの次のいずれかの SQL Server エージェント固定データベース ロールが許可されている必要があります。

  • SQLAgentUserRole

  • SQLAgentReaderRole

  • SQLAgentOperatorRole

これらのロールの権限の詳細については、「SQL Server エージェントの固定データベース ロール」を参照してください。

任意のジョブ スケジュールを削除できるのは、sysadmin ロールのメンバだけです。sysadmin ロールのメンバ以外のユーザーは、自分が所有しているジョブ スケジュールしか削除できません。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft