エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

XmlReader.ReadElementContentAsObject メソッド

2013/12/12

現在の要素を読み込み、その内容を Object として返します。

Namespace:  System.Xml
アセンブリ:  System.Xml (System.Xml.dll 内)

public virtual Object ReadElementContentAsObject()

戻り値

型: System.Object
最も適切な型のボックス化された共通言語ランタイム (CLR) オブジェクト。ValueType プロパティは、適切な CLR 型を判断します。内容がリスト型として型指定されている場合、このメソッドは適切な型のボックス化されたオブジェクトの配列を返します。

例外条件
InvalidOperationException

XmlReader が要素に配置されません。

XmlException

現在の要素には、子要素が含まれています。

または

要素の内容を要求された型に変換できません。

ArgumentNullException

null 引数を使用してメソッドが呼び出されています。

このメソッドは、開始タグと要素の内容を順に読み取り、リーダーを終了要素タグの後に移動します。エンティティを展開し、処理命令およびコメントを無視します。この要素には、単純な内容だけを格納できます。つまり、子要素は格納できません。

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

表示:
© 2014 Microsoft