エクスポート (0) 印刷
すべて展開
この記事は翻訳者によって翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文

SQL Server 管理オブジェクト (SMO) プログラミング ガイド

SQL Server 管理オブジェクト (SMO) は、Microsoft SQL Server の管理オブジェクトのすべての側面をプログラミングできるように設計されたオブジェクトの集まりです。 SQL Server レプリケーション管理オブジェクト (RMO) は、SQL Server レプリケーション管理をカプセル化するオブジェクトの集まりです。

トピック

説明

SMO プログラムの作成

プログラミング特有のタスク

Microsoft.SqlServer.management、Microsoft.SqlServer.Management.NotificationServices、Microsoft.SqlServer.Management.Smo、Microsoft.SqlServer.Management.Smo.Agent、Microsoft.SqlServer.Management.Smo.Broker、Microsoft.SqlServer.Management.Smo.Mail、Microsoft.SqlServer.Management.Smo.RegisteredServers、Microsoft.SqlServer.Management.Smo.Wmi、および Microsoft.SqlServer.Management.Trace 名前空間内の SMO オブジェクトのプログラミングについての情報を提供します。

データベースを定義し、SQL Server を管理するプログラムを記述する手順についても説明します。 SMO を使用して、データベースの作成、バックアップの実行、ジョブの作成、SQL Server の構成、権限の割り当て、およびその他のさまざまな管理タスクを実行できます。

開発者ガイド (レプリケーション)

Microsoft.SqlServer.Replication 名前空間内の RMO オブジェクトのプログラミングについての情報を提供します。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft